糸リフトは効果ない?|対処方法やカウンセリングの心構えを解説

糸リフトは効果ない?|カウンセリングの心構え・当院の施術事例

肌の奥深くに注射を打ち、糸を通すことでリフトアップや小顔効果を狙う「糸リフト」。

注射痕が目立たちにくい傾向にある施術のため、気軽に受けられるほか、糸の種類や本数を調整することで様々な悩みに対応しやすい施術です。

そんな糸リフトですが、効果について疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

今回は糸リフトが効果ないと言われてしまう理由や、効果を実感するためにできる対処法について紹介します。

糸リフトの施術を検討している方・糸リフトの不安を感じている方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

糸リフトは効果ない?

糸リフトは効果ない?

糸リフトとは、しなやかに曲がる針に糸を通して皮膚の下を潜らせて、最後に糸を引っ張り上げることでリフトアップや小顔効果を狙う施術です。

糸には特殊な細かい棘(トゲ)がついており、これらが組織に引っかかることで簡単にズレないように作られています。

さらには棘(トゲ)が組織を刺激する度にコラーゲンやエラスチンが生成されて、肌の内部でハリや弾力を保つことが期待できることもポイントの一つです。

フェイスラインのリフトアップやほうれい線の緩和、二重顎の軽減や肌質改善など様々な効果が期待できるでしょう。

一方、中には糸リフトを受けたにも関わらず思うような効果が得られずがっかりしてしまう可能性もあります。

次の見出しでは、糸リフトの効果を実感できなかった原因について考えられる点を深堀りしていきます。

片岡院長

ラムールクリニックでは3種類の糸やビタミンの塗り込まれた糸を使い、患者様一人ひとりのお悩みに合った施術を行います。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトが効果ないと言われる理由

糸リフトが効果ないと言われる理由

糸リフトを受けて効果を実感できなかったり、理想とする仕上がりにならなかったりする場合に考えられる原因は以下の通りです。

糸リフトが効果ないと言われる理由
  • 皮下脂肪の量が多すぎる・少なすぎる
  • 糸の本数が不足している
  • 医師のスキル不足があった
  • 理想とするイメージが伝わっていない

それぞれの内容を詳しく見てみましょう。

皮下脂肪の量が多すぎる・少なすぎる

糸リフトの効果が現れやすい人の特徴として挙げられるのが、「適度な量の脂肪がついている方」です。

脂肪が多すぎると糸が持ち上げられずに効果が半減してしまい、逆に少なすぎると棘が引っかからず十分引っ張り上げられない可能性があります。

脂肪が多すぎる方や少なすぎる方に対しては別の方法をとる場合もあるため、糸リフト以外の施術についてもチェックしておくことをおすすめします。

糸の本数が不足している

糸リフトでリフトアップや小顔効果を狙うためには、少なくとも複数本の糸を挿入しなければなりません

多くのクリニックでは糸の本数によって金額が設定されているため、予算が限られている場合などは本数を減らしたくなることもあるでしょう。

悩みの度合いや脂肪の付き方などによっても適切な糸の本数が異なるため、効果が出るか不安な場合は医師に勧められた本数を入れることがおすすめです

目安としてはフェイスラインのリフトアップで左右各3本ずつ、ほうれい線の軽減で左右各3本ずつなど、悩みが多ければ多いほど本数も増えていくでしょう。

医師のスキル不足があった

糸リフトは骨格や筋肉の付き方などを細かくチェックしながら行う施術であり、担当する医師には豊富な知識と経験が必要となります。

この個人差を理解できていないまま、スキル不足の医師が担当したことで、正しい位置に糸が掛からず思うような効果が得られないこともあるでしょう。

クリニックを探す際は医師の実績や経験を確認すると共に、これまでの症例写真を参考に実績のある医師を選びましょう。

理想とするイメージが伝わっていない

医師と患者様の間で理想とするイメージに差がある場合、仕上がりを見ても満足できない可能性があります。

理想を全て実現できるどうかは患者様の顔の状態次第ですが、その中で少しでも理想に近づけるべく奮闘するのが美容医療です。

そのため、具体的な理想像を言葉で伝えたり、画像や写真を使って説明したりして、念入りなカウンセリングを受けておきましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは患者様一人ひとりに十分な時間を確保し、丁寧かつ安心してカウンセリングを受けていただきます。

糸リフトで効果ないと感じる場合にはダウンタイムも考慮しよう

糸リフト施術後のダウンタイム症状として下記があります。

施術後のダウンタイム症状
  • 痛み
  • 内出血
  • 腫れ・むくみ
  • 肌のデコボコ感
  • 肌が引っ張られるような違和感

帰宅後に正しいケアを行い、医師から言われたことを守ることで、ダウンタイムは最小限に抑えられるので医師の説明や事前相談をしっかりしておくことをおすすめします。

痛み

糸リフトのダウンタイム症状には痛みを生じる場合があります。

これは施術に麻酔が使用される為、麻酔が切れてくると痛みでたり、施術部の炎症や糸を挿入した部分の引きつれによる痛みの場合もあります。

ただしダウンタイム中の痛みのピークは施術後3日以内には治っていくでしょう。

施術部を揉んだり。口を大きく開けたり、笑ったりすることで痛みが増す恐れがありますので注意が必要です。

痛みがある場合の対処法
  • 痛み止めを服用して様子を見る。
  • 痛い箇所を冷やす。
  • 痛みが引かない場合は医師に相談する

1〜2週間程度で痛みを感じにくくなりますが、完全に痛みが引くまでに1ヶ月程度かかる場合もあります。

強い痛みが3日以降も続く、1ヶ月後も痛みが消えない場合は施術を担当した医師に診てもらいましょう。

内出血

糸リフトのダウンタイム症状には内出血が生じる場合があり、顔の毛細血管を傷つくことで内出血が起こります。

症状として個人差はありますが、施術後〜3日するとこめかみや口元に青アザのような症状が生じます。

青アザのような色から徐々に黄色くなっていきますが1週間〜1ヶ月程度で自然な状態に治っていくでしょう。

目立ちにくいことが多く、マスクやメイクで隠せます。

内出血部を擦ったり、揉んだりなど強い刺激を与えると痛みや腫れ、さらに内出血する場合があるのでなるべく触れないようにしましょう。

腫れ・むくみ

糸リフトのダウンタイム症状には、腫れやむくみが生じる場合もあります。

腫れやむくみの原因は麻酔液によるものが多く、施術部の炎症により発生する場合もあります。

ダウンタイム中に腫れる大きな原因は、麻酔液によるものが多くを占めている傾向にあります。麻酔液を使用する施術直後から翌日にかけて最も腫れやむくみが生じやすくなるでしょう。

施術直後から翌日にかけて生じやすく、腫れやむくみ部が熱を持つこともありますが3日〜2週間程で腫れやむくみは落ち着いていきます。

1〜2週間経っても落ち着かない場合はクリニックに相談しましょう。

肌のデコボコ感

糸リフトのダウンタイム症状には、肌に凹凸が生じる場合もあります。

糸を使って皮膚を持ち上げることにより生じる症状になります。

引き上げる力が強い糸を使用している場合は症状がでやすことも特徴です。

個人差はありますが1〜2週間で落ち着いてきて1ヶ月程度で自然な状態に戻ります。

デコボコは気になりますが擦ったり、揉んだりなど強い刺激を与えるとさらにデコボコになる場合があるのでなるべく触れないようにしましょう。

熱を加えることもよくないので、施術後すぐに熱いお風呂やサウナなども注意が必要です。

1週間〜2週間で症状が落ち着いてこない場合は改善しないこともある為、施術を行ったクリニックに相談してください。

肌が引っ張られるような違和感

最後に糸リフトのダウンタイム症状として、肌が引っ張られるような違和感の症状です。

糸で皮膚を引っ張っている状態なので違和感につながります。

会話をする時など、笑ったり表情を動かしたりした時により違和感を感じることがあります。

こちらは1〜2週間程度で落ち着き、気にならなくなるでしょう。

片岡院長

糸リフト施術後のダウンタイム症状を気にされる方も多いので施術前に納得がいくまで説明させていただきます。

糸リフトで期待できる効果を得る方法

糸リフトで期待できる効果を得る方法

続いて、糸リフトの効果を最大限発揮させるために、患者様側が心掛けたいポイントをご紹介します。

糸リフトで期待できる効果を得る方法
  • 事前の理想とするイメージを明確にしておく
  • 知識や施術経験の豊富な医師が在籍する院を探す
  • カウンセリングをしっかりと行う
  • 医師から言われたことをきちんと守る

それぞれの内容を詳しくチェックしていきましょう。

事前の理想とするイメージを明確にしておく

先ほども触れたように、事前のカウンセリングで医師とイメージを共有しておくことが失敗を避けるために重要なポイントです。

「どの部位をどれだけ上げたいのか」「どんな印象になりたいのか」など、細かければ細かいほど理想に近づきやすくなるでしょう。

カウンセリングの予約日を迎える前に、一度鏡で自分の顔をしっかりと確認して悩みと向き合う時間を作ることをおすすめします。

知識や施術経験の豊富な医師が在籍する院を探す

糸リフトに関する知識や施術経験が豊富な医師を探すには、公式サイトに症例が豊富に掲載されていたり、これまでの実績数を公開していたりといったポイントに注意する必要があります。

どれだけベテランの医師でも糸リフトの経験がない場合や、医師に関する記載が全くないクリニックは避けた方が良いでしょう。

実際に該当のクリニックで施術を受けた人の話を聞いたり、口コミを調べたりすることも大切です。

カウンセリングをしっかりと行う

理想とするイメージを伝えるため、また施術のメリット・デメリットを正しく把握するためにも、念入りなカウンセリングが必要不可欠です。

一人ひとりに時間をしっかりと割き、患者側の話に耳を傾けてくれる医師を選びましょう。

施術の良い面だけでなく、リスクや注意点についても包み隠さず話してくれる医師に施術を任せることも重要です。

次の見出しでは、カウンセリングを受ける際の心構えについてさらに深堀りして紹介します。

医師から言われたことをきちんと守る

糸リフトで期待できる効果を長く保つためには、医師から言われた内容をしっかりと守らなければなりません

施術を担当するのは医師ですが、自宅に帰ってケアを続けるのは自分自身です。

肌を極力触らないことや血流が良くなる行動を控えることなど、施術後の過ごし方についてはしっかりと確認しておきましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでカウンセリングをご希望の方は、電話やWEBからお気軽にお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトのカウンセリングでの心構え

糸リフトのカウンセリングでの心構え

糸リフトに関するカウンセリングを受ける際、心構えとなるポイントを3つご紹介します。

糸リフトのカウンセリングでの心構え
  • カウンセリングの前の準備を怠らない
  • カウンセリングでは不安な点や疑問点を残さない
  • 不要なオプションに対して断る勇気を持つ

初めて美容医療を受ける場合でも、入念にカウンセリングの準備をしておくことで、当日焦らずに済むでしょう。

それぞれの内容について、一つずつ解説していきます。

カウンセリングの前の準備を怠らない

カウンセリング前には、どんなことを話すのかあらかじめイメージしておくことが大切です。

以下の点に注意しながら、話す際の準備をしておきましょう。

糸リフトの施術前にできる準備
  • 感じている悩みを掘り下げる
  • 糸リフトの種類や施術方法を調べる
  • 理想とする写真があれば用意する

カウンセリングを受けるのが初めての方であれば、実際に医師を目の前にして何を話すべきか迷ってしまうこともあるでしょう

予約当日までに徹底した準備をしておくことで、悩みや不明点だけでなく自分の気持ちも話しやすくなります。

感じている悩みを掘り下げる

「たるみが気になる」「フェイスラインがもたつく」といった大まかな悩みに加えて、「どういう表情になりたいのか「どうして気になるのか」といった深堀りが大切です。

「ここがあと数cm上がっていたらいいのに」「笑う際にできるほうれい線がなければいいのに」など、悩みや希望は具体的であればあるほど役に立ちます。

実際に医師を目の前にしてうまく説明ができない場合は、あらかじめメモを用意するなどして準備を万全に整えておきましょう。

糸リフトの種類や施術方法を調べる

一言で糸リフトといっても、糸の種類は様々です。

硬さや本数を調整することで、人それぞれ異なる顔の作りや悩みの度合いに対応しています。

これらをあらかじめ調べて知っておくことで、当日何もわからない状態でカウンセリングに臨む必要がなくなり、気持ち的にも楽になるでしょう。

一通り調べたうえで復習としてカウンセリングを利用し、不明点を解消しておくことも大切です。

理想とする写真があれば用意する

具体的な理想像があっても、言葉でなかなかうまく伝えられない方も多いのではないでしょうか。

もしも理想とするイメージが頭に浮かんでいる場合は、知人や有名人の中から似た状態の顔を探し、写真を持参するのもおすすめです。

「○○さんのような口元に近づきたい」といわれると、医師側もイメージをしやすくなり、より理想に近い仕上がりを目指せるようになります

カウンセリングでは不安な点や疑問点を残さない

カウンセリングで聞くべきなのは施術方法やリスクだけではありません。

自分の中で不安な点や疑問点が残ったまま施術に臨むことがないよう、あらかじめ聞きたいことを書き出しておくことがおすすめです

医師が常に話し続けているのではなく、時には患者側の意見に耳を傾け、不明点について質問しやすい環境かどうかも見極めるポイントとなります。

話しやすい医師ならば万が一のトラブル時にも頼りやすく、繰り返し糸リフトを受ける際や別の施術を受けたい場合にも安心して依頼できるでしょう。

不要なオプションに対して断る勇気を持つ

医師や看護師も商売をしているため、時には高額なメニューやオプションを勧めてくることがあります

しかしこれらを全て受け入れてしまうと、予算をオーバーしたり、本当にやりたかったことができなくなったりしてしまう可能性があります。

不要なオプションははっきりと断り、自分の希望するものだけを選ぶ強さを持つことが大切です。

片岡院長

ラムールクリニックでは患者様第一のカウンセリングを心掛け、納得のいくまでご説明をさせていただきます。

ラムールクリニックの糸リフトの施術事例

ラムールクリニックの糸リフトの施術事例

当院で実際に行われた糸リフトの症例をご紹介します

理想とするイメージを伝える際にも役立つため、是非参考にしてください。

糸リフト(WPCL)8本

糸リフト(WPCL)

体内で溶ける糸を皮下に挿入し、たるみを内側から引き上げる施術です。

ダウンタイム内出血、腫れ、むくみ、痛み、ひきつれ
持続期間12〜24か月
価格144,000円
/WPCL 8本
糸リフト(PDO)

糸リフト(PDO)

医療用の特殊な糸を皮下に挿入し、内側からたるみを引き上げる施術です。

ダウンタイム赤み、腫れ、痛み、内出血、ひきつれ
持続期間6〜12か月
価格72,000円
/ PDO6本
糸リフト(ビタミンスレット)

糸リフト

(ビタミンスレット)

医療用の特殊な糸を皮下に挿入し、内側からたるみを引き上げる施術です。

ダウンタイム赤み、腫れ、痛み、内出血
持続期間6〜12か月
価格70,000円
/ ビタミンスレット1本

その他の症例に関しては、当院の糸リフトの詳細ページにて詳しくご紹介しています。

患者様一人ひとりで施術の内容が異なるため、比較してみたいときにもご活用ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトの効果に関してよくある質問

糸リフトの効果に関してよくある質問

糸リフトの効果に関して、寄せられることの多いご質問は以下の通りです。

糸リフトの効果に関してよくある質問
  • 糸リフトの効果のピークはいつですか?
  • 糸リフトの効果の持続時間はどのくらいですか?
  • 糸リフトとハイフの効果の違いはなんですか?

それぞれのご質問に詳しく回答していきましょう。

糸リフトの効果のピークはいつですか?

糸リフトの効果は施術後から1ヶ月~3ヶ月程度がピークであり、その後徐々になくなっていきます。

施術から1ヶ月以内は糸が肌に馴染んでおらず、引きつりや動かしにくさなどの症状が残る場合があります。

大切な予定に向けて糸リフトを検討している場合は、ピークのタイミングに予定が合うように計算して施術を受けると良いでしょう

糸リフトの効果の持続期間はどのくらいですか?

糸リフトで期待できる効果の持続期間は糸の種類や本数によって異なりますが、多くは半年~2年程度の傾向にあります。

ただし、糸がなくなった後も生成が促進されたコラーゲンやエラスチンから得られる効果は持続し続けるため、お手入れ方法によっては長い間ハリや弾力を保てる可能性があります。

使った糸によって持続期間が異なるため、完全に無くなる前に次の施術を受けるためにも、医師に適切な施術間隔を確認しておくことをおすすめします。

糸リフトとハイフの効果の違いはなんですか?

糸リフトは皮下組織に糸を引っかけ、引っ張り上げることでリフトアップや小顔効果を狙います。

これに対しハイフは、皮下組織に超音波を当てることで脂肪を溶解したり、筋膜を引き締めたりして同様の効果を目指すものです。

物理的に皮膚を引っ張り上げる糸リフトは、既にたるみやシワが顕著にあらわれており、すぐに効果を実感したい人向けの施術といえるでしょう。

ハイフは糸リフトに比べ効果がゆるやかであり、費用や負担もおさえられることから、軽度な悩みやこれからのたるみ・シワ予防におすすめです

【まとめ】糸リフトは効果ない?

今回は糸リフトが効果ないといわれてしまう原因や対処法について紹介しました

人によって施術内容を調整しながら行う糸リフトは、医師の知識や経験はもちろんのこと、患者様側の工夫も必要不可欠といえます。

カウンセリングをしっかりと受けるとともに、自分のなりたいイメージを具体的に思い浮かべ、医師と共有することが大切です。

ラムールクリニックでは患者様一人ひとりのお悩みに合わせ、さまざまな施術から適切なものをご提案させていただきます

片岡院長

ラムールクリニックの糸リフトが気になる方は、ぜひ電話やWEBからお気軽にカウンセリングをご検討ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次