糸リフトで笑うと痛い|原因や対処法・痛みを抑える過ごし方などを紹介

糸リフトで笑うと痛い原因とは?|対処法や痛みを抑える過ごし方を紹介

皮膚の下に特殊な細い糸を通して引っ張り上げることで、リフトアップや小顔効果が期待できる「糸リフト」。

傷跡が目立ちにくい傾向にある施術であり、様々な効果が気になるのはもちろんのこと、施術を受ける際にはダウンタイムやリスクを抑えておくことも大切です。

今回は糸リフトを受けた後に笑うと痛みが出る原因や適切な対処法を紹介するので、この記事を読んで施術に臨むための準備をしていきましょう。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

糸リフトとは?

糸リフトとは?

糸リフトとは、時間が経つにつれ肌の中に吸収される特殊な糸を使い、肌を引っ張り上げることでリフトアップや小顔効果を目指す施術です。

しなやかさのある針や糸は骨格や筋肉に合わせて曲がるため、一人ひとりの形状に合わせた施術が期待できます。

最後には針を抜いて残った糸を引っ張り上げながら全体のバランスを整えます。

切開リフトとは異なり傷跡が残りにくいため、周囲にバレる可能性も低く、ダウンタイムも少なく済む傾向にあることも魅力の一つといえるでしょう。

また、使用する糸には細かな棘(トゲ)が無数に付いており、これらが肌内部の組織に引っかかることで、リフトアップ効果が長期間持つ仕組みです。

さらには棘(トゲ)による傷がコラーゲンやエラスチンなどの生成を促進する傾向にあるため、内側からハリや弾力のある肌を目指すことが期待できるでしょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは3種類の糸に加え、ビタミンCを塗り込んだ「ビタミンスレット」にも対応しております。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフト後に笑うと痛い原因

糸リフト後に笑うと痛い原因

糸リフトの施術後は腫れやほてりなどの症状が見られますが、中でも「笑った時の痛み」が起こる可能性もあります。

笑った時の痛みは、主に3つの原因によって生じており、約1ヶ月程度続く傾向にあります。

痛みが強すぎたり、1ヶ月以上続いたりする場合は、施術を担当した医師に相談すると良いでしょう。

なお、糸リフトの施術後に笑うと痛い原因は、主に以下の通りです。

糸リフト後に笑うと痛い原因
  • 糸が馴染みきっていない
  • 糸の挿入が適切ではない
  • 糸の引き上げが強すぎる

それぞれの原因について詳しく確認していきましょう。

糸が馴染みきっていない

施術から1ヶ月以内では、糸がまだ肌に馴染んでおらず、異物として違和感をもたらしている可能性があります。

この状態で笑顔を作ると、肌が不自然に引きつって痛みが出てしまうのです。

糸が適切な場所に挿入されていない場合はもちろん、正しい位置であったとしても馴染むまでに軽度の痛みが出る可能性もあることを覚えておきましょう。

糸の挿入が適切ではない

医師の知識や経験不足によって、不適切な位置に糸が挿入されてしまうことがあります。

通常の糸リフトでは、医師が一人ひとり異なる脂肪や筋肉・神経の位置を確かめながら施術を行います。

しかしこれらの個人差を理解しないまま施術を行ってしまうと、組織が引きつっていたり、神経に触れたりして痛みが生じてしまう恐れがあるでしょう。

糸リフトを行う場合は、必ずクリニックの症例や実績数を調べ、施術経験・施術スキルの豊富な医師のもとで施術を受けることが重要です。

糸の引き上げが強すぎる

リフトアップ効果を狙うあまり糸を引っ張りすぎてしまうと、引きつったような痛みが続く場合があります。

この場合は笑った時だけでなく、通常の状態でも痛みが続く可能性があるでしょう。

たとえ見た目のバランスが良くても、引き上げすぎた状態が続くと、「表情が不自然になる」「皮膚の下で炎症が起きるリスクがある」など良いことはありません。

理想とする表情を糸リフトの施術で作ることは大切ですが、併せて痛みの度合いも確認しながら行う必要があります。

片岡院長

ラムールクリニックのハイフは、患者様一人ひとりに合った内容で行っております。まずは電話やWEBからお気軽にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトで笑うと痛いときの対処法

糸リフトで笑うと痛いときの対処法

糸リフトの施術後に痛みが続く場合の対処法は、主に以下の3点です。

糸リフトで笑うと痛いときの対処法
  • 痛み止めを服用する
  • 痛い箇所を冷やす
  • あまりに痛みが続く場合は医師に相談する

笑ったときに痛みが生じる原因によっては、個人ができるケアでは不十分であり、適切な治療や施術のやり直しが必要となる場合があります。

一つずつ確認していきましょう。

痛み止めを服用する

痛みが軽度の場合は、まず市販の痛み止めを服用して様子を見ましょう。

施術後のケアとして、クリニックから痛み止めが処方される場合もあります

用法容量を守って正しく飲み、痛みがどれほど軽減されるかを確かめましょう。

痛い箇所を冷やす

施術した箇所を冷やすことで痛みが緩和する可能性もあります

保冷剤などをタオルにくるみ、肌に影響がないレベルで冷却を行いましょう。

痛みが強いからといって患部を揉んだり、マッサージをしたりすると、さらに痛みが悪化する可能性もあります。

数日間冷やしても痛みが良くならない場合は、一旦中断し医師の判断を仰ぐことが大切です。

あまりに痛みが続く場合は医師に相談する

糸リフトの施術後に出る痛みは、およそ施術日から1ヶ月程度で引く傾向にあります。

この間にだんだんと痛みが減っていき、最後の方には気にならなくなることが多いですが、そうでない場合は医師に相談しなければなりません。

耐え難い痛みが続いている・1ヶ月経っても痛みが消えない・赤みや腫れなど痛み以外の症状があるなどの場合には、早めに施術を担当した医師に診てもらいましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、万が一のトラブル時にも即対応できる環境を整えております。

糸リフトで痛みを抑える過ごし方

糸リフトで痛みを抑える過ごし方

糸リフトは、施術日から約1ヶ月間痛みや腫れなどの症状が見られることが多い施術です。

この痛みを最小限に抑えるために、患者様側が工夫できる過ごし方は以下の通りです。

糸リフトで痛みを抑える過ごし方
  • 血流が良くなる行動を控える
  • 顔を触らない
  • 顔を大きく動かさない

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

血流が良くなる行動を控える

施術直後に血流が良くなる行動をとると、赤みや腫れが増したり、痛みが強く出たりする可能性があります。

肌の内部が糸によって傷ついた状態であるため、クールダウンしながら安静に過ごしましょう。

具体的には以下の行動を避けると、ダウンタイムが短く済む傾向にあります。

糸リフトの施術後に控えるべき行動
  • 熱い湯舟に浸かる
  • シャワーを直接顔にかける
  • サウナに入る
  • 汗をかくような激しいスポーツをする
  • お酒を飲む
  • マッサージをする
  • エステに通う

特に激しいスポーツやサウナ・エステサロンでのケアなどは最低でも1ヶ月間休み、施術部位を労わりましょう。

顔を触らない

顔に必要以上の摩擦を加えると、糸リフトの痛みが増すことがあります。

糸リフトの糸には細かな棘(トゲ)が付いているため、外部からの刺激によって「チクチク」とした痛みが発生してしまう可能性もあるでしょう。

普段から顔を触らないように注意するだけでなく、クレンジングや洗顔・メイクをする際も最小限に済ませることをおすすめします。

顔を大きく動かさない

糸リフトが馴染むまでの間は、思い切り笑ったり大きな口を開けて食べたりといった行動を控えましょう

痛みが増すだけでなく、せっかく中で引っ掛かっている糸の棘(トゲ)が外れて、リフトアップや小顔効果が失われてしまう可能性があります。

こちらもおよそ1ヶ月間注意し、痛みの出方やリフトアップ効果が失われていないかどうか確かめてみるのがおすすめです。

片岡院長

ラムールクリニックでは、患者様が帰宅後も迷わないよう、アフターケア方法についても丁寧に指導させていただきます。

ラムールクリニックの糸リフトの施術事例

ラムールクリニックの糸リフトの施術事例

当院で施術を行った糸リフトの症例写真をご紹介します

本数や種類を比較し、自分に合った施術をイメージする際の参考にしてください。

糸リフト(WPCL)8本

糸リフト(WPCL)

体内で溶ける糸を皮下に挿入し、たるみを内側から引き上げる施術です。

ダウンタイム内出血、腫れ、むくみ、痛み、ひきつれ
持続期間12〜24か月
価格144,000円
/WPCL 8本
糸リフト(PDO)

糸リフト(PDO)

医療用の特殊な糸を皮下に挿入し、内側からたるみを引き上げる施術です。

ダウンタイム赤み、腫れ、痛み、内出血、ひきつれ
持続期間6〜12か月
価格72,000円
/ PDO6本
糸リフト(ビタミンスレット)

糸リフト

(ビタミンスレット)

医療用の特殊な糸を皮下に挿入し、内側からたるみを引き上げる施術です。

ダウンタイム赤み、腫れ、痛み、内出血
持続期間6〜12か月
価格70,000円
/ ビタミンスレット1本

その他の症例については、当院の糸リフトの詳細ページで詳しく紹介しています。

施術前に知識を備えるためにも、是非一度ご覧ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトの施術を受ける時の注意点

糸リフトの施術を受ける時の注意点

糸リフトの施術を受ける際に、注意しておきたいポイントは以下の通りです。

糸リフトの施術を受ける時の注意点
  • 理想とする顔のイメージを事前に調べておく
  • 知識や施術スキルの豊富な医師に施術をしてもらう
  • しっかりとカウンセリングを受ける
  • 医師からの指示にしっかりと従う

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

理想とする顔のイメージを事前に調べておく

糸リフトの施術を担当する医師は、顔の形状やたるみの度合いだけでなく、患者様一人ひとりの理想に合わせた施術を行います

施術が終わってからイメージと異なる仕上がりにがっかりしてしまうことが無いように、理想とする顔がどんな顔なのかを細かく伝えておきましょう。

具体的に「どの位置を持ちあげたいのか」「どんな印象の顔になりたいのか」など、イメージが細かければ細かいほど役に立ちます

知識や施術スキルの豊富な医師に施術をしてもらう

糸リフトは、患者様によって異なる希望や顔の状態に併せて、適切な糸の種類や本数・角度などを計算して行う施術です。

そのため、糸リフトに関する知識や施術スキルのある医師を選び、個人差を考慮したうえで糸を入れてもらわなければなりません。

クリニックの公式サイトを確認したり、カウンセリング時に実際に医師から聞いてみたりして、糸リフトの実績や症例を確認しておきましょう

しっかりカウンセリングを受ける

糸リフトだけでなく、どんな美容医療を受ける場合も念入りなカウンセリングが必要不可欠です。

自分が一方的に話すだけでなく、患者様の気持ちや不明点をしっかりと聞き取り、分かりやすい言葉で説明してくれる医師を選びましょう。

さらに、施術には少なからずリスクが付き物であり、注意点やデメリットなども併せて確認しておかなければなりません

良い点だけでなく悪い点も包み隠さずにしっかりと説明してもらえる医師ならば、その後も安心して任せられるでしょう。

医師からの指示にしっかりと従う

糸リフトの施術後は、医師から「やるべきこと」・「やってはいけないこと」をそれぞれ説明されます。

先ほどもご紹介した「血流を促進する行動」を避ける以外にも、「口を大きく開けて食べないこと」「硬いものを避けること」など様々な注意点があります。

さらに、糸リフトは1回受けたら終わりではなく、糸が完全に吸収される前に次の施術を受けることが前提の施術です。

一人ひとり異なる施術間隔をしっかりと守り、医師と共にスケジュールを立てて理想の状態をキープしましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、糸リフトに関する知識や経験が豊富に備わった医師が施術を担当しております。

糸リフトで笑うと痛いことに関連するよくある質問

糸リフトで笑うと痛いことに関連するよくある質問

糸リフトで笑うと痛みが出ることについて、よくある質問は以下の通りです。

糸リフトで笑うと痛いことに関連するよくある質問
  • 糸リフトで笑えなくなりますか?
  • 糸リフトで笑うと変になりますか?
  • 糸リフトで顔に触れると痛いですか?

貴重なカウンセリング時間を有効に使うためにも、あらかじめ不明点を整理しておきましょう。

糸リフトで笑えなくなりますか?

糸リフトの施術後は笑顔が不自然になったり、顔の筋肉をうまく動かせなくなったりすることがあります。

完全に笑顔が作れないわけではないものの、普段の表情と比べると違和感を覚える可能性もあります。

この違和感は術後1ヶ月を目安に緩和していくため、ダウンタイムを過ぎるまでは様子を見ながら過ごしましょう。

糸リフトで笑うと変になりますか?

糸リフトの施術後は、糸が完全に肌へ馴染んでいないため、引きつったような笑顔になることがあります。

一見すると変には見えないものの、家族や友人など見知った人からすれば不自然さを感じる場合もあるでしょう。

人前に立つ仕事をしている方や、周囲に施術を受けたことを知られたくない場合は、数ある糸の中から比較的違和感の少ないものを選べるクリニックも存在します。

まずは施術前のカウンセリングで、不安なことを全て打ち明けておきましょう。

糸リフトで顔に触れると痛いですか?

糸リフトの施術後は、およそ1ヶ月程度チクチクとした痛みが残る場合があります。

笑ったり話したりするときに痛みが出る場合もあれば、顔に触れたときに痛む場合もあり、一概にはいえません。

痛いからといって該当箇所を強く押したり、気になって常に触っていたりすることのないよう注意しましょう。

【まとめ】糸リフトで笑うと痛いときの対処法

【まとめ】糸リフトで笑うと痛いときの対処法

今回は糸リフトの施術後、笑顔を浮かべるときに痛む原因や対処法についてご紹介しました

細かな棘のついた糸を引っかけてリフトアップや小顔効果を狙う糸リフトは、少なからず痛みを生じてしまいます

およそ1ヶ月の間に耐え難い痛みがある場合や、1ヶ月を過ぎても痛みが引かない場合などは、施術を担当した医師に素早く相談しましょう。

ラムールクリニックでは豊富な種類の糸を用い、熟練の医師が一人ひとりに合った施術をご提案させていただきます

片岡院長

カウンセリングをご希望の場合は、電話やWEBから空き時間を確認し、ご都合の良い時間に予約を入れてお越しください。お待ちしております。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次