糸リフトで頬骨が目立つのはなぜ?|目立つ要因や自力でできる対処法とは

糸リフトで頬骨が目立つのはなぜ?|目立つ要因や自力でできる対処法とは

ほうれい線の軽減やたるみの解消など、さまざまな悩みに対応できると評判の「糸リフト」。

傷口も小さく手軽に受けられる施術として人気を集めている一方、仕上がりを確認すると「頬骨が目立ってしまった」というケースも見られます。

今回は糸リフトで頬骨が目立ってしまう原因について焦点を当て、トラブルを防ぎ理想の仕上がりを目指すための対処法をご紹介します

自分でできる注意点についても確認し、より安心して受けられるよう工夫してみましょう。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

糸リフトで頬骨が目立つって本当?

糸リフトで頬骨が目立つって本当?

結論からいうと、糸リフトの施術後に頬骨が目立つ可能性は十分に考えられます

元々頬骨が目立って見える方はもちろんのこと、それほど頬骨を意識したことがない方でも、施術後に際立って見えることがあります。

多くの場合では1週間程度、長くても1ヶ月~3ヶ月程度で元の状態に戻りますが、万が一長く続く場合や痛み・腫れが強い場合などは医師に相談しましょう。

頬骨が目立つからといって自己流のマッサージを行ったり、時間が経っていないにもかかわらず他院で別の施術を受けたりしてはいけません。

必ず施術を担当したクリニックに相談し、その後の支持を仰ぎましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは施術後のアフターフォローに力を入れております。気になることがある場合はいつでもお気軽にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトで頬骨が目立つ要因

糸リフトで頬骨が目立つ要因

糸リフトを受けてから頬骨が目立ってしまうのは、いくつかの原因が考えられます。

あらかじめ原因を知っておくことで、実際にトラブルが起こったときも落ち着いて対応できるでしょう。

糸リフトで頬骨が目立つ原因
  • 施術後のむくみや腫れによるもの
  • 医師の施術スキル不足によるもの
  • 糸リフトの種類によるもの

それぞれの原因について詳しくご紹介します。

施術後のむくみや腫れによるもの

糸リフトは注射針を使って糸を挿入し、顔にメスを入れることなく傷跡が最小限に抑えられる施術です。

しかし肌の内部に糸を通しているため、施術後はむくみや腫れといった症状が現れることが多いでしょう。

頬に糸リフトを挿入したことで周辺が腫れ、頬骨の位置が高くなることで目立ってしまう場合があります

むくみや腫れが引くにつれて目立たなくなるため、少なくとも1週間程度は様子を見てみると良いでしょう。

医師の施術スキル不足によるもの

糸リフトは患者様一人ひとりの筋肉や脂肪のつき方・骨格などを見極め、適切な位置に糸を入れることで理想の仕上がりを実現するものです。

カウンセリング時に気になるところを詳しく相談しておくことも大切ですが、医師の腕が伴っていない場合、理想とは異なる仕上がりになってしまう場合があります。

特に頬骨付近を集中的にリフトアップしすぎて引きつった状態になってしまったり、顔の下半分を引き上げたことで頬骨が出っ張ってしまったりと、スキル不足によってさまざまなトラブルが起こります。

施術中はその都度鏡で自分の状態を確認したり、納得がいかない場合は申し出たりと、理想の状態に近づいているかのチェックが必要となるでしょう。

糸リフトの種類によるもの

一言で糸リフトといってもその種類はさまざまであり、入れる糸によって仕上がりが大きく異なります

理想や肌の状態に合わせて糸を決めていきますが、この選択が誤っていたり、入れる位置を間違えたりすると、却って頬骨が目立ちバランスが崩れる原因となります

糸の太さ・返しの強さなどさまざまな点を把握して施術を受けるためにも、検討しているクリニックがどの糸を使うのか調べてから向かうと良いでしょう。

複数の糸を使い分けられるクリニックであれば、自分のリフトアップにどの糸が使われるのか、カウンセリング時に確認しておくことをおすすめします。

片岡院長

ラムールクリニックでは事前に念入りなカウンセリングを行い、納得した上で施術に臨んでいただけます。

糸リフトで頬骨が目立つ時の対処法

糸リフトで頬骨が目立つ時の対処法

せっかく糸リフトを受けたにもかかわらず頬骨が目立ってしまうと、どうにかならないものかとショックを受ける方も多いのではないでしょうか。

続いては糸リフトの施術後に頬骨が目立つときの対処法をご紹介します。

糸リフトで頬骨が目立つ時の対処法
  • ダウンタイム中は安静に過ごすこと
  • 施術スキルの高い医師に再施術してもらうこと

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

ダウンタイム中は安静に過ごすこと

糸リフトを受けた後は、赤み・痛み・腫れ・むくみ・引きつり感などの症状が現れます

人によって症状の度合いは異なるものの、これらの症状は長くても1週間程度で消失することが多いでしょう。

ダウンタイムを長引かせず、症状の悪化を防ぐためにも、以下のポイントを守って安静に過ごすことが大切です。

糸リフトのダウンタイム中の過ごし方
  • 施術後しばらくは湯船での入浴・激しい運動・飲酒を避ける
  • 顔を触らず洗顔時も摩擦が起こらないよう注意する
  • 食べたり話したりするときは口を大きく開けない
  • うつぶせで寝ない
  • 腫れや熱っぽさがある場合は冷やす

糸リフトは内部に返しのついた糸を挿入することで、肌の組織を引っ張り上げる施術です。

施術後からしばらくは糸が安定しておらず、摩擦によって糸がずれて仕上がりが変わる可能性があります

炎症が起きている状態のため、入浴や運動・飲酒など血行が促進される行動も避けなければなりません。

ダウンタイム中に腫れや熱さが気になる場合は、保冷剤をタオルにくるんで冷やすなどの対応をとりましょう。

施術スキルの高い医師に再施術してもらうこと

糸リフトを受けた後に頬骨が目立ってしまい、数ヶ月経っても状況が変わらない場合、別の医師に再施術を依頼するのもおすすめです。

糸リフトの施術実績が豊富であり、症例を多く抱えている医師を選びましょう

他院で受けた施術の直しには別途料金が発生する場合があるため、カウンセリング時にしっかりと確認しておく必要があります。

失敗してしまった施術がどのように行われたのかを詳しく伝え、次こそは希望する仕上がりになるよう相談しましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、糸リフトに関するご要望や予算などさまざまなご相談が可能です。まずはWEBやお電話から申し込みを行い、カウンセリングへお越しください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトで頬骨が目立つのを避けるポイント

糸リフトで頬骨が目立つのを避けるポイント

糸リフトで頬骨が目立つのを避けるためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

あらかじめ自身でできる対策をとっておくと、万が一のトラブル時にも焦らず対応できるでしょう。

糸リフトで頬骨が目立つのを避けるポイント
  • ダウンタイム中は血行を促進する行動を控えること
  • 信頼できる医師を選ぶこと
  • カウンセリングの対応が丁寧なクリニックを選ぶこと
  • 医師からの指示にはしっかりと従うこと

それぞれのポイントについて詳しくご紹介します。

ダウンタイム中は血行を促進する行動を控えること

先ほどもご紹介したように、ダウンタイム中はいくつかの禁忌事項を守らなければなりません。

中でも血行を良くする下記の行動は、最低でも施術後3日間、可能であれば1週間程度控えると良いでしょう。

血行を促進する行動の例
  • 湯船や熱いシャワーでの入浴
  • 汗をかくような激しい運動
  • サウナ
  • 飲酒
  • マッサージ

上記の中でも、施術部位へのマッサージは1ヶ月以上空けて行う必要があります。

せっかく入れた糸がズレたり外れたりする可能性があるため、自己流はもちろんエステサロンなどでのマッサージも避けましょう

信頼できる医師を選ぶこと

糸リフトの施術で失敗しないためには、医師選びを徹底して行う必要があります。

公式サイトなどで情報を調べるだけでなく、実際にカウンセリングを受けて話しやすさなどを比較してみるのもおすすめです。

カウンセリング時には、糸リフトの仕組みやメリットはもちろん、リスクや注意点などのマイナス面もしっかりと話してくれる医師を選ぶと良いでしょう

もちろん、糸リフトの施術実績が豊富にあり、個人差を理解した施術ができる医師を選ぶのも必要不可欠です。

また、万が一のトラブル時にどう対応してもらえるのか、施術前に確認しておくことが大切です。

いつでも電話で相談ができたり、トラブル時は予約なしでも対応してくれたりと、丁寧なアフターフォローのあるクリニックを選びましょう。

カウンセリングの対応が丁寧なクリニックを選ぶこと

クリニック選びに迷ったときは、実際にカウンセリングを受けてみて話しやすい医師を探すのがおすすめです。

医師が一方的に説明をするだけで終わってしまったり、専門用語の意味が分からないまま話が進んでしまったりすると、患者様が安心して施術を受けられません。

時には質問がないか確認したり、ユーモアを交えながら話してくれたりする医師ならば、万が一の際も相談しやすいでしょう。

中には医師が直接カウンセリングを行わず、看護師やカウンセラーが担当するクリニックもあります。

いずれの場合も糸リフトの仕組みをしっかり理解でき、質問に対し真摯に答えてくれるところを選ぶのが大切です。

医師からの指示にはしっかりと従うこと

禁忌事項など、医師から指示があった内容は必ず守りましょう。

ダウンタイムを最小限に抑えられるだけでなく、施術の効果を最大限に発揮するために必要な情報となるため、必要なことはメモをとりながら聞くのが大切です。

不明な点がある場合は必ず確認し、疑問をすべて解決しておけば安心して帰宅できます。

万が一のトラブル時にはどこへ連絡すべきなのか、緊急時の連絡先も確認しておきましょう

片岡院長

ラムールクリニックでは、患者様一人に対したっぷりと時間を確保してカウンセリングを行わせていただきます。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

当院の糸リフトの症例写真

当院で施術を行った糸リフトの症例写真をご紹介します

施術前後の仕上がりを比較し、自身が受ける際のイメージを膨らませてみましょう。

糸リフト(WPCL)8本

糸リフト(WPCL)8本

体内で溶ける糸を皮下に挿入し、たるみを内側から引き上げる施術です。

ダウンタイム内出血、腫れ、むくみ、痛み、ひきつれ
持続期間12〜24か月
価格144,000円
/WPCL 8本
糸リフト(WPCL)8本

糸リフト(WPCL)8本

体内で溶ける糸を皮下に挿入し、たるみを内側から引き上げる施術です。

ダウンタイム内出血、腫れ、むくみ、痛み、ひきつれ
持続期間12〜24か月
価格144,000円
/WPCL 8本
糸リフト(PDO)

糸リフト(PDO)

医療用の特殊な糸を皮下に挿入し、内側からたるみを引き上げる施術です。

ダウンタイム赤み、腫れ、痛み、内出血、ひきつれ
持続期間6〜12か月
価格72,000円
/ PDO6本

その他の症例写真については、当院の糸リフトの詳細ページにて詳しくご紹介しています。

糸リフトで頬骨が目立つことに関するQ&A

糸リフトで頬骨が目立つことに関するQ&A

最後に、糸リフトと頬骨の関係についていただくことの多い質問をご紹介します。

糸リフトで頬骨が目立つことに関するQ&A
  • 糸リフトの施術に向かない人はいますか?
  • 糸リフトによる頬の痛みはどのくらい続きますか?
  • 糸リフトをすると顔が大きくなってしまいますか?

それぞれの質問に詳しく回答させていただきます。

糸リフトの施術に向かない人はいますか?

たるみ改善や小顔効果を希望していても、糸リフト以外の施術をおすすめする場合があります。

例えば、糸リフトの糸が引っかかるだけの十分な脂肪がなかったり、逆に糸で引っ張り上げられないほど多くの脂肪がついていたりする場合です。

前者はヒアルロン酸などの注入治療を、後者は脂肪溶解注射やハイフなどを用いて理想の仕上がりを目指します。

また、顎が尖って見える方などは、糸リフトを行うとさらに顎が目立つ可能性があります。

全体のバランスを見て適切な施術を決められるよう、さまざまな施術に対応しているクリニックを選びましょう。

糸リフトによる頬の痛みはどのくらい続きますか?

糸リフトを行った後は、鈍い痛みが1ヶ月程度続く場合があります。

痛みのピークは施術後1日~3日の間であり、完全になくなるまでの1ヶ月間で徐々に失われていくでしょう。

多くの場合は耐えられる程度で、医師から処方された鎮痛剤を飲めば気にせずいられる程度の痛みですが、万が一耐えられない痛みがあった場合は医師に相談しなければなりません。

痛みを放置していると重大なトラブルに繋がる可能性があるため、少しでも不安を覚えたときはクリニックへ連絡しましょう。

糸リフトをすると顔が大きくなってしまいますか?

糸リフトをしたからといって、顔が大きくなってしまうことはありません。

「大きくなった」と感じるのは、施術後に顔がむくんで腫れあがるためだと考えられます。

この症状はしばらくすると収まるため、数日間様子を見ても腫れが引かない場合はクリニックへ相談しましょう

実際に腫れやむくみが起きたときに驚かず対応できるよう、施術後の症状について詳しく確認しておくことが大切です。

【まとめ】糸リフトで頬骨が目立つって本当?

【まとめ】糸リフトで頬骨が目立つって本当?

今回は糸リフトを受けることで頬骨が目立つことはあるのか、原因や対策を交えながらご紹介しました

糸リフトの施術後はさまざまな症状が現れ、長い場合で1ヶ月程度ダウンタイムが続く可能性があります。

中には頬骨が目立って見えてしまう方もいるため、経験豊富な医師の元で施術を受けるなど、失敗のリスクを最小限に抑える工夫を行いましょう。

ラムールクリニックは糸リフト施術経験が豊富で、患者様一人ひとりに合わせた施術を行います。

片岡院長

ラムールクリニックで糸リフトをご希望の方は、WEBやお電話からお気軽にお申込みください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次