男性のほうれい線の消し方は?|注意したい原因や対策・おすすめの美容医療をご紹介

男性のほうれい線の消し方は?|注意したい原因や対策・おすすめの美容医療をご紹介

美容に関心があるのは主に女性だと思われがちですが、実は男性でも悩んでいる方が多いのが「ほうれい線」。

スキンケアアイテムを持っていなかったり、日頃日焼け止めを塗らなかったりする方も多いため、一度ほうれい線が目立ち始めるとなかなか改善しないのも特徴の一つです。

今回はそんな男性のほうれい線について、日常に潜む原因の数々をまとめながら、適切な対処法をご紹介します

早い段階で効果を実感しやすい美容医療についても触れているため、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士
片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士
片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

男性のほうれい線ができる原因

男性のほうれい線ができる原因

男性だからといって特別ほうれい線が目立ちやすいわけではないものの、日頃から注意しておかなければならない点が多数存在します。

まずは自分のほうれい線がどうして目立つようになったのか、考えられる原因について見てみましょう。

男性のほうれい線ができる原因
  • 表情筋の衰え
  • 加齢に伴う肌のたるみ
  • 紫外線
  • 肌の乾燥
  • 生まれつきの骨格

それぞれの原因について詳しくご紹介します。

表情筋の衰え

仕事をしているときは無表情でいるという男性も多いものですが、中でも特に会話をすることがなかったり、マスクをしていて口元が緩んだりしていると、知らず知らずのうちに表情筋が衰えてしまう傾向にあります。

中でも口周りの筋肉は衰えやすく、筋肉によって支えられていたはずの脂肪や皮膚がたるむことでほうれい線が目立ちやすくなります。

加齢によって衰えるだけでなく、日頃筋肉を使わずに過ごしている若い世代の方も注意しなければなりません。

加齢に伴う肌のたるみ

男女問わず、ほうれい線が目立つ大きな原因の一つに「肌のたるみ」があります。

筋肉が衰えたり、細胞が水分を溜め込めずに乾燥したり、さらにはエラスチンの減少によってハリを失ったりと、加齢が原因で起こる肌トラブルは数多く存在します。

年齢に合った肌の状態を目指す「エイジングケア」を早くから取り入れ、今の状況に合ったケアを行うことで防げるものも多いため、気づいた瞬間からスキンケアを見直すことが大切です。

紫外線

男性の中には日焼け止めを塗る習慣がない方も多く、年々増しているといわれる紫外線が肌に降り注いでいる状態です。

単に日焼けをして肌が赤くなったり黒くなったりするだけでなく、紫外線から肌を守ろうとしてメラノサイトが活性化しシミがたくさんできたり、ダメージを防ぐために角質が厚くなりゴワついた手触りになったりとさまざまなトラブルが起こるでしょう。

日焼けは肌が軽く火傷をした状態に近いため、水分が急速に失われ、乾燥の原因にもなります。

これらのトラブルが積み重なると、肌の内部ではコラーゲンやエラスチンが失われ、土台が崩れて皮膚がたるんでしまうのです

失われたコラーゲンやエラスチンはすぐに復活するものではないため、紫外線を浴びた状態が長く続けば続くほど、深く頑固なほうれい線が刻まれてしまうでしょう。

肌の乾燥

入浴後のスキンケアは性別を問わず必要なものですが、今もまだ全ての男性に浸透したとはいえません。

洗顔後に皮脂や汚れを落とした肌は非常に無防備であり、そのままでは肌内部の水分もどんどんと蒸発してしまうでしょう。

高価なものである必要はないため、水分を補う化粧水・水分が逃げないよう蓋をする乳液やクリームの2種類は欠かさず使うことが大切です。

生まれつきの骨格

生活習慣や加齢によるものだけでなく、生まれつきの骨格がほうれい線の目立ちに繋がるケースも珍しくありません。

中でも小鼻の横が窪んでいるのが原因でほうれい線が影になって見えてしまう場合があり、10代や20代など若いうちから悩まされる方も多いでしょう。

これは自力でのケアで改善するのが難しく、専門家に相談する必要があります。

片岡院長

ラムールクリニックでは入念なカウンセリングを行い、患者様一人ひとりのほうれい線の原因を追究します。

ほうれい線が目立ちやすい男性の特徴

ほうれい線が目立ちやすい男性の特徴

ほうれい線の原因を聞いても、どれが自分に当てはまるのか分からない方が多いのではないでしょうか。

続いてはほうれい線が目立ちやすいとされる男性の特徴についてご紹介します。

ほうれい線が目立ちやすい男性の特徴
  • 姿勢が悪い
  • 生活習慣が乱れている
  • 紫外線対策ができていない
  • スキンケアが不足している

普段の自分を思い浮かべながら、どれに該当するかイメージしてみましょう。

姿勢が悪い

PCやスマートフォンを見る機会の多い私たちは、つい気が緩むと姿勢が崩れてしまいがちです。

猫背や反り腰・ストレートネックなどさまざまな種類があり、中にはこれらが組み合わさってバランスが崩れている方も少なくありません。

そんな姿勢の悪さは、一見ほうれい線とは関係がないように思えるものの、実は皮膚のたるみや筋肉の劣化に大きく影響を及ぼします。

いつも同じ場所に荷重がかかっていたり、常に同じ方向を見て寝ていたりする場合は特に、姿勢の偏りができないよう注意しながら生活するのが大切です。

生活習慣が乱れている

仕事が忙しく栄養バランスが崩れていたり、十分に睡眠がとれていなかったりといった「生活習慣の乱れ」も、ほうれい線が悪化する原因となります。

栄養不足・休養不足でハリを失った肌は乾燥を招き、土台が崩れて肌がたるみやすくなるでしょう。

さらには肌のターンオーバーが乱れて新しい細胞が生まれにくくなると、劣化した細胞がいつまでも留まることとなり、結果としてほうれい線の目立ちやさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

喫煙や過度の飲酒・運動不足などもターンオーバーが乱れる原因となるため、嗜好品をバランス良く楽しみながら健康的な生活を送りましょう。

紫外線対策ができていない

男性の中には、外に出る機会が多いにもかかわらず紫外線対策ができていない方も多いのではないでしょうか。

また、曇りの日や雨の日であっても少なからず紫外線は降り注いでおり、部屋の中でも窓際で過ごしていると日焼けの可能性が高まります。

理想的なのは天気や季節に関わらず日焼け止めを塗ることですが、せめて紫外線の強い夏場は徹底してケアを行いましょう。

日焼け止めを塗るのが苦手な方は、飲む日焼け止めサプリを使ったり、UVカット効果のある衣類を身に着けたりするのがおすすめです。

スキンケアが不足している

「女性ほど肌に気を遣う必要がないから」と考え、洗顔後も化粧水や乳液などを使わずに過ごしている男性は、ほうれい線が目立ちやすいといえます。

含まれている成分を詳しく調べたり、どれが自分に合うか確認したりといったわずらわしさからスキンケアをせずにいる方少なくありません。

まずは最寄りのドラッグストアなどで手に入るアイテムをチェックし、保湿重視のスキンケアを始めてみると良いでしょう。

現時点では特に肌トラブルがなくても、ほうれい線を始めシミ・シワ・たるみ・くすみなどさまざまな症状が現れる可能性があります

これらを食い止めるためにも、今日から手軽なスキンケアを取り入れましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、施術だけでなく普段の生活についても見直すお手伝いをさせていただきます。まずは電話やWebからお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

男性のほうれい線の消し方

男性のほうれい線の消し方

既に気になるほうれい線がある方は、以下にご紹介する8種類の対策を試してみるのがおすすめです。

男性のほうれい線の消し方
  • 姿勢を改善する
  • 生活習慣を正す
  • 表情筋トレーニングを行う
  • マッサージを行う
  • 紫外線対策を行う
  • 美顔器を使用する
  • スキンケアを徹底する
  • 美容医療を受ける

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

姿勢を改善する

日頃の姿勢を改善することは、ほうれい線を消すための第一歩といえます。

まずは座っているときや寝ているときなど、意識しやすいタイミングから姿勢の改善を始めましょう。

中でも寝ているときの姿勢はほうれい線に大きな影響を及ぼすため、スピーディな改善が求められます。

自分に合った枕やマットレスを使って寝返りを打ちやすくしたり、肌に負担がかかりにくい枕カバーを使ったりといった工夫も組み合わせると良いでしょう。

もちろん普段の猫背や反り腰・ストレートネックなども体のバランスが崩れる原因となります。

ふと気が付いたときに姿勢を正すだけでも変わるため、常に頭の中に入れておくのがおすすめです。

生活習慣を正す

一言で生活習慣を正すといっても、何から始めて良いか分からない方がほとんどです。

軸となるのは「バランスの良い食事」「適度な運動」「良質な睡眠」の3つが挙げられます。

食事面では、現代人に多い脂質や糖質の摂りすぎを防ぎ、ビタミンやミネラルをしっかりと補うのが理想的です。

運動は軽いものでかまわないため、毎日続けられるようなものを選びましょう。

そして睡眠環境を整え、1日の疲れをしっかりと癒すことで、バランスが整い自律神経が正しくはたらけるようになります。

これらはどれが欠けても成り立たないため、自分の生活に見直せるところがないか改めて考えてみると良いでしょう。

表情筋トレーニングを行う

つい表情が固まりがちな方や、日中表情を意識することがない方は、時折表情筋トレーニングを取り入れるのがおすすめです。

大きな口を開けて「あいうえお」を言ったり、舌を最大限に出して上下左右に回したりと、1回あたり数秒でできる手軽なトレーニングから始めましょう。

時には家族や友人との会話を楽しみながら、笑顔でいられる時間を作るのも大切です。

マッサージを行う

口周りのたるみは、ほうれい線に直接的な影響を及ぼします。

できてしまったほうれい線をただちに消すことは難しいものの、悪化を防ぐために効果的だといわれているのが「マッサージ」です。

こめかみ部分の皮膚を上に押し上げたり、首筋を鎖骨にかけてなぞることでリンパを流したりするマッサージを試してみましょう。

とはいえ、強い刺激を与えすぎるとさらなる悪化を招くこともあるため、軽い力でダメージを与えすぎないのが大切です。

なるべく短時間に留めたり、オイルをつけて摩擦を減らしたりといった工夫を忘れずに行いましょう。

紫外線対策を行う

紫外線対策は、すべての肌トラブルを防ぐことにも繋がる重要なポイントです。

露出しているところは日焼け止めを塗ったり、UVカット効果のある衣類を着用したりして保護しましょう。

外出前に日焼け止めをつけていても、長時間外にいる間に効果が切れ、結果として日焼けをしてしまう場合があります。

「SPF」や「PA」の数値をチェックし、外出時間が長いときや夏場などはより数値の高いものを、室内で過ごすときは手軽に落とせる数値の低いものを選ぶなど、シーンによって使い分けるのが大切です。

美顔器を使用する

自宅で手軽にほうれい線のケアを行いたい場合、美顔器を導入するのも一つの方法です。

手で行うスキンケアに比べてさまざまなはたらきが期待できるため、豊富な種類の中からほうれい線に合うものを選びましょう。

「EMS」機能のついた美顔器は、顔に電流を流して筋肉を強制的に動かし、たるみの改善を目指せます。

さらにコラーゲンやエラスチンの生成を促す「LED」機能がついていれば、乾燥や加齢によるトラブルが気になる方も使いやすいでしょう。

スキンケアを徹底する

できてしまったほうれい線のケアだけでなく、今後のトラブルを予防するためにも徹底したいのが「スキンケア」です。

洗顔後の肌は非常に無防備であり、水分や油分が失われ乾燥状態にあります。

ここに化粧水や乳液・クリームなどで水分や油分を補うことで、肌はハリのある状態を保てるのです。

乾燥によるほうれい線の目立ちを予防するだけでなく、紫外線によるダメージを防いだり、肌にとっての栄養が不足しているのを補ったりと、スキンケアにはさまざまな役割があります。

手頃なものから試しながら、自分に合ったスキンケアアイテムを探しましょう。

美容医療を受ける

できてしまったほうれい線を目立たなくさせたい場合、よりスピーディに効果の実感を目指せるのが「美容医療」です。

状態や希望に合わせたさまざまな施術の中から、知識と経験が豊富な医師が執刀することで、シワのない若々しい肌を目指せるでしょう。

豊富なクリニックの中から通いやすさや実績で絞り込み、自分に合ったところを探すのが大切です。

片岡院長

ラムールクリニックでは、患者様一人ひとりのほうれい線に合った美容医療を提案させていただきます。

男性のほうれい線を消すのにおすすめの美容医療

男性のほうれい線を消すのにおすすめの美容医療

近年、ほうれい線に悩む方のためにさまざまな美容医療が登場しています。

代表的なものとしては、以下の3種類が挙げられます。

男性のほうれい線を消すのにおすすめの美容医療
  • 貴族フィラー(ヒアルロン酸注入)
  • 糸リフト
  • ハイフ

この中から自分に合った施術を選ぶためにも、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

貴族フィラー(ヒアルロン酸注入)

貴族フィラーの仕組み

貴族フィラーとは、小鼻の横にある窪み「尾翼基部」にヒアルロン酸を注入することで、ふっくらとした仕上がりを目指す施術です。

窪みによるほうれい線を軽減し、口周りが若々しく見えることから、多くの方に選ばれている人気の施術でもあります。

注入するヒアルロン酸は人体にも含まれている成分のため、アレルギー反応が起こりにくい点もメリットといえるでしょう。

施術後の注射痕が目立ちにくく、美容医療を受けたことが周りにバレにくい点も魅力的です。

施術時間もスピーディに終了することが多く、忙しい方でも予約を入れやすいでしょう。

なお、当院で実際に受けた男性の貴族フィラーの施術事例は、以下になります。

貴族フィラー

貴族フィラーの症例

ヒアルロン酸を小鼻の付け根部分に注入することによって、ほうれい線を目立たなくする施術方法です。

ダウンタイム内出血、赤み
持続期間9~12ヶ月
価格40,000円

当院の貴族フィラーの詳細ページでは、貴族フィラーの施術についてさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

糸リフト

糸リフトの仕組みイラスト

糸リフトとは、皮膚の下に専用の糸を通して引っ張り上げることでほうれい線を目立たなくさせることを目的とした施術です。

注射器を使って糸を挿入するため、切開リフトに比べて傷跡が残りにくく、ダウンタイムが短くて済むのがメリットの一つです。

時間が経つにつれ吸収される糸を使っており、拒否反応が起こりにくい点も魅力的であり、継続して施術を受ければ理想の状態を長く保てるでしょう。

糸の種類や挿入する場所・入れる本数などを調整することで、一人ひとり異なる悩みに対応できる施術としても人気です。

なお、当院で実際に受けた男性の糸リフトの施術事例は、以下になります。

糸リフト(PDO)

糸リフト(PDO)

医療用の特殊な糸を皮下に挿入し、内側からたるみを引き上げる施術です。

ダウンタイム赤み、腫れ、痛み、内出血、ひきつれ
持続期間6〜12か月
価格72,000円
/ PDO6本

当院の糸リフトの詳細ページでは、糸リフトの施術についてさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

ハイフ

ハイフの仕組み

ハイフとは、「切らないリフトアップ」と呼ばれることも多いほうれい線治療の一種です。

超音波を発生させる機械を使い、肌の奥深くを狙って照射することで、皮膚の浅い面にはほとんどダメージを及ぼしません

脂肪の多い部分には熱による溶解で顔痩せを狙い、SMAS筋膜にアプローチすれば収縮によるリフトアップ効果を期待できるなど、一度の照射でさまざまな悩みに対応しやすいのも魅力といえるでしょう。

また、肌の内部に傷をつけることで、傷が治る過程でコラーゲンやエラスチンの生成が促進されます

これにより、引き締め効果がなくなった後もハリやうるおいに満ちた肌を目指せるでしょう。

当院のハイフの詳細ページでは、ハイフの施術についてさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

片岡院長

ラムールクリニックでは、上記3種類の施術をいずれも体験していただけます。どれが自分に合うか分からない方も、まずはカウンセリングでご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

L’amour clinic Tokyoでは男性のほうれい線治療にも対応

L’amour clinic Tokyoでは男性のほうれい線治療にも対応

ラムールクリニックでは、女性だけでなく男性のほうれい線治療も積極的にサポートさせていただきます。

待合室やカウンセリングルームはいずれもプライバシーに配慮されているため、周りの目が気になる方もお気軽にご来院ください。

数々のほうれい線治療の中からお悩みの内容や肌の状態・予算などに合わせて最適な施術を提案させていただきます。

片岡院長

ラムールクリニックのほうれい線治療が気になる方は、LINE・電話などからカウンセリングへお申し込みください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

男性のほうれい線に関するQ&A

男性のほうれい線に関するQ&A

実際にほうれい線治療を受ける前に、当院でいただくことの多いご質問をチェックしてみましょう。

男性のほうれい線に関するQ&A
  • ほうれい線はマッサージで消せますか?
  • ほうれい線があると皮脂が溜まりやすいですか?
  • ほうれい線クリームはほうれい線を消す効果がありますか?

それぞれの内容と回答を確認し、さらなる不明点がある場合はカウンセリングでご相談ください。

ほうれい線はマッサージで消せますか?

既にできてしまった頑固なほうれい線の場合、マッサージのみで完全に元の状態に戻すのは難しいといえるでしょう。

もちろんこれ以上の悪化を防ぐために行うのは良いですが、それ以外にもさまざまな対策を取り入れなければ理想の状態を目指すことはできません。

紫外線対策であったり、生活習慣の見直しであったり、はたまた美容医療を受けたりと自分にできることから始めましょう。

ほうれい線があると皮脂が溜まりやすいですか?

ほうれい線は皮膚が陥没してシワになった状態のため、平坦なところと比べて皮脂が溜まりやすいのが特徴です。

洗顔だけでなく皮脂を落とすためのクレンジングを導入したり、指の腹で入念に汚れを落としたりと、他の場所よりも一層注意しておくと良いでしょう。

皮脂が溜まった状態が長く続くと、毛穴が開いて目立ったり、ニキビができたりする原因となります

ほうれい線以外のトラブルを防ぐためにも、日頃のクレンジングや洗顔を見直すことをおすすめします。

ほうれい線クリームはほうれい線を消す効果がありますか?

巷で「ほうれい線クリーム」と呼ばれているものの多くは、顔全体のシワにはたらきかける成分が含まれています。

細胞の生まれ変わりを促進するレチノールであったり、コラーゲンやエラスチンの生成を促す成分であったりすることが多く、セルフケアの中でもひときわ注目すべき方法といえるでしょう。

もちろん「化粧品」である限り、できてしまったほうれい線を瞬時に消すことはできません

今後の予防や美容医療と併用しながら、理想の状態を目指すと良いでしょう。

【まとめ】男性のほうれい線の消し方

【まとめ】男性のほうれい線の消し方

今回は男性であってもほうれい線が目立ってしまう原因や対処法、おすすめの美容医療などをご紹介しました

普段鏡を見る機会の少ない方の中には、ふとした瞬間にほうれい線が目立っていることに気づいてショックを受けてしまう方も少なくありません。

紫外線対策やスキンケアなどを導入しながら、効率良く解消を目指せる美容医療についても検討すると良いでしょう。

ラムールクリニックでは、患者様一人ひとりのほうれい線をしっかりと診察し、最適な施術をご提案します。

片岡院長

まずは下のボタンからカウンセリングへお申し込みください。ほうれい線治療について詳しくご説明させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次