ほうれい線が20代で目立つのは何故?|原因と対処法をご紹介

ほうれい線が20代で目立つのは何故?|原因と対処法をご紹介

年齢を重ねるにつれ気になり始めるというイメージの強い「ほうれい線」。

しかし、中には20代など若い頃からほうれい線が目立ってしまうケースもあり、どうすべきか分からず困ってしまう人も少なくありません。

今回は20代からほうれい線が目立つのは一体なぜなのか、原因と対処法を併せてご紹介します

ほうれい線治療としておすすめの美容医療についても触れているため、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ほうれい線が20代で目立つ原因

ほうれい線が20代で目立つ原因

顔の悩みの中でも、ひときわ多くの方が気にしているのが頑固なほうれい線です。

中でも20代から目立ってしまうのにはいくつかの原因があり、自分の原因を知ることが改善への近道となります

ほうれい線が20代で目立つ原因
  • 肌の乾燥
  • 表情や姿勢のクセ
  • 筋肉の衰えや皮膚のハリ不足

まずは上記に挙げた3つの原因を詳しく見ていきましょう。

肌の乾燥

肌の内部には化粧水などで与えた水分をしっかりと保持する「コラーゲン」や、弾力のある肌をキープする「エラスチン」などが存在しています。

これらが失われることで肌はハリがなくなり、目尻や額のちりめんジワができたり、口周りにシワができてほうれい線となったりするのです。

口周りは特に皮膚が薄く、日頃から入念に保湿ケアをしなければ簡単に乾燥してしまいます。

空気が乾燥し始める冬場だけでなく、エアコンを使う機会の多い夏場や季節の変わり目など一年を通して注意すると良いでしょう。

表情や姿勢のクセ

たった一日では影響がなくても、何年も同じ表情や姿勢が続くことで肌にシワがより、ほうれい線が目立つことがあります。

左右どちらかの口角を上げることが多かったり、口元を大きく動かして話したりする方は、通常に比べて若いうちからほうれい線が目立ちやすいでしょう。

直接ほうれい線とは関係がないように思える「偏った寝相」や、ついやってしまいがちな「頬杖」なども、長年続けることで顔にシワがよりやすくなります。

寝るときはできるだけ左右バランス良く向くよう心掛けたり、スキンケアや洗顔以外で顔に触れる機会を減らしたりと、手軽にできるところから変えてみるのがおすすめです。

筋肉の衰えや皮膚のハリ不足

表情筋を動かしすぎるのもほうれい線が目立ちやすいですが、筋肉が衰えるのも良くありません。

マスクで過ごす時間が多かったり、笑ったり話したりといった表情の変化が少なかったりすると、口周りの筋肉が衰えてたるみやすくなります

筋肉が十分についていないと、その上についた皮膚や脂肪を支えきれず、たるんだ皮膚が影となってほうれい線の目立ちに繋がります。

乾燥が原因となるほうれい線に比べて改善が難しいため、美容医療を受けられるクリニックで相談するのがおすすめです

片岡院長

ラムールクリニックでは、念入りなカウンセリングでほうれい線の原因を追究し、適切な施術をご提案します。

ほうれい線が20代で目立つ人の消し方・対策

ほうれい線が20代で目立つ人の消し方・対策

自分のほうれい線が目立つ原因を探った後は、正しい対策を学ばなければなりません。

今後さらにほうれい線が目立つのを避けるためにも、日頃から手軽にできる対策を知っておきましょう。

ほうれい線が20代で目立つ人の消し方・対策
  • 正しいスキンケアを意識して行う
  • 日頃の表情や姿勢のクセを見直す
  • 過剰なダイエットは避ける
  • 美容医療の施術を受ける

これら4つの対策について、詳しく確認していきましょう。

正しいスキンケアを意識して行う

自分に合ったスキンケア方法を模索することは、肌トラブルを改善する上での第一歩といえます。

乾燥によってほうれい線が目立っているときは、保湿重視のアイテムを使って水分をたっぷりと補ってあげましょう。

化粧水の浸透を助ける導入美容液を使ったり、最後はクリームでしっかりと蓋をしたりと、使うアイテム全てを見直してみるのがおすすめです。

また、乾燥による肌トラブルが起こっている場合は、シートマスクなどのスペシャルケアは避け、肌に優しいアイテムを使う必要があります。

ビタミンCやレチノールなど、肌への刺激が強いアイテムもしばらくは避けておくと良いでしょう。

日頃の表情や姿勢のクセを見直す

笑いグセや咀嚼グセなど、普段の行動が左右どちらかに偏っている場合は、意識的に見直すことが大切です。

ただ意識をするだけでも大きく変わるため、最初から完璧に行う必要はありません。

気づいたときにクセを見直し、少しずつ改善を目指しましょう

マスクをつける時間が長かったり、一人で過ごしていて表情に変化がなかったりする場合も同様に、一日のうち少しだけ表情の変化を意識してみることが大切です。

また、猫背やストレートネック・頬杖・寝相など姿勢のクセも同時に見直すのがおすすめです

椅子に座る際の姿勢を少し整えてみたり、寝返りのしやすい枕に変えてみたりと、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

過剰なダイエットは避ける

ほうれい線を改善したいという願いに加え、ダイエットでスリムな体型を目指したいという方も少なくないでしょう。

しかし過剰なダイエットで急激に体重が落ちると、元々脂肪があった分の皮膚が余ってたるみ、ほうれい線が目立つ原因となります。

このとき余った皮膚は自力でケアするのが難しく、糸リフトや切開リフト・ハイフなど美容医療による施術が必要となるケースがあります。

ダイエットを考えている場合は無理のない運動・食事制限で少しずつ体重を減らし、リバウンドしにくい体を目指しましょう。

美容医療の施術を受ける

こんなにも多くの方がほうれい線について悩んでいるのは、「セルフケアでは改善が難しい」という特徴があるためです。

長年のクセが原因となることも多いほうれい線は、化粧品を変えたりマッサージをしたりといった一朝一夕の対策では改善しにくく、諦めてしまう方も多いものです。

手っ取り早くほうれい線を目立たなくしたい場合は、美容医療の施術を検討すると良いでしょう。

次の見出しでご紹介する通り、ほうれい線に効果が期待できる美容医療の施術にはさまざまな種類があります

肌の状態はもちろん、仕上がりの希望や予算なども考慮し、自分に合った施術を見つけなければなりません。

片岡院長

ラムールクリニックのほうれい線治療が気になる方は、WEBやLINE・電話からお気軽にカウンセリングへお申し込みください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ほうれい線に効果が期待できる美容医療

ほうれい線に効果が期待できる美容医療

ほうれい線を目立たなくさせるためには、主に以下のような施術が行われます。

ほうれい線に効果が期待できる美容医療
  • 糸リフト
  • ハイフ
  • 貴族フィラー

それぞれどんな利点があるのか、仕組みとともにご紹介します。

糸リフト

糸リフトの仕組みイラスト

糸リフトとは、その名の通り肌の内部に糸を入れて引っ張り上げることでほうれい線の改善を目指す方法です。

皮膚を切って引っ張る切開リフトとは異なり、傷口が小さく目立たないのが特徴です。

糸リフトに使われる注射器や糸はすべて専用のものであり、骨格や脂肪のつき方・シワのより方などを考慮しながら挿入できるのが魅力といえるでしょう。

さらに、使用する糸には小さな返しがついており、肌の中で引っかかるためリフトアップ効果が長続きしやすいのもメリットです。

ほうれい線の改善とともに、たるみやフェイスラインのもたつきなどが気になる方にもおすすめです。

ハイフ

ハイフの仕組み

注射やメスが苦手で美容医療を諦めている方でも、肩の力を抜いて受けられると評判なのがハイフ(HIFU)です。

機械が発する超音波が肌の奥深くで密集することで、脂肪層に熱を加えて溶解を促したり、SMAS筋膜を熱で引き締めたりとさまざまな効果が期待できます。

皮膚の浅い層では超音波が密集していないためダメージが少なく、痛みや赤み・腫れといった症状が残りにくいのも魅力といえるでしょう。

さらに、皮膚の奥深くでは超音波による小さな傷がつき、この傷が治る過程でコラーゲンやエラスチンが多く生み出されます

コラーゲンやエラスチンは肌の水分保持や弾力維持のために重要なはたらきを担っているため、これらの増加に伴いハリのある肌を目指せるでしょう。

貴族フィラー

貴族フィラーの仕組み

貴族フィラーはヒアルロン酸注射の一種であり、小鼻の横にある窪み(鼻翼基部)にヒアルロン酸を注入することでほうれい線を目立たなくさせる目的で行われます。

骨格や日頃のクセが原因のほうれい線など、特にたるみが気にならないケースでも効果を実感しやすく、20代でほうれい線に悩んでいる方におすすめの施術です。

極細の針で注入するため、内出血や腫れなどのダウンタイムが短くて済み、周りの人に知られたくない方でも選びやすいでしょう。

ほうれい線の改善だけでなく、鼻を高く見せたり、口元の突出を目立たなくさせたりといった嬉しい効果も期待できるため、お悩みが多く何を受けるべきか分からない方もぜひご検討ください。

片岡院長

ラムールクリニックでは、糸リフト・ハイフ・貴族フィラーのいずれも多数の施術実績があります。

ほうれい線治療で貴族フィラーを選択する利点

ほうれい線治療で貴族フィラーを選択する利点

糸リフトやハイフに比べ、20代のほうれい線に対応しやすいのが「貴族フィラー」です。

さまざまな利点があるため、自分の状態に合うかどうか確かめておくと良いでしょう。

ほうれい線治療で貴族フィラーを選択する利点
  • スキンケアよりも短時間で効果を期待できる
  • 顔をメスなどで傷つけずに治療ができる
  • アレルギー症状が起こりにくい(製剤がヒアルロン酸の場合)

それぞれのメリットについて詳しくご紹介します。

スキンケアよりも短期間で効果を期待できる

家庭で行うスキンケアでほうれい線を改善しようとしても、なかなか変化が見られず困っている方も多いのではないでしょうか。

スキンケアはあくまでも今後の肌トラブルを予防する目的で行うものであり、ただちに症状を改善する力はありません

貴族フィラーであれば施術当日から目に見える効果が期待できるため、長年のスキンケアで変化が見られなかった方や、どのスキンケアを選ぶべきか迷っている方にも向いています。

施術自体もそれほど時間を必要とせず、カウンセリング当日に施術ができたり、空き時間を使ってサッと受けられたりするため、日頃忙しい方でも選びやすいでしょう。

継続して施術を受ける必要があるとはいえ、専用のスキンケアを何年も使うのに比べて経済的であることも多く、よりお得にほうれい線を改善したい方にもおすすめです。

顔をメスなどで傷つけずに治療ができる

先ほども触れたように、貴族フィラーでは専用の極細針が用いられます。

顔にメスを入れることがないため、傷跡が残りにくくダウンタイムが短く済むのが特徴です。

注入時の痛みも麻酔によって軽減されることが多く、美容医療が初めての方でも肩の力を抜いて臨めるでしょう。

ダウンタイムが短いからといって、他の施術に比べて効果が薄いわけではありません。

ほうれい線だけでなく鼻の高さや口元の印象を大きく変えるため、顔全体の印象も理想に近づきやすくなるでしょう。

アレルギー症状が起こりにくい(製剤がヒアルロン酸の場合)

貴族フィラーの施術で用いられる製剤は、ほとんどの場合が「ヒアルロン酸」です。

これは私たちが肌の内部に元々もっている成分であり、注入しても体が異物とみなしにくいため、アレルギー症状の心配が少ないのがメリットといえます

これまでに注入治療でアレルギーが出たり、食べ物などにアレルギーがあって施術に不安を抱えていたりする方も受けられる可能性があるため、まずはカウンセリングで医師に確認してみましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、施術前のカウンセリングを全て無料で行っております。まずは下記のボタンからお気軽にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ほうれい線が20代で目立つことに関するQ&A

ほうれい線が20代で目立つことに関するQ&A

最後に、20代が悩みがちなほうれい線に関していただくことの多いご質問をご紹介します。

ほうれい線が20代で目立つことに関するQ&A
  • 寝起きにほうれい線が目立つのはなぜですか?
  • ほうれい線治療は何歳くらいから受けた方がいいですか?
  • 貴族フィラーはほうれい線以外にも効果が期待できますか?

それぞれのご質問に回答しながら、施術への準備を整えていきましょう。

寝起きにほうれい線が目立つのはなぜですか?

朝起きて一番に鏡を見ると、日中に比べてほうれい線が目立つように感じることがあります。

寝ているときの向きや枕の質などによっても肌にシワがよったように見えますが、それ以上に「乾燥」が大きな原因となっている可能性があります

夜寝る前に入念なスキンケアを行っても、寝ている間に水分が失われ、朝のスキンケア前には乾燥状態になることも珍しくありません。

寝起きにほうれい線が目立つ場合、なるべく早く朝のスキンケアを開始すると良いでしょう。

また、夜は十分に保湿できているように思えても、朝までうるおいを保持できないままではさまざまな肌トラブルを引き起こしかねません。

夜のスキンケアを見直し、より保湿力の高いものに変更するのがおすすめです。

ほうれい線治療は何歳くらいから受けた方がいいですか?

加齢によって目立つと思われがちなほうれい線ですが、今回ご紹介したように20代でも多くの方が悩んでいるトラブルの一つです。

脂肪のつき方や骨格によっては、10代からほうれい線が目立ってしまうケースも珍しくありません。

自力でのケアですぐに改善するのは難しいため、何歳であってもなるべく早く美容医療を検討すると良いでしょう

美容医療を受ける際は、入念なカウンセリングの元、年齢や予算を考慮した施術を提案してくれるクリニックを選ぶのが大切です。

貴族フィラーはほうれい線以外にも効果が期待できますか?

貴族フィラーはほうれい線以外にもさまざまな効果があり、お悩みに合わせた治療が可能です。

第一のメリットとして挙げられるのは、小鼻の横が盛り上がることで鼻の形が変わり、鼻を高く見せたり小鼻を小さく見せたりできるという点です。

鼻筋に別途プロテーゼやヒアルロン酸を入れたり、小鼻にメスを入れて縮小したりすることなく、手軽に印象を変えられるため、ほうれい線以外のお悩みがある方もぜひご検討ください。

また、口元が突出しており横顔の印象が気になる方にもおすすめです。

鼻横が凹んでいることで相対的に口元が出たように見える場合、貴族フィラーで印象を大きく変えられる可能性があるため、こちらも悩む前にカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

【まとめ】ほうれい線が20代で目立つ原因と対策方法

【まとめ】ほうれい線が20代で目立つ原因と対策方法

今回は20代からほうれい線が目立ってしまう原因や対策、おすすめの美容医療についてご紹介しました

日頃の地道なケアで症状の悪化を防ぐとともに、自分に合った美容医療を見つけ、スピーディにお悩みを解決できるよう工夫しましょう。

カウンセリングではなりたい印象や肌の状態だけでなく、予算や痛みへの不安などさまざまな点を話し合っておくことが大切です。

ラムールクリニックでは、患者様一人ひとりに合った最適なプランをご提案し、理想の状態を目指すサポートをさせていただきます。

片岡院長

ラムールクリニックの施術を詳しく知りたい方は、LINEやWEB・電話からお気軽に無料カウンセリングへお申し込みください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次