ポテンツァの施術で痛いと感じる理由|施術後の痛みや緩和する対処法も紹介

ポテンツァの施術は痛い?|痛みの特徴や対処法をご紹介

セルフケアでは改善が見込めないシミやシワ・ニキビをはじめ、クレーター状になった頑固なニキビ痕などにも効果が期待できる「ポテンツァ

ダウンタイムが短くて済む施術ですが、「ポテンツァは痛い」という話を聞き不安になる方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、ポテンツァの施術で痛いと感じる理由や、痛みを緩和する方法などを紹介します

ポテンツァを検討している方や興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士
片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士
片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ポテンツァの施術で痛いと感じる理由

ポテンツァの施術で痛いと感じる理由

ポテンツァの施術で痛いと感じる主な理由は、以下の通りです。

ポテンツァの施術で痛いと感じる理由
  • 針と熱によって痛いと感じた
  • 神経のある骨に近い部位へ照射した
  • こもった熱により2回目の方が施術の痛みを感じやすい
  • 痛みの強いマイクロニードルRFを選択した

それぞれの項目について詳しくご紹介しましょう。

針と熱によって痛いと感じた

ポテンツァの施術中は、「針で穴を開ける痛み」「熱を加えることによる痛み」がそれぞれ見られます。

感じ方は患者様によって異なるものの、チクチク・ズキズキと形容されることも多く、不安を感じる方も少なくありません。

クレーター状のニキビ痕や根深いシミなど、肌の奥深くまで針を刺す必要がある場合は、そうでない場合と比べて痛みを感じやすいでしょう。

また、肌の深部にポンピングするように針を刺し、お悩みに応じた薬剤を注入することで効率的な効果を狙う「ポンピングチップ」なども痛みを感じやすい施術です。

お悩みの種類や痛みの感じやすさによっては麻酔を使用し、負担を和らげながら施術を受けることが大切です。

神経のある骨に近い部位へ照射した

ポテンツァを受ける際、鼻・顎(フェイスライン)・目の周りなどの骨に近い部位は痛みを感じやすいのが特徴です。

骨の周りは「骨膜」と呼ばれる膜があり、内部には神経が通っています。

ここにポテンツァの高周波が当たると、奥の方でズキズキと響くような痛みを感じてしまうでしょう。

肌の状態によっては骨に近い部位にもポテンツァを照射する場合があるため、麻酔を使用したり、医師と施術内容を相談したりしておくことをおすすめします。

こもった熱により2回目の方が施術の痛みを感じやすい

ポテンツァは該当部位を照射して終わりではなく、必要に応じて2回・3回と繰り返し高周波を当てる場合があります

この場合、初回に比べて2回目以降の方が施術の痛みを感じやすいため注意しましょう。

これは初回の照射時に肌の内部に加わった熱が、冷めないうちに次の照射を行うためだと考えられます。

痛みが強まったからといって我慢することなく、強すぎる場合はなるべく早く医師へ申し出ると良いでしょう。

痛みの強いマイクロニードルRFを選択した

ポテンツァは、高周波の力を利用しさまざまな肌トラブルを改善できる「ダーマペンの進化版」とも評される施術です。

当院では、マイクロニードルとラジオ波によるポテンツァ施術を行っています。

スクロールできます
マイクロニードルRFダイアモンドチップ
特徴肌に極小の穴を開け針先から高周波を照射針を刺すことなく高周波エネルギーを照射
期待できる効果・ニキビ、ニキビ跡
・毛穴の開き・肝斑・赤ら顔
・肌の引き締め
・コラーゲン生成促進効果
痛み耐えられる程度ほとんどなし

ダイアモンドチップは針を使用しないため、ヒリヒリとした熱さを感じる方はいるものの、ほとんど痛みを感じません。

しかし、マイクロニードルRFは麻酔なしでも耐えられる程度ではありますが、感じ方には個人差があります。

我慢できない痛みに感じる方もいらっしゃいますので、針の痛みが苦手な人は麻酔の使用を検討しましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは麻酔も用意しているため、痛みが不安でポテンツァを諦めている方も一度ご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァの痛みを緩和するための対処法

ポテンツァの痛みを緩和するための対処法

ポテンツァの痛みを緩和する対処法として、以下の方法を試すのも手段の1つです。

ポテンツァの痛みを緩和するための対処法
  • 照射の熱量や針を刺すスピードを調整してもらう
  • 麻酔を追加してもらう
  • 針のないダイヤモンドチップを選択する

施術への不安を軽減するためにも、各ポイントをしっかり押さえておきましょう。

照射の熱量や針を刺すスピードを調整してもらう

ポテンツァは患者様のお悩みや肌の状態に合わせ、照射の熱量を調節できる施術です。

経験豊富な医師を探すことで効率的な効果を期待できるだけでなく、痛みの強さに合わせて出力を下げてもらえるため、より施術が受けやすくなるでしょう。

また、素早く針を刺すよりも、ゆっくりと刺す方が刺激が少なく済む傾向にあります。

こちらも医師との相談によって決められるため、痛みの度合いや不安な点は包み隠さずに話し、自分に合った施術を受けることが大切です。

麻酔を追加してもらう

クリニックによっては痛みを抑えるクリーム麻酔や、不安を和らげる笑気麻酔に対応しているところもあります

必要に応じて麻酔を追加し、痛みによる刺激を最小限に抑えてもらいましょう。

麻酔代がコースに含まれている場合もあれば、別料金が発生する場合もあるため、事前のカウンセリングで確認しておくことをおすすめします。

針のないダイヤモンドチップを選択する

針の痛みが苦手という人は、針なしのダイアモンドチップを選択できるか医師に相談しましょう。

「針を刺さないと効果が薄れるのでは?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、アプローチ方法が異なるだけで効果は期待できます。

また、肌への負担もほとんどないため、ダウンタイムが短く済むのもダイアモンドチップのメリットです。

片岡院長

当院でもダイアモンドチップはご用意しておりますので、施術時の痛みが不安な方もご気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァのダウンタイム中の痛み

ポテンツァのダウンタイム中の痛み

続いて、ポテンツァのダウンタイム中に感じることのある痛みについて見ていきましょう。

ダウンタイムが短いことでも人気のポテンツァですが、実際には数日の間にさまざまな症状が現れます。

そのうち「痛み」は多くの患者様が感じる症状のため、事前に知っておくだけでも心の準備ができるでしょう。

ポテンツァのダウンタイム中の痛み
  • ヒリヒリとした痛み
  • 代謝が上がると痛みが増す可能性がある
  • 施術後の痛みは数日で治まる傾向にある

ポテンツァのダウンタイムについてはこちらの記事でも詳しく紹介しているので、合わせてご覧になってみてください。

あわせて読みたい

ヒリヒリとした痛み

ポテンツァの施術後に痛みが出る場合、ヒリヒリとしたわずかな痛みが起こる可能性があります。

同時に火照ったような感覚が残る方もいるため、冷たいタオルなどで冷やしながら様子を見ることをおすすめします。

痛みが1週間以上続く場合や、日にちが経過しても軽減されない場合は、一度医師へ相談する必要があります。

代謝が上がると痛みが増す可能性がある

ポテンツァの施術後は、血行を促進する行動をとってはいけません

腫れや赤みなどの症状が強くなりやすいほか、ヒリヒリとした痛みも増す可能性があります。

具体的には、湯船での入浴や激しい運動・飲酒などが当てはまります

施術後の禁忌事項については帰宅前に必ず確認し、不明点がない状態でクリニックを出るようにしましょう。

施術後の痛みは数日で治まる傾向にある

ポテンツァの痛みは多くの場合で2日から3日程度、長くても1週間程度で治まるでしょう。

これ以上続く痛みはどこかに異常がある可能性もあり、自己診断ではなく医師へ相談することをおすすめします。

数日中に今まではなかった症状が現れる場合も同様で、傷のある部分で細菌感染を起こし膿んでしまう可能性もゼロではありません

新たなトラブルを招くリスクも高いため、必ず肌の状態を診てもらいましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、施術後の過ごし方についても詳しくお伝えしております。ダウンタイム中の不安な点はいつでもお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァのダウンタイム中の痛みを抑えるケア方法

ポテンツァのダウンタイム中の痛みを抑えるケア方法

ポテンツァの痛みは耐えられるレベルであることが多いものの、一部では施術が苦痛に感じてしまう方もいます。

ダウンタイム中の痛みに対しどう対処すべきなのかを知っておくだけでも、施術への不安を軽減し、安心して臨めるでしょう。

ポテンツァのダウンタイム中の痛みを抑えるケア方法
  • 肌に摩擦による刺激を与えない
  • 紫外線対策や保湿ケアを十分に行う

施術を検討している人は、以下の内容をしっかり押さえておきましょう。

肌に摩擦による刺激を与えない

ポテンツァの施術を受けた後は、肌が非常にデリケートな状態となります。

洗顔やクレンジング・メイク時などに摩擦を与えてしまうと、ヒリヒリとした痛みが強くなったり、痛みがいつまでも引かなかったりとさまざまなトラブルが起こりやすくなる恐れがあります。。

スクラブやフェイスパック、刺激が強い美容液などのスペシャルケアは避け、敏感肌でも使えるような優しいアイテムを選びましょう。

メイク用品もお湯で落ちるものを使うなど、落とす際の負担を減らすことが大切です

紫外線対策や保湿ケアを十分に行う

ポテンツァを受けた後の肌は、摩擦だけでなく紫外線や乾燥にも弱い状態です。

普段よりも紫外線対策・乾燥対策を万全に行い、新たな肌トラブルを防ぎましょう。

紫外線対策を行う場合、外出時間が長くなるほど塗り直しの必要が出てきます。

どこかに出かける際は汗や水に強いものを使ったり、SPF値・PA値の高いものを選んだりと、少しでも長持ちする日焼け止めを使うと良いでしょう。

また日焼け止めだけでなく、日傘やUVカット効果のある衣類を身に着けることも大切です。

片岡院長

ラムールクリニックでは患者様一人ひとりにしっかりとカウンセリング時間を設け、不明点や不安なことを解消するお手伝いをさせていただきます。まずは下記のボタンから、お気軽にカウンセリングへお申し込みください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァの痛みに関するQ&A

ポテンツァの痛みに関するQ&A

当院のポテンツァ施術に関し、患者様からいただくことの多いご質問に回答いたします。

ポテンツァの痛みに関するQ&A
  • ポテンツァの種類によって痛みは変わりますか?
  • ポテンツァの施術後の症状には痛み以外に何がありますか?
  • ポテンツァと脱毛はどっちが痛いですか?
  • ポテンツァは麻酔なしでも受けられますか?

事前に施術に対する知識を深めるためにも、回答までしっかりと確認しておきましょう。

ポテンツァの種類によって痛みは変わりますか?

今回紹介したもの以外にも、ポテンツァにはさまざまな種類のチップがあります。

クリニックによって導入しているチップに違いがありますが、中でも肌の奥深くに作用するものは痛みが強く出やすい傾向にあります。

ラムールクリニックで受けられるマイクロニードルRFとダイヤモンドチップでいえば、マイクロニードルRFの方が痛みを感じやすい施術です。

施術内容に合わせて、麻酔の使用も視野に入れながらプランを組むと良いでしょう

ポテンツァの施術後の症状には痛み以外に何がありますか?

ポテンツァのダウンタイムでは、痛みのほかに以下のような症状が見られる場合があります。

ポテンツァの施術後の症状
  • 赤み
  • 腫れ
  • 内出血
  • かさぶた
  • 色素沈着

これらのうち、赤みや腫れ・かさぶたなどは1週間程度で軽快することが多いでしょう。

内出血が起こったときには、完全に元の肌へ戻るまで2週間ほど時間がかかる可能性があります

また、稀に起こる色素沈着は、長い場合で半年ほど見られることがあり注意が必要です。

色素沈着を起こさないため、肌への刺激は最小限に抑え、かさぶたを剥がしたり肌を擦ったりすることのないように過ごしましょう。

ポテンツァと脱毛はどっちが痛いですか?

ポテンツァと医療脱毛の痛さを比較しても、感じ方には個人差があります。

ただし、瞬間的な痛みの強さは医療脱毛の方が上回るという声も多数聞かれます。

苦手な痛みのタイプも人それぞれで、一概にどちらが痛いというのは言い切れません。

もし、施術中の痛みが不安な方は、事前に医師へ相談しましょう。

ポテンツァは麻酔なしでも受けられますか?

ポテンツァは、麻酔なしでも施術は受けられます。

ダイアモンドチップは針がなく痛みをほとんど感じないため、麻酔を使用しない方もいらっしゃいます。

しかし、痛みを我慢して施術を受けるのは継続も難しくなるため、無理せず痛みを感じた場合は医師へ相談してください。

片岡院長

当院でも麻酔のご用意はありますので、痛みを懸念している人はご気軽にご相談ください。

【まとめ】ポテンツァの痛みを感じる原因と対処法

【まとめ】ポテンツァの痛みを感じる原因と対処法

今回はポテンツァの痛みを感じる理由や、痛みを緩和するための対策などをご紹介しました

痛みの度合いは患者様によって異なるものの、強すぎる痛みを我慢したり、長引く痛みを放置したりするのは良くありません。

気になる点がある場合はなるべく早くクリニックへ相談し、対処法などの判断を仰ぎましょう。

当院のポテンツァの詳細ページでは、ポテンツァの施術に関してさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

ラムールクリニックでは施術のメリットだけでなく、痛みやダウンタイムなどのリスクも含めて丁寧にご説明させていただきます

片岡院長

ラムールクリニックでのポテンツァが気になる方は、ぜひWEBやお電話からお気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次