ポテンツァのダウンタイムは何が起こる?|過ごし方や肌ケアポイントを紹介

ポテンツァのダウンタイムは何が起こる?|過ごし方や肌ケアポイントを紹介

シワやニキビ・毛穴の開きなどさまざまな肌トラブルに効果が期待できる「ポテンツァ」。

痛みが少なく施術時間も短く済む傾向にある施術ですが、施術後はダウンタイムの症状に注意しなければなりません。

今回はそんなポテンツァのダウンタイムでは一体何が起こるのか、可能性の高い症状についてご紹介します

肌がデリケートになるダウンタイム中をどう過ごすべきか、肌ケアのポイントについても確認していきましょう。

この記事の執筆者

片岡 紘士
片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士
片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ポテンツァとは?

ポテンツァとは?

ポテンツァは大きく分けて、下記の2種類に分類されます。

ポテンツァの種類
  • マイクロニードルRF
  • マイクロニードル

それぞれで異なるメリットが期待できるため、詳細を以下で説明していきます。

マイクロニードルRF

マイクロニードルRFは、マイクロニードルと呼ばれるごく小さな針で肌に穴を開け、先端から高周波を照射する施術です。

肌の内部には小さな傷がつき、その傷が治る過程で健康な細胞の生成が促進されるため、シワ・ニキビ・毛穴の目立ち・シミ・肝斑・ニキビ痕などさまざまな肌トラブルの軽減が期待できます。

「ポンピングチップ」と呼ばれるチップを使えば、真皮層まで薬剤を押し込み、根深いクレーター状のニキビ痕なども軽減を目指せるでしょう。

ダイアモンドチップ

ポテンツァ ダイアモンドチップ

ダイアモンドチップは、マイクロニードルを使わず肌に穴を開けない施術です。

深い層にアプローチする「モノポーラ」と浅い層にアプローチする「バイポーラ」を交互に照射することで、幅広い層に対し効率的に熱を加えることが可能です。

熱を加えることによって肌は引き締まり、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されるため、照射後もしばらく効果を実感しやすいでしょう。

毛穴の開きやたるみの軽減も目指せるため、幅広いお悩みを抱えている方にもおすすめです。

片岡院長

ラムールクリニックでは患者様のお悩みやご希望を伺い、最適な施術をご提案させていただきます。

気になることがありましたら、以下のリンクからお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァのダウンタイムの症状

ポテンツァのダウンタイムの症状

さまざまな美容医療の中でもダウンタイムが短い傾向にあるポテンツァですが、全く症状が現れないというわけではありません。

事前に起こりうる症状について知っておくことで、施術後も落ち着いて対処できるでしょう。

ポテンツァのダウンタイムの症状
  • 赤み
  • 腫れやむくみ
  • ヒリヒリとした痛み
  • 内出血
  • かさぶたによるザラザラ感

それぞれの症状について詳しくご紹介します。

赤み

ポテンツァは肌に熱を加える施術のため、施術後に赤みが出ることがありますが、およそ2日から3日程度、長い場合でも1週間程度で軽快する傾向にあります。

万が一何週間経っても赤みが引かない場合は、施術を受けたクリニックに相談しましょう

腫れやむくみ

肌内部に熱を加えることにより、腫れやむくみが強く出る場合があります。

肌の引き締め効果を狙ってポテンツァを受けたにもかかわらず、一時的に施術前よりもふっくらとして見える可能性もゼロではありません。

腫れやむくみといった症状も長くて1週間ほどで軽快することが多いため、メイクやマスクなどで隠しながら生活すると良いでしょう。

ヒリヒリとした痛み

施術中からほとんど痛みを感じない方もいれば、施術後もヒリヒリとした痛みが続く方もいます。

ポテンツァに搭載されているマイクロニードルはごく小さな針ですが、肌に穴を開けていることには変わりないため、場合によっては痛みを感じる可能性があることを覚えておきましょう。

こちらも2日から3日程度、長くても1週間ほどで治まる傾向にあります。

痛みが気になるからといって必要以上に肌を触ったり、紫外線対策を十分に行わずに過ごしたりすると、痛みが長引きやすいため注意が必要です。

内出血

肌に微細な傷がつくポテンツァの施術は、内出血を起こす可能性があります。

どこかに身体をぶつけたときの内出血と同じく、青や紫色に変化し、その後黄色っぽい色へ変わって元の状態へと戻っていきます

ポテンツァで見られるダウンタイムの中でも目立ちやすい症状のため、コンシーラーなどでカバーするか、マスクをつけて生活すると良いでしょう。

こちらは完全に元の状態に戻るまで、1週間から2週間ほどと時間がかかりやすいのも特徴です。

かさぶたによるザラザラ感

ポテンツァのマイクロニードルによって開いた小さな穴はやがてかさぶたとなり、次第に傷が治っていきます。

小さな穴の一つひとつがかさぶたになるため、目で見ると気にならないレベルでも、触るとザラザラとした感触が残る場合があります。

手触りの変化だけでなく、メイクのノリが悪くなったり、かさぶたがはがれる際にかゆみを感じたりする可能性も考えられます。

こちらも気になるからといって必要以上に触らず、1週間程度は肌を十分に労わって過ごしましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは施術のリスクやダウンタイムについても詳しくご説明しております。気になる点がある方は、WEBやお電話からお気軽にお問い合せください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァのダウンタイムは1週間程度

ポテンツァのダウンタイムは1週間程度

上記の見出しでご紹介したように、ポテンツァのダウンタイムはおよそ1週間程度続くと考えて良いでしょう。

中には2日から3日程度で軽快する方や、そもそもダウンタイムの症状がまったく見られない方もいますが、どんな場合でも1週間程度は肌を労わりながら過ごすことが大切です。

また、内出血が起こると、本来の肌の色に戻るまで2週間程度かかる方もいます。

ダウンタイムは実際に起こってみなければ症状や期間が分からないため、大切な予定がある場合は2週間以上前に施術を受けることをおすすめします。

片岡院長

ポテンツァの効果がピークになるのは施術から1ヶ月~3ヶ月頃です。大切な予定がある方は、逆算して予約を入れると良いでしょう。

ポテンツァのダウンタイム中の経過と過ごし方

ポテンツァのダウンタイム中の経過と過ごし方

ポテンツァのダウンタイム中は、肌への刺激を最小限に抑え、労りながら過ごす必要があります。

施術を受けてからダウンタイムが終わるまでどのような経過をたどるのか、正しい過ごし方とともに確認しておきましょう。

ポテンツァのダウンタイム中の経過と過ごし方
  • 施術当日
  • 1~3日目
  • 4日目~1週間

ダウンタイムの1週間を3つのブロックに分け、それぞれの経過についてご紹介します。

施術当日

ポテンツァを受けた当日は、肌がもっともデリケートな状態です。

施術後から12時間を過ぎるまでは感染のリスクが高いため、入浴や洗顔を避けておきましょう

入浴時は血行を促進しないよう、ぬるめのシャワーで済ませておくことが大切です。

また、赤みや腫れを隠すためのメイクは翌日以降可能となります

当日はマスクを持参して顔をカバーするのに加え、日傘や帽子などで紫外線対策を万全に行いましょう。

1〜3日目

施術後1日から3日程度は、これまでご紹介したダウンタイムの症状がもっとも出やすいタイミングです。

赤みやヒリヒリとした痛み・腫れなどが強い場合は、決して肌をこすらず冷たいタオルなどで冷やしましょう

いずれの症状も安静にしている限りは耐えられるレベルであることが多いものの、万が一強すぎる場合は再度来院が必要です。

メイクは翌日から可能ですが、できるだけ刺激が弱く、洗顔時に落とす手間の少ないものを選ぶのがおすすめです。

4日目〜1週間

3日目までに見られた症状が落ち着き始め、次第に気にならなくなる時期です。

この時期を過ぎてもなお症状が落ち着かない場合は、必ず施術を担当したクリニックに相談しましょう。

耐え難い痛みなどを我慢してしまうと、傷が膿んでしまったり、シミとなって残ってしまったりする場合があります。

ダウンタイムが終了しても徹底した紫外線対策を続け、新たなトラブルを防ぐために工夫することも大切です。

片岡院長

ラムールクリニックではダウンタイム中の過ごし方についても詳しくご説明いたします。不明な点はいつでもお気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

ポテンツァのダウンタイム中の肌ケアポイント

ポテンツァのダウンタイム中の肌ケアポイント

ポテンツァのダウンタイムを必要以上に長引かせないためには、帰宅後の正しいケアが必要不可欠です。

ポテンツァのダウンタイム中の肌ケアポイント
  • 施術部位に刺激を与えない
  • 血流が促進する行為を控える
  • 紫外線対策・保湿ケアを徹底する

それぞれのポイントについて詳しくご紹介します。

施術部位に刺激を与えない

ポテンツァを受けた後の肌は、普段と比べてデリケートであり、刺激によるトラブルが起こりやすいのが特徴です。

効果を気にして肌に触れたり、ゴシゴシと洗顔をしたりすることのないように心がけましょう。

肌に触れないよう注意するだけでなく、顔の産毛をケアするためにカミソリを使ったり、スクラブやフェイスパックなどのスペシャルケアを行ったりするのも良くありません

これらのケアはダウンタイムが完全に終わるまで待ち、少なくとも2週間程度はお休みすることをおすすめします。

血流が促進する行為を控える

ポテンツァの施術後に血行が良くなると、赤みや腫れといった症状が強くなりやすいため注意が必要です。

高温でのシャワーや湯船に浸かるのは避け、ぬるめのシャワーで済ませましょう。

さらに汗をかくほどの激しい運動や飲酒も血行を促進する行動の一つです

エステサロンなどで受けるマッサージはもちろん、セルフケアでのマッサージも血行を促進しやすいため避けましょう。

紫外線対策・保湿ケアを徹底する

施術後に敏感な状態となった肌は、紫外線によるダメージを受けやすい状態です。

ダウンタイムの症状が強まりやすいのに加え、シミ・シワ・ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるでしょう。

外出時はもちろん、部屋の中にいても紫外線対策を万全に行うことが大切です。

ポテンツァの施術を機に徹底した紫外線対策を習慣化し、季節や場所に関わらず日焼け止めをつけておくことをおすすめします。

また、ポテンツァによって熱を加えた肌は非常に乾燥しやすく、乾燥した状態が続くこともさまざまな肌トラブルに繋がりやすくなります。

刺激が弱く保湿重視のスキンケアを使い、肌のバリア機能が失われないように注意して過ごしましょう。

片岡院長

日焼けをした状態では、ポテンツァだけでなくさまざまな美容医療が受けられなくなってしまいます。日頃から紫外線対策を万全に行うことで、トラブルを防ぐだけでなく、いつでも希望の施術を受けられるでしょう。

ポテンツァに関してよくある質問

ポテンツァに関してよくある質問

ポテンツァに関して患者様からいただくことの多いご質問に回答いたします。

ポテンツァに関してよくある質問
  • ポテンツァはニキビがあってもできますか?
  • ポテンツァは初回より2回目の方が痛みますか?
  • ポテンツァの施術間隔の目安はどのくらいですか?
  • ポテンツァのダウンタイム中に他の施術は受けられますか?

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

ポテンツァはニキビがあってもできますか?

ポテンツァには「アクネチップ」と呼ばれる機能があり、ニキビそのものに対し熱を加えることで改善を目指せます。

現在悩んでいるニキビがある方もお気軽にご相談ください。

ニキビは皮脂腺内でアクネ菌が増殖することで発生しますが、ポテンツァで皮脂腺を破壊することで、ニキビの改善とともに今後ニキビができにくい状態を目指せるのが特徴です。

一回の施術で破壊しきれない皮脂腺もあるため、複数回施術を受けて理想の状態を目指すのがおすすめです。

ポテンツァは初回より2回目の方が痛みますか?

ポテンツァは1回の施術内で同じ場所に何度か針を刺します。

このとき、初回に比べ2回目・3回目の方が痛みを強く感じる傾向にありますが、これは初回で加えた熱が肌の内部に残って、回数を重ねれば重ねるほど熱が高まってしまう影響によるものです。

耐えられるレベルの痛みであることがほとんどですが、万が一耐え難い場合はその都度医師に相談しましょう。

片岡院長

個人差もあるため、当院で施術を検討している方はカウンセリングでご相談ください。

ポテンツァの施術間隔の目安はどのくらいですか?

ポテンツァの施術は、およそ1ヶ月から3ヶ月ごとに継続して受けることをおすすめします。

具体的な間隔はお悩みの内容や肌の状態によって異なるため、施術時に医師と相談すると良いでしょう。

最初のうちは1ヶ月ごとに施術を受けていても、回数を重ねるにつれて3ヶ月ごとや半年ごとなどと間隔を空けられるようになります

ポテンツァのダウンタイム中に他の施術は受けられますか?

ポテンツァのダウンタイム中は肌が非常にデリケートであるため、肌に負担のかかる美容医療を重ねて受けることはできません

たとえダウンタイムの症状が全く現れなかった場合であっても、次の施術は1ヶ月程度空けてから行うと良いでしょう。

クリニックによっては、ヒアルロン酸などの注入治療であれば受けられたり、施術部位をずらすことで対応できたりする場合もあります

必ず施術を受けたクリニックで相談するか、別の院に行く際もポテンツァを受けていることをしっかりと伝えることが大切です。

【まとめ】ポテンツァのダウンタイムの症状・期間

【まとめ】ポテンツァのダウンタイムの症状・期間

今回はポテンツァのダウンタイムについて、起こりやすい症状や適切な過ごし方などをご紹介しました

ポテンツァの施術後は肌がデリケートな状態になるため、保湿を中心とした刺激の少ないケアが必要不可欠です。

さらには徹底した紫外線対策を行い、肌を労わるとともに新たなトラブルを防ぐよう心掛けましょう。

当院のポテンツァの詳細ページでは、ポテンツァの施術に関してさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

ラムールクリニックでは初めての方でも納得した上でポテンツァを受けられるよう、丁寧なカウンセリングを行った後に施術をご提案しています。

片岡院長

ラムールクリニックでの施術をご希望の方は、WEBやお電話からお気軽にカウンセリングへお申し込みください。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ (営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより順次返信させていただきます。

ご予約・お問い合わせ

お電話でお問い合わせ 
(営業時間 / 10:00~21:00)
ご質問はお問い合わせフォームより
順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次