脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いは?|ダウンタイムの違いやおすすめする人の特徴とは?

脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いはなに?|メリットやデメリット・注意点を解説

傷跡が目立ちにくく即効性の高さを期待できる施術「脂肪吸引注射」。

「脂肪吸引は聞いたことがあるけど脂肪吸引注射との違いが分かりにくい」なんて人もいるのではないでしょうか。

本記事では、脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いや、それぞれの施術でおすすめする人の特徴について解説します。

脂肪吸引注射と脂肪吸引で迷われている方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

脂肪吸引注射と脂肪吸引の違い

脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いについて、以下の3つの観点から解説します。

脂肪吸引注射と脂肪吸引の違い
  • 施術方法
  • ダウンタイム
  • 値段

それぞれの観点で、脂肪吸引注射と脂肪吸引で違いがあるため、確認していきましょう。

施術方法

脂肪吸引注射と脂肪吸引は名前が似ていますが、施術方法自体は全く異なります

お客様それぞれに合った施術方法を選択できるように、2種類の施術方法への理解を深めていきましょう。

脂肪吸引注射とは

脂肪吸引注射とは、細い注射器を使用して皮下脂肪を吸い出す施術です。

直接脂肪を抽出するため、1回の施術で効果が実感できる可能性があります。

頬や顎下、二の腕などの部分痩せの効果が期待できます。

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、メスで皮膚を切開したうえで吸引管を使用して皮下脂肪を吸い出す施術です。

直接脂肪細胞を吸い出して脂肪細胞数を減らすため、短期間でのサイズダウンやリバウンドしにくい効果を期待できる特徴があります。

主に、メスで切開しない「脂肪吸引注射」と、メスで切開する「脂肪吸引」という違いがあります。

脂肪吸引注射と脂肪吸引はともに、直接脂肪細胞を抽出して脂肪細胞を吸引する施術です。そのため、短期間でのサイズダウンやリバウンドをしにくくなる効果を期待できます。

それぞれのメリットやデメリットなどを加味した上で、施術方法を選択することが重要といえるでしょう。

片岡院長

それぞれのメリットやデメリットなどを加味したうえで、施術方法を選択することが重要です。

ダウンタイム

脂肪吸引のダウンタイムは、一般的に筋肉痛のような痛みや内出血、強い腫れなどが2〜3週間ほど続きます。また、希望する身体の状態が完成するまでに6ヶ月近く時間がかかる施術となります。

一方、脂肪吸引注射の場合、ダウンタイムであざや腫れなどの症状が現れる場合もありますが、脂肪吸引と比べて期間は短く、症状も軽いと言われています。

値段

脂肪吸引注射と脂肪吸引の費用相場は、クリニックや使用する薬剤によって料金に差が出ます。

身体の場合手のひら1枚分で2〜3万円程度、お顔の場合は手のひら1枚分で3〜6万円程度を目安としておくと良いでしょう。

また、基本的に脂肪吸引の方が、脂肪吸引注射より値段が高いといえます。

クリニックによっても料金の差は大きいため、一度施術を検討しているクリニックに問い合わせてみましょう。

片岡院長

当院では、脂肪吸引注射だけでも数種類のプランをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

脂肪吸引注射の
メリット・デメリット

脂肪吸引注射のメリット・デメリットについて、それぞれ解説していきます。

「脂肪吸引のメリット・デメリット」についても解説していきますので、比較して検討してみてください。

メリット

脂肪吸引注射のメリットは、切開の必要がないことです。

脂肪の抽出に切開が必要がないため、傷跡が目立つ心配も少なくなります。また、皮膚をメスで傷つけないため、ダウンタイムが比較的短いこともメリットのひとつです。

注射器で施術を行うことから細かな部位にも対応しており、施術時間も短いことも特徴として挙げられます。

デメリット

脂肪吸引注射のデメリットは、脂肪吸引より変化率が小さく複数回通わなければいけない可能性があることです。

脂肪吸引注射は細い注射器で施術を行うため、1回で施術できる範囲が限られます。ダウンタイムが短いことから間隔を開ければ複数回通うことはできますが、その分費用がかさんでしまう恐れがあります

また、脂肪層の深い部位にはアプローチできないことから、痩せたい部位の脂肪を全て無くしたいと考えている方にも不向きな施術です。

しかし、患者様の状態によっては、通う回数を少なく施術を完了できる場合もあるため、まずは医師に相談してみてください。

片岡院長

当院で施術ご希望の方には、お客様のお話を聞いて丁寧に説明しています。疑問点やご不明点等ございましたらお気軽にご相談くださいませ。

脂肪吸引の
メリット・デメリット

脂肪吸引のメリット・デメリットについて、それぞれ解説していきます。

メリット

脂肪吸引のメリットは、脂肪吸引注射よりも確実な効果を期待しやすいことです。

脂肪吸引では広範囲の脂肪を吸引できることから、脂肪除去率が高く効果を感じやすい特徴があります。

また、通常のダイエットで叶えられなかった「部分痩せ」も可能であるため、通常のダイエットで部分痩せが叶えられず、お悩みの方にもおすすめの施術です。

デメリット

脂肪吸引のデメリットは、施術後の一定期間に内出血やむくみ等のダウンタイムが出やすい点です。

脂肪吸引は、切開が必要な施術で完成するまでに半年程度の期間がかかる場合もあるため、ダウンタイムが長引くリスクがあります。

近年では性能が向上した機器が多く登場しており、ダウンタイムも少なくなっていますが、ダウンタイムが長引くリスクがあることは事前に把握しておくことが大切です。

片岡院長

ダウンタイムを長引かせないためにも血行の流れを促す行動を避けること、安静に過ごすことを意識しましょう。

脂肪吸引注射の注意点

脂肪吸引注射の注意点を一覧にすると、以下の通りです。

脂肪吸引注射の注意点
  • 皮膚がたるむ可能性がある
  • 複数回の施術によって費用がかさむ可能性がある
  • 将来老けて見えるようになる可能性がある

それぞれの注意点について、ひとつずつ解説していきます。

皮膚がたるむ可能性がある

脂肪吸引注射は、人によってはたるみが目立ってしまうケースがあります

元々シワやたるみがある方は、脂肪を取り除けるものの、たるんだ皮膚を切除できるわけではないので注意が必要です。

ただし、シワやたるみにお悩みの方でも、他の施術と組み合わせたりすることで脂肪吸引注射を行える場合もありますので、まずはクリニックで医師に相談してみましょう。

ラムールクリニックでは、お客様のお話を丁寧に伺い、お一人お一人に合った施術プランをご提案しております。

片岡院長

当院では、お客様のお身体も実際に確認して施術内容をご提案いたします。ご自身の状態を気にし過ぎずにお気軽に相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

複数回の施術によって費用がかさむ可能性がある

脂肪吸引注射は、細い注射器で施術を行うことから、複数回通わなければならない場合があります。

1回の費用は脂肪吸引より安く済みますが、回数が重なるほど費用がかさんでしまいます

患者様自身で予算を決めた上で施術回数を決定することが大切です。

将来老けて見えるようになる可能性がある

脂肪吸引注射で適切な施術を行わないと、将来老けて見えるようになる可能性があります

歳を取るにつれ、顔の脂肪量は減少していくことから、脂肪吸引注射で多量の脂肪を除去してしまうと年齢を重ねた時に頬がコケて見えてしまう可能性があります。

脂肪吸引注射では脂肪細胞そのものを吸引することから、一度吸引した脂肪細胞は元に戻りません

そのため、医師による適切な施術計画や、デザイン設定が重要だと言えるでしょう。

片岡院長

脂肪吸引注射で失敗のリスクを減らすためにも、信頼できるクリニックで医師との情報共有をしっかり行なってから施術に進みましょう。

脂肪吸引の注意点

脂肪吸引の注意点を一覧にすると、以下の通りです。

脂肪吸引注射の注意点
  • 施術後にダウンタイムがある
  • 内臓脂肪は吸引できない
  • 傷跡が目立つ可能性がある

それぞれの注意点について、一つずつ解説していきます。

施術後にダウンタイムがある

デメリットでも挙げたように、脂肪吸引は施術後の一定期間に内出血やむくみ等のダウンタイムが出やすい施術です。

脂肪吸引は切開が必要な施術で完成するまでに半年程度の期間がかかる場合もあるため、ダウンタイムが長引くリスクがあります。

ダウンタイムを長引かせないためにも安静にするほか、以下の血行の流れを促す行動は避けるようにしましょう。

脂肪吸引のダウンタイムに避けるべき行動
  • 多量の飲酒
  • サウナや長時間の入浴
  • ジョギングや筋トレなどの大量に汗をかく運動

内臓脂肪は吸引できない

人の脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、脂肪吸引で対応できるのは「皮下脂肪のみ」です。

そのため、ぽっこりお腹でお悩みの方で根本的な原因が内臓脂肪の多さである場合、脂肪吸引による痩身効果を実感しにくくなります。

脂肪吸引で除去できない内臓脂肪は、食生活の改善や運動といったセルフケアで減らすしかありません。

ただし、お腹の脂肪が気になる方の中には、内臓脂肪だけでなく、皮下脂肪も付いている場合があります。

皮下脂肪であれば脂肪吸引で除去できるため、まずは医師に確認してみることが大切です。

傷跡が目立つ可能性がある

脂肪吸引の施術では、カニューレと呼ばれる吸引管を挿入して脂肪を吸引します。カニューレを挿入する部分は小さく切開するため、一時的に傷跡が残ります

この傷跡が消えるまでにかかる時間には個人差があり、数ヶ月で綺麗に無くなる方もいれば、色素沈着を起こしてうっすらシミのような形で残ってしまう方もいます

お腹の脂肪吸引を受けた後に複数の傷跡が残ってしまった場合もあるため、デメリットと言えるでしょう。

片岡院長

傷跡が残るリスクを減らすためにも、入念なアフターケアを心がけましょう。

結局は脂肪吸引注射と脂肪吸引
どっちがいいの?

上記の項目で「脂肪吸引注射」と「脂肪吸引」それぞれの詳細について解説してきましたが、結局のところどちらの方が良いのか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで、脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いについて以下に表でまとめました。

脂肪吸引注射脂肪吸引
特徴細い注射器を使用して皮下脂肪を吸引する施術。メスで皮膚を切開後に吸引管を使用して皮下脂肪を吸引する施術。
メリット・切開の必要がない。
・ダウンタイムが短い。
・細かい部位にも対応。
・施術時間も短い。
・広範囲の脂肪が除去できる。
・部分痩せがしやすい。
・脂肪吸引注射より効果を実感しやすい。
・深い脂肪層まで吸引しやすい。
デメリット・脂肪吸引より変化率が小さい。
・複数回通わないといけない。
・注射器が入らない深い部位の脂肪に不向き。
・メスによる切開がある。
・ダウンタイムが出やすい。
・ダウンタイムが長引く恐れもあり。
注意点・複数回通って費用がかさむ可能性がある。
・将来老けて見える可能性がある。
・施術後にダウンタイムがある。
・内臓脂肪は吸引できない。
・傷跡が目立つ可能性がある。
スクロールできます
脂肪吸引注射脂肪吸引
特徴細い注射器を使用して
皮下脂肪を吸引する施術。
メスで皮膚を切開後に吸引管を使用して
皮下脂肪を吸引する施術。
メリット・切開の必要がない。
・ダウンタイムが短い。
・細かい部位にも対応。
・施術時間も短い。
・広範囲の脂肪が除去できる。
・部分痩せがしやすい。
・脂肪吸引注射より効果を実感しやすい。
・深い脂肪層まで吸引しやすい。
デメリット・脂肪吸引より変化率が小さい。
・複数回通わないといけない。
・注射器が入らない深い部位の脂肪には不向き。
・メスによる切開がある。
・ダウンタイムが出やすい。
・ダウンタイムが長引く恐れもあり。
注意点・複数回通って費用がかさむ可能性がある。
・将来老けて見える可能性がある。
・施術後にダウンタイムがある。
・内臓脂肪は吸引できない。
・傷跡が目立つ可能性がある。

名前は似ていますが施術方法が異なる施術です。それぞれの施術方法の違いをしっかりと理解したうえで、ご自身の悩みや現在の体格などから選択するようにしましょう。

ご自身でどちらが良いか判断が難しい方は、クリニックでカウンセリングを受けて、医師から助言を貰って判断するのも一つの手です。

なお、脂肪吸引注射と脂肪吸引でそれぞれの施術をおすすめする人の特徴を次の項目で解説しますので、ぜひご参考ください。

脂肪吸引注射を
おすすめする人の特徴

脂肪吸引注射をおすすめする人の特徴

脂肪吸引注射の施術をおすすめする人の特徴は、以下の通りです。

脂肪吸引注射をおすすめする人
  • 皮膚にメスを入れたくない方
  • 細かい部位の施術を受けたい方

それぞれの詳細について解説していきます。

ダウンタイムを取ることが難しい方

脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いで説明したように、脂肪吸引注射は「メスを使わず切開なし」、脂肪吸引は「メスを使用するため切開あり」といったことが特徴の違いです。脂肪吸引注射ではメスを使わないことから、以下のようなメリットが挙げられます。

メスを使わないメリット
  • 傷跡が目立ちにくい。
  • ダウンタイムの期間・症状が軽い傾向にある。
  • 圧迫固定の必要がない。

上記のようなメリットがあることから、ダウンタイムが重く長引いてしまうのが気になる方や施術の傷跡を極力目立たなくさせたい方、周りの人に施術を受けたことがバレたくない方にとって、脂肪吸引注射がおすすめと言えるでしょう。

いきなり脂肪吸引をするのが怖い方

前項目で解説したように、脂肪吸引注射は脂肪吸引よりもダウンタイムを気にせず施術を受けることができる傾向にあります。そのため、仕事を長期間休む必要が少なく手軽に施術に臨むことが期待できるでしょう。

また、脂肪吸引よりも一回の施術あたりの費用も安価な傾向にあります。

これらのことから、いきなり脂肪吸引の施術を受けるのが怖い方にとっておすすめの施術です。

脂肪吸引を
おすすめする人の特徴

脂肪吸引をおすすめする人の特徴

脂肪吸引の施術をおすすめする人の特徴は、以下の通りです。

脂肪吸引をおすすめする人の特徴
  • 広範囲の脂肪を除去したい方
  • 一度の施術で効果を期待したい方

それぞれの詳細について解説していきます。

広範囲の脂肪を除去したい方

脂肪吸引では、脂肪吸引注射より太い脂肪を吸引する道具(カニューレ)を用いて施術を行うため、より広範囲の脂肪除去が期待できます

特に、太もも・腹部などの範囲が広く脂肪量も多い部位の施術を希望されている方は、脂肪吸引の施術をおすすめします。

一度の施術で効果を期待したい方

前項目で述べたように、脂肪吸引ではより広範囲の脂肪の除去が期待できるという特徴があります。

注射器を使用して施術を行う脂肪吸引注射では、吸引する部位が小さく設定されていることが多く、一度の施術で吸引できる脂肪量は脂肪吸引ほど多くありません。

そのため、脂肪吸引注射の一回あたりの施術費用が安いとしても、回数を重ねればトータルで脂肪吸引と同程度の費用がかかってしまう可能性も考えられます。

クリニックに何度も通うのが億劫で、一度の施術で効果を期待したい方にとって、脂肪吸引を選択するのがおすすめと言えるでしょう。

当院の「脂肪吸引注射」について

当院の「脂肪吸引注射」について

ラムールクリニックでは、下記部位の脂肪吸引注射の施術を受けることが可能です。

脂肪吸引注射 ラムールクリニック
片岡院長

脂肪吸引注射の施術を検討している方は、併せて当院の脂肪吸引注射の詳細ページをご覧ください。

なお、脂肪吸引注射の施術を当院で実際に受けた方の症例写真を、下記で掲載していますので、ご確認ください。

脂肪吸引注射の症例写真

脂肪吸引注射

脂肪吸引注射の症例

「カニューレ」と呼ばれる細い注射器で体内の脂肪細胞を吸引して、直接的に脂肪量を減らす施術です。

ダウンタイム筋肉痛のような痛み、内出血、むくみ
持続期間3〜6か月
価格55,000円 / 1部位
脂肪吸引注射

脂肪吸引注射の症例

「カニューレ」と呼ばれる細い注射器で体内の脂肪細胞を吸引して、直接的に脂肪量を減らす施術です。

ダウンタイム筋肉痛のような痛み、内出血、むくみ
持続期間3〜6か月
価格55,000円 / 1部位

脂肪吸引注射の症例

「カニューレ」と呼ばれる細い注射器で体内の脂肪細胞を吸引して、直接的に脂肪量を減らす施術です。

ダウンタイム筋肉痛のような痛み、内出血、むくみ
持続期間3〜6か月
価格55,000円 / 1部位

他の患者様の症例写真につきましても、当院の脂肪吸引注射の詳細ページで随時更新しています。

施術の概要や料金形態についても詳しく記載していますので、合わせてご覧ください。

【まとめ】
脂肪吸引注射と脂肪吸引の違い

今回は、脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いやそれぞれの施術のメリット・デメリット、注意点について解説しました。

脂肪吸引注射は切開の必要がなくダウンタイムが比較的短い一方、複数回通って費用がかさんでしまう可能性があります。

脂肪吸引注射と脂肪吸引それぞれのメリットやデメリットなどを加味したうえで、施術方法を選択することが重要でしょう。

ラムールクリニックでは、お客様のニーズや悩みをしっかりと伺い、最適な施術の提案を行っています。

片岡院長

ラムールクリニックで施術をご希望の方は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次