脂肪吸引注射のデメリット|失敗を避けるためのポイントも紹介

脂肪細胞を直接吸い取ることで、部分痩せや高い即効性を期待できる「脂肪吸引注射」。

ただし脂肪吸引注射には一定のデメリットもあり、施術を検討するにあたってはデメリットの内容やポイントを理解しておくことが重要です。

そこで本記事では、脂肪吸引注射のデメリットを紹介したうえで、脂肪吸引注射をおすすめする人・効果がないと感じやすい人の特徴について解説します。

脂肪吸引注射の施術を検討している方や迷われている方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

脂肪吸引注射のデメリット

脂肪吸引注射のデメリット

脂肪吸引注射のデメリットとしては、主に以下が挙げられます。

脂肪吸引注射のデメリット
  • 皮膚がたるむ可能性がある
  • 輪郭のバランスが悪くなる可能性がある
  • 脂肪が多い部位には効果が薄い可能性も
  • 将来老けて見えるようになる可能性がある
  • 一時的な痛みや腫れなどが起きる可能性がある

ここでは、上記それぞれのデメリットについて解説します。

皮膚がたるむ可能性がある

脂肪吸引注射のデメリットとしてまず挙げられるのが、皮膚がたるむ可能性があることです。

顔の脂肪を取り除いたとしても、皮膚はそのまま残ってしまいます。

皮膚を切除する施術ではないことから、脂肪吸引注射をした後に皮膚のたるみが目立ってしまうことがあるのです。

特にたるみやシワが気になる方は、一度医師に相談をして自分に合った施術を受けることが重要でしょう。

片岡院長

信頼できる医師にカウンセリングを受ければ問題ありませんので、当院で施術を希望の方はお気軽にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

輪郭のバランスが悪くなる可能性がある

脂肪吸引注射のデメリットとしては、顔全体のバランスが悪くなってしまうリスクも挙げられます。脂肪の吸引量をしっかりと計算して施術をしなくては、吸引しすぎることで輪郭が崩れてしまうのです。

健康的な美しさを感じさせるには、一定量の脂肪はついていることが望ましいと言えます。

特に経験が浅い医師や脂肪吸引注射の技術力が低い医師の場合は、脂肪を綺麗に減らせず美しい輪郭に仕上げられない可能性があるでしょう。

信頼できるクリニックで施術を受けることは、非常に大切だと言えます。

片岡院長

当院では、患者様のお顔の状態を実際に確認したうえで、適切な施術をご提供いたします。

脂肪が多い部位には効果が薄い可能性も

脂肪吸引注射の施術は、脂肪が多い部位には効果が薄い可能性があります。注射器で脂肪を吸引する施術であることから、1回あたりの吸引量には限界があるためです。

多くの脂肪を除去するためには複数回の施術が必要であり、複数回施術を受けても思うような効果を得られない可能性があるでしょう。

将来老けて見えるようになる可能性がある

脂肪吸引注射を適切に実施できないと、将来老けて見えるようになる可能性があります。加齢とともに顔の脂肪量は自然に減っていくことからあまり脂肪を除去しすぎると年齢を重ねた際に頬がこけて見えるようになってしまうのです。

脂肪吸引注射では脂肪細胞そのものを吸引することから、一度吸引した脂肪細胞は元に戻りません。脂肪細胞は、減ったとしても体内で新たに生み出されることがないためです。

そのため、医師によるしっかりとした計画やデザインが重要だと言えるでしょう。

一時的な痛みや腫れなどが起きる可能性がある

脂肪吸引注射の施術を受けると、ダウンタイムとして一時的な腫れや内出血などが発生する可能性があります

ただし脂肪吸引注射のダウンタイムは比較的少なく、通常は日常生活に支障をきたすほどの状態にはならないと言えるでしょう。

しかしダウンタイムの症状には個人差があることと、施術を受けるたびにダウンタイムが発生する点は理解しておく必要があります。

片岡院長

ダウンタイムの症状が強く出過ぎてしまった場合やどうしても心配な場合は、医師にご相談ください。

脂肪吸引注射のデメリットや失敗を避けるポイント

脂肪吸引注射のデメリットや失敗を避けるポイント

肪吸引注射のデメリットを避けるためのポイントとしては、主に以下が挙げられます。

脂肪吸引注射のデメリットを避けるためのポイント
  • 信頼できるクリニック(医師)を見つける
  • カウンセリングで不安な点をしっかりと相談する
  • クリニックのアフターフォロー体制をチェックする
  • 事前の情報収集をしっかりと行う
  • 他の痩身術を受ける

ここでは、上記それぞれについて解説します。

信頼できるクリニック(医師)を見つける

脂肪吸引注射のデメリットをできるだけ避ける方法としてまず挙げられるのが、信頼できるクリニック(医師)を見つけることです。輪郭バランスの悪化や皮膚のたるみなどは、信頼できる医師に施術を依頼することで十分に避けられます。

脂肪吸引注射の施術を適切に行うためには、注射箇所や薬剤の量などさまざまな面でハイレベルな知識・スキルが必要です。

各クリニックの医師の経歴や実績、口コミなどを確認して、できるだけ信頼できるクリニックを探すようにしましょう。

カウンセリングで不安な点をしっかりと相談する

カウンセリングを受けて不安な点や不明な点についてしっかり相談することも、脂肪吸引注射のデメリットを最小化するための重要なポイントだと言えます。

自分の理想像や気になっている点が医師にしっかりと伝わっていないと、正確な施術計画を立ててもらうことはできません。

またカウンセリングを受けた結果、脂肪吸引注射ではない他の施術が適切だと判断することもあり得るでしょう。

ラムールクリニックでは、お客様の意見を丁寧に聞いて最適な施術のご提案を行っております

片岡院長

ご不安に思われている点やご自身の理想像を、お気軽にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

クリニックのアフターフォロー体制をチェックする

クリニックのアフターフォロー体制をチェックすることも、重要な要素の1つだと言えます。施術後も医師が経過を確認してくれるのであれば、安心して施術を任せられるでしょう。

アフターフォローに力を入れているクリニックやいつでも相談しやすいクリニックであれば、脂肪吸引注射の施術を任せるには適しています。

事前の情報収集をしっかりと行う

脂肪吸引注射のデメリットを回避するためには、事前の情報収集をしっかりと行うことも大切です。脂肪吸引注射について一定の知識がないと、医師からの説明をなかなか理解できません。

またクリニックに関する情報も、ある程度収集しておくことが大切です。専門的な知識はもちろん必要ありませんが、基本的な情報収集は行っておきましょう。

片岡院長

当院ではお客様のお話を聞いて丁寧に説明していますので、分からないと感じたらお気軽にご相談ください。

他の痩身術を受ける

条件やご希望によっては、脂肪吸引注射ではなくその他の痩身術を選択することも考えられます。

脂肪吸引注射以外にも、以下のようにさまざまな痩身術を利用可能です。

脂肪吸引注射以外の顔の痩身術の例
  • 脂肪溶解注射
  • レーザー
  • エラボトックス
  • ハイフ
  • エラ切り など

どの施術が自分に適しているのかをご自身で判断することは難しいので、まずは医師に相談することが望ましいでしょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、お客様の話を丁寧に聞いて最適な施術をご提案しています。

当院の脂肪吸引注射の施術部位

脂肪吸引注射 ラムールクリニック

ラムールクリニックで施術できる部位は上記の5つになります。

なお、当院では施術前のカウンセリングで患者様の悩みを相談した後、施術内容について決めていきます。

片岡院長

注意が必要な点も説明させていただきますので、事前に不安や聞いておきたいことがある場合はご相談ください。

当院の脂肪吸引注射の詳細ページでは、脂肪吸引注射の概要や料金形態、症例写真などを掲載しておりますので合わせてご覧ください。

脂肪吸引注射をおすすめする人

脂肪吸引注射をおすすめする人

脂肪吸引注射をおすすめする方の特徴としては、主に以下が挙げられます。

脂肪吸引注射をおすすめする人
  • 顔が痩せにくい人
  • ダイエットが苦手な人
  • すぐに効果を出したい人

ここでは、上記それぞれについて解説します。

顔が痩せにくい人

脂肪吸引注射をおすすめする人としてまず挙げられるのが、顔が痩せにくい人です。頑張ってダイエットをしてもなかなか顔が痩せなくて悩んでいる方には、脂肪吸引注射は向いているでしょう。

脂肪吸引注射の施術を受けることで、顔の部分痩せが可能です。顔がどうしてもたるんでしまったり二重あごが気になったりしている方にとっても、脂肪吸引注射は適していると言えます。

ダイエットが苦手な人

ダイエットが苦手でどうしても顔痩せが上手くいかない方にも、脂肪吸引注射は向いていると言えます。脂肪吸引注射は脂肪細胞そのものを吸引して減らすことで痩身を目指す施術です。

そのため施術を受けた部位はリバウンドしにくくなり、一度は痩せられてもすぐにリバウンドしてしまう方にも、脂肪吸引注射は適した施術です。

すぐに効果を出したい人

痩身の効果をすぐに出したい人にも、脂肪吸引注射はおすすめできます。脂肪吸引注射の施術では、脂肪細胞自体を直接取り除くためです。

さまざまな方法を時間をかけて試していたのに効果が出なかったような方の場合、脂肪吸引注射で大きな効果を得られる可能性があるでしょう。

片岡院長

効果にはもちろん個人差があるので、詳しくはカウンセリングにて確認・説明させていただきます。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

脂肪吸引注射で効果がない人

脂肪吸引注射で効果がないと感じやすい人

脂肪吸引注射で効果がないと感じやすい方の特徴としては、主に以下が挙げられます。

脂肪吸引注射で効果がない人
  • 顔の脂肪が極端に少ない人
  • 顔の脂肪が極端に多い人
  • 顔の皮膚にたるみがある人

ここでは、上記それぞれについて解説します。

顔の脂肪が極端に少ない人

脂肪吸引注射があまり向いていない人としてはまず、顔の脂肪が極端に少ない人が挙げられます。脂肪が少ない状態で脂肪吸引注射を受けると、頬がこけて老けた印象になってしまうためです。

一度吸引した脂肪細胞は元に戻らないことから、元々顔の脂肪が少ない方はあまり適さないケースが多いと言えます。元々脂肪が少ないのに顔が大きいと感じるようであれば、脂肪以外が原因になっている可能性があるでしょう。

顔の脂肪が極端に多い人

顔の脂肪が極端に多い人に関しても、脂肪吸引注射の効果は感じにくいかもしれません。

脂肪吸引注射は注射器を使って脂肪を吸引することから、1回あたりの吸引量に限界があるためです。

脂肪が極端に多い方の場合は、別の施術方法を検討する方が良いでしょう。

片岡院長

ご自身の状態を気にし過ぎずに、まずはお気軽に相談してくださいね。一緒に、理想を叶える方法を見つけましょう。

顔の皮膚にたるみがある人

顔の皮膚に元からたるみがある人も効果を感じにくい恐れがあります。

前述の通り、脂肪吸引注射は皮膚を切除する施術ではないので、顔の脂肪を取り除いても皮膚はそのまま残ってしまいます。

ただし、糸リフトやハイフなどのたるみに効果的な施術と合わせて施術を進めていくことで、脂肪吸引注射の効果を期待できる場合もあります。

たるみがある方であっても医師に一度相談してみましょう。

脂肪吸引・脂肪溶解注射との違い

脂肪を除去する施術は脂肪吸引注射のほかに、「脂肪吸引」と「脂肪溶解注射」があります。よく比較される施術ですが、詳しく見てみるとさまざまな違いがあります。

脂肪吸引注射と、脂肪吸引・脂肪溶解注射との違いをまとめると以下の通りです。

スクロールできます
 脂肪吸引注射脂肪吸引脂肪溶解注射
特徴細い注射器で脂肪を吸引する。メスで切開した部分から、カニューレと呼ばれる細い管を挿入して脂肪を取り除く。細い注射器で脂肪を溶かす作用のある薬剤を注入する。
メリット・メスを使わないため、ダウンタイムが短い
・細かい範囲の脂肪除去がしやすい
・広範囲の脂肪を取り除くことができる
・一度に吸引できる脂肪の量が多い
・メスを使わないため、ダウンタイムが短い
・細かい範囲の脂肪除去がしやすい
デメリット・一度に取り除ける脂肪の量が少ない・皮膚を切開するため、ダウンタイムが長い・施術後すぐには効果を感じにくい

脂肪吸引注射と脂肪吸引の二つの施術に関しては、名前は似ていますが全く異なる施術です。

それぞれの施術の違いについてさらに詳しく知りたい方は以下のページも参考にしてみてください。

▼脂肪吸引注射と脂肪吸引の違いってなに?|メリットやデメリット・注意点を解説

脂肪溶解注射に関するQ&A

脂肪溶解注射に関するQ&A

脂肪吸引注射に関しては、以下のような質問を多くいただきます。

脂肪吸引注射に関してよくある質問
  • 年齢によって効果は変わりますか?
  • 脂肪吸引注射の施術に痛みはありますか?
  • 1回の施術で終わらせることは可能ですか?
  • 脂肪吸引注射のダウンタイムはどれくらいですか?
  • 脂肪吸引注射とダイエットはどちらの方がいいですか?

ここでは、上記それぞれの質問について回答を紹介します。

年齢によって効果は変わりますか?

脂肪吸引注射の効果は、基本的に年齢によって変わるものではありません。ただし、肌の状態やたるみが効果に影響を及ぼす可能性はあることは考えられます。

いずれにしても年齢を気にしすぎて施術をあきらめてしまう前に、まずは医師に相談してみることが重要です。

片岡院長

当院で試してみたい施術がございましたら、まずはお気軽にご相談くださいね。

脂肪吸引注射の施術に痛みはありますか?

脂肪吸引注射の施術前には通常麻酔を使用することから、痛みはほとんど感じないと考えて良いでしょう。ただし麻酔が切れた後は、数日程度痛みが出ることはあります。

痛みは長くても1週間程度で落ち着くことがほとんどであり、日常生活に支障を及ぼすことはほぼないことから安心です。

ただし痛みの感じ方や出方には個人差があることから、心配な方は早期にご相談ください。

1回の施術で終わらせることは可能ですか?

脂肪吸引注射の施術では、安全の確保を目的として1回の吸引量に制限を設けています。そのため、複数回の施術を必要とすることもあるでしょう。

具体的な施術計画については、医師へお気軽にご相談ください。

脂肪吸引注射のダウンタイムはどれくらいですか?

脂肪吸引注射を受けると、術後数日程度は痛みが出て、筋肉痛のような痛みが1種間程度続くことが多いと言えます。

また、内出血や腫れなどが出た場合は、1~2か月程度で消えるといえるでしょう。

片岡院長

脂肪吸引注射はダウンタイムが比較的少なく、幅広い方から人気の施術だと言えますね。

脂肪吸引注射とダイエットはどちらの方がいいですか?

脂肪吸引注射とダイエットではそれぞれ効果が異なり、「すべての人にこちらの方が良い」と言い切ることができないでしょう。

脂肪吸引注射の施術では体重や体脂肪率に大きな変化はありませんが、施術部位の部分的な痩せが期待できます

細くしたい身体の部位が明確でなかなかその部位が痩せれない場合、脂肪吸引注射は有益な効果をもたらす可能性があります。

ただし、ダイエットと同様に筋肉を増やしたり、全身の脂肪を減らすことは脂肪吸引注射の施術のみでは難しいでしょう。

健康的な美を追求するためには、内側から身体を変えるためにダイエットもあわせて行うことが重要です。

【まとめ】脂肪吸引注射のデメリット

【まとめ】脂肪吸引注射のデメリット

今回は、脂肪吸引注射のデメリットやデメリットを回避する方法、脂肪吸引注射が向いている人・あまり向いてない人などについて解説しました。

脂肪吸引注射は比較的ダウンタイムが小さい一方で、脂肪細胞を除去することから即効性のある痩身術であると言えます

皮膚のたるみや輪郭バランスの悪化などが発生しないように、信頼できる医師に相談して最適な施術プランを提案してもらうことが大切でしょう。

ラムールクリニックでは、お客様の話を丁寧に伺い、お一人お一人に合った施術プランをご提案しております。

片岡院長

ラムールクリニックで施術を希望の方は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

脂肪吸引注射の詳細ページにて、当院の脂肪吸引注射の概要や料金形態、症例写真などを掲載しておりますので、施術を検討中の方は合わせてご覧ください。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次