ヒアルロン酸注射のデメリット|当院の施術事例も紹介

ヒアルロン酸を注入することでお肌の悩みを改善する「ヒアルロン酸注射」

比較的気軽に受けやすいことから、多くの方々にご要望いただいている施術方法です。

ただし、実際に施術を受けるにあたってはヒアルロン酸注射のデメリットについても理解しておくことが重要です。

そこで本記事では、ヒアルロン酸注射のデメリットについて解説します。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸注射とは、ヒアルロン酸を注入して皮膚を膨らませることで、ほうれい線やしわを改善する施術です。

ヒアルロン酸は、元々体内に存在する物質です。

ヒアルロン酸注射の施術を受けることで、体内に元々存在していた自己のヒアルロン酸と融合して皮膚にふくらみを持たせ、シワを隆起させます。

また、ダウンタイムが少なく、傷口が残りにくいため当日からメイクなども普段通り可能です。

当院では数種類のヒアルロン酸をご用意しており、施術部位やお客様のお悩みに合わせてご提供しております

たとえば、韓国製のANO’LVEとrejuvielCを、施術部位やお客様のお悩みに合わせて使用可能です。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ヒアルロン酸注射の施術部位

ヒアルロン酸注射は、上記の通りさまざまな部位に対して注入することが可能です。

額に注入することで、横しわやくぼみを目立たなくさせることができます。また目の下に注入し、クマ取りやくぼみ、たるみなどの解消・改善につなげることも可能です。

口の端から下側に向かってできるマリオネットラインについても、ヒアルロン酸注射の施術対象だと言えます。上記の他にも頬やほうれい線、唇、こめかみ、眉間、顎など、さまざまな部位に注入可能です。

15分程度の短時間の施術でほうれい線やしわ、お客様のお悩みに合わせた治療を実施できる満足度の高い施術となっております。

また、ほうれい線、眉間、目尻のシワや、鼻、唇、アゴなど、ご希望の箇所によって当日同時に注入することも可能です。

ヒアルロン酸注射のデメリット

ヒアルロン酸注射のデメリットとしては、以下が挙げられます。

ヒアルロン酸注射のデメリット
  • 効果の持続には定期的な施術が必要
  • 仕上がりが医師の技量に左右される
  • 施術時には多少の痛みが伴う
  • 肌質改善効果は副次的なもの
  • しこりになる可能性がある

以下で、上記それぞれについて解説します。

効果の持続には定期的な施術が必要

ヒアルロン酸注射の効果を持続させるには、定期的に施術を受ける必要があります。ヒアルロン酸注射は一度施術を受ければ永久に効果が続くわけではなく、一定の期間で徐々に効果が弱まってしまうためです。

個人差はありますが、一般的には施術から1ヶ月~半年程度で効果が弱まっていってしまいます。

効果を持続させるためには、医師ともご相談いただき定期的な施術をご検討ください。

当院のヒアルロン注射の場合、しわの場合は3~9か月程度、ボリュームアップの場合は9~12か月以上は効果の持続が可能です。

仕上がりが医師の技量に左右される

ヒアルロン注射の仕上がりは、医師の技量に左右されやすいと言えます。ヒアルロン酸の量や注射位置、注射の深さなど、判断すべきことが複数あるためです。

施術経験が少ない医師に依頼をした場合、満足のいく仕上がりにならない場合はあります。

当院では、患者様のご希望やバランスを見ながら適切な量を注入可能です。患者様お一人おひとりによって注入量はもちろ施術部位の皮膚の厚みや注入の深さを変え、ヒアルロン酸も使い分けています。

施術時には多少の痛みが伴う

ヒアルロン注射をする際には、多少の痛みは伴います。注射器を使用して皮膚に注入することから、100%痛みがないまま施術を終えることは難しいでしょう。

ただしメスを使用した施術と比較すれば安全性が高く、気軽にご利用いただきやすい施術であるとは言えます。

痛みへの恐怖が強い方は、医師にご相談いただくと良いでしょう。

肌質改善効果は副次的なもの

ヒアルロン酸注射には、肌質を良く見せる効果も期待できます。しかし肌質効果はあくまでも副次的なものであり、肌質メインの施術ではない点には注意が必要です。

ヒアルロン酸注射では、皮膚の中にヒアルロン酸を注入することで肌のハリを高めますが、肌質自体を根本的に改善できる訳ではありません。

肌質改善をご希望であれば、他の施術の利用もご検討いただいた方が良いでしょう。

しこりになる可能性がある

ヒアルロン酸注射を打つと、肌にしこりができてしまう可能性があります。特に毎回同じ箇所へ注入していたり一度に大量の注入をしていたりすると、しこりができる可能性が高まってしまうでしょう。

また、ヒアルロン酸の種類によってもしこりができやすくなってしまうことがあります。

施術にあたってはしっかりと医師に相談し、適切な量の注入を行うことが重要です。

ヒアルロン酸注射をおすすめする人

ヒアルロン酸注射は、以下の人におすすめできます

ヒアルロン酸注射をおすすめする人
  • ダウンタイムを最小限に抑えたい人
  • 美容医療を初めて受ける人
  • 繰り返し施術を受けても問題ない人

以下で、上記それぞれについて解説します。

ダウンタイムを最小限に抑えたい人

ヒアルロン酸注射をおすすめする人としてまず挙げられるのが、ダウンタイムを最小限に抑えたい人です。

ヒアルロン酸注射のダウンタイムは比較的小さく、まれに注射針の跡が赤くなることがありますが、2~3日で治まります。また内出血することもありますが、10日程度で消失します。

メイクも注入直後から可能で洗顔や入浴も施術当日からできることから、日常生活にほとんど影響を与えることなく施術を受けることが可能です。

美容医療について気になっているのに忙しくてなかなか利用できていないような方にも、ヒアルロン酸注射はおすすめでしょう。

美容医療を初めて受ける人

美容医療を初めて受ける人にも、ヒアルロン酸注射はおすすめだと言えます。ヒアルロン酸注射は痛みが比較的小さく、ダウンタイムも短いためです。

「美容医療には興味があるけど、施術中・施術後の痛みが心配……」とお考えであれば、ヒアルロン酸注射から始めてみるのも1つの手です。

また、「美容医療は受けてみたいけど失敗が怖い……」と言う方も、ヒアルロン酸注射であれば一定期間で効果が薄れていくためある意味で安心だと言えます。

当院では医師が一人ひとりに合わせて表情筋の位置・動きの特長を見極めながら注入しております。一般的に施術直後は少し凹凸が見られることもありますが、自然に馴染んでいきますのでご安心ください。

繰り返し施術を受けても問題ない人

ヒアルロン酸注射をおすすめする人としては、繰り返し施術を受けることに問題がないと感じる人も挙げられます。

ヒアルロン酸注射の効果は、一定期間が経過すると薄れていってしまうためです。

ヒアルロン酸注射の効果を継続させようと思ったら、定期的に施術を受けていけなくてはいけません。

そのため「定期的に通院するのは問題ない」と感じる方であれば、ヒアルロン酸注射の利用はおすすめだと判断できます。

当院のヒアルロン注射の場合、しわの場合なら3~9か月程度、ボリュームアップの場合なら9~12か月以上は効果の持続が可能です。

ヒアルロン酸注射をおすすめしない人

ヒアルロン酸注射は、以下の人にはあまりおすすめできません

ヒアルロン酸注射をおすすめしない人
  • 皮膚にできたラインが深すぎる人
  • ヒアルロン酸でアレルギーを起こしたことがある人
  • できるだけ一度の施術で終わらせたいと思っている人

以下で、上記それぞれについて解説します。

皮膚にできたラインが深すぎる人

皮膚にできたラインが深すぎる人の場合、ヒアルロン酸注射では大きな効果が見込めない可能性があります。深すぎるしわやほうれい線の場合、ヒアルロン酸注射だけでは対応しきれない可能性があるのです。

たとえば年齢とともに皮下脂肪が減ったことによるほうれい線の場合は、ヒアルロン酸注射では充分に解消されない可能性が高いと言えます。脂肪注射やその他の施術について、医師にご相談いただくと良いでしょう。

ヒアルロン酸でアレルギーを起こしたことがある人

ヒアルロン酸でアレルギーを起こしたことがある人にも、ヒアルロン酸注射は向いていない可能性があります。

ヒアルロン酸は元々体内にある成分であることから、ヒアルロン酸注射でアレルギー症状が起きるケースはほとんどありません。

ただしヒアルロン注射で使用する製剤は人体の中にあるヒアルロン酸とまったく同じものではないことから、アレルギーが発生してしまうこともゼロではありません。

ヒアルロン酸注射でアレルギーが出る場合、注射後数分から数時間程度でかゆみやじんましん、血管浮腫などが発生する恐れがあります。

また、施術から数日後に、腫れや赤みなどが出ることもアレルギー反応の可能性があるでしょう。過去にヒアルロン酸に対してアレルギー反応が出たことある方は、医師にご相談されることをおすすめします。

できるだけ一度の施術で終わらせたいと思っている人

できるだけ一度の施術だけで終わらせたいと思っている方も、ヒアルロン酸注射はおすすめしにくいかもしれません。

ただし、当院のヒアルロン酸注射の施術時間は1回15分程度です。痛みも比較的少なくダウンタイムも小さいことから、患者様の負担にはなりにくき美容医療であるとは言えるでしょう。

ラムールクリニックのヒアルロン酸注射の施術事例

Cカールリップの症例

唇のヒアルロン酸注入と口角ボトックス、人中短縮ボトックスを組み合わせた施術です。

ダウンタイム腫れ、内出血、赤みなど
持続期間3~6か月
価格50,000円

涙袋ヒアルロン酸の症例

ヒアルロン酸を注入し、涙袋を整形します。

ダウンタイム内出血、赤みなど
持続期間6~12か月
価格28,000円/0.5cc
38,000円/1cc

顎ヒアルロン酸の症例

ヒアルロン酸を注入し、顎を整形します。

ダウンタイム内出血、腫れ、赤み
むくみ、痛み、感染、塞栓
持続期間6~12か月
価格28,000円/0.5cc
40,000円/1cc

貴族フィラーの症例

ヒアルロン酸を小鼻の付け根部分にに注入することによって、ほうれい線を目立たなくする施術方法です。

ダウンタイム内出血、赤み
持続期間9~12ヶ月
価格40,000円

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ヒアルロン酸注射を受ける際の注意点

ヒアルロン酸注射を受ける際には、以下の点に注意しなくてはいけません

ヒアルロン酸注射の注意点
  • どんどん打ちたくなってしまうこともある
  • 一定のリスクがある
  • 細菌感染が起きることもある

以下で、上記それぞれについて解説します。

どんどん打ちたくなってしまうこともある

ヒアルロン酸注射の施術を続けていると、効果を実感しにくくなってどんどん打ちたくなってしまうことがあります。ただしこれはヒアルロン酸注射に限らず、美容医療全体に対して言えることです。

美しくなった自分の姿に見慣れてしまうと、「もっと、もっと」と欲が出てくるものでしょう。ヒアルロン酸注射に関して言えば、打ち過ぎることで不自然な仕上がりになってしまう恐れはあります。

医師に相談いただき、ご自身にとってベストな施術方針のもとで進めることが重要でしょう。

一定のリスクがある

ヒアルロン酸自体は元々体内にある成分であることから安全性が高いのですが、それでも一定のリスクはあります

たとえば副作用として内出血や腫れ、違和感などが発生する恐れがあるでしょう。ただし、いずれも数日~10日程度程度で収まることが一般的です。

また、先ほど紹介したアレルギーについても、リスクの1つだと言えます。

事前にカウンセリングをしっかりと受けて、不安点については払拭しておくことが大切です。

また、痛みや腫れなどがなかなか引かない場合は、遠慮せずに医師へ相談することも大切だと言えるでしょう。

細菌感染が起きることもある

信頼できるクリニックで施術を受けていないと、細菌感染が起きることもあります

製剤を薄めたり使いまわしたりしていると、感染症の原因になる恐れがあるのです。細菌感染を避けるために、一定の信頼できるクリニックに施術を依頼することをおすすめします。

【まとめ】ヒアルロン酸注射のデメリット

今回は、ヒアルロン酸注射のデメリットや注意点、メリットについて解説しました。

ヒアルロン酸注射は元々体内にある成分であるヒアルロン酸を注入することからアレルギーのリスクが低く、ダウンタイムも小さい施術です。

ヒアルロン酸注射は効果が永続するわけではなく皮膚にできたラインが深すぎる方には十分な効果が出ない恐れもあるでしょう。

しかし当院では15分程度で施術が完了することから、気軽に利用できるとして多くの患者様にご要望いただいています。

ヒアルロン酸について気になっている方や一度試してみたいと思っている方は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

L’amour clinic Tokyo カウンセリングお問い合わせはこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次