ハイフ(HIFU)の将来的なデメリットとは?|回避方法・当院の医療ハイフの特徴

ハイフの将来的なデメリットとは?|当院の医療ハイフの特徴も解説

お顔のたるみを目立たなくしたり、小顔効果が期待できたりとさまざまなメリットがある「ハイフ(HIFU)」。

メスも使用せず短時間で行える施術であるため、「時間が経つと元に戻ってしまうのではないか」「施術後に副作用があらわれるのではないか」などさまざまなデメリットを感じたり不安に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、将来的にあらわれると噂のデメリットを検証するとともに、ハイフを受ける際の注意点やデメリットを避けるポイントなどをご紹介します。

ハイフについて詳しく知りたい方はもちろん、安心して施術を受けたい方も是非ご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ハイフ(HIFU)について

ハイフ(HIFU)について

ハイフとは、特殊な超音波を希望する部位に当てることで、脂肪の層や筋膜を収縮させてたるみの軽減やリフトアップを狙う施術です。

「超音波」と聞くと何だか得体のしれないもののように感じてしまいがちですが、胎児のエコー検査にも使用される安全性の高い方法の一つです。

同じ部位に長時間当たり続けるようなことがなければ、組織へのダメージも少ない傾向にあります。

超音波は表皮層や真皮層、皮膚に近い皮下脂肪などを通過し、筋膜層まで届きます。

いくつかの超音波を扇型にして目的の部位に当てることで、線が集まった深い部分を引き締めながら、浅い部分にはほとんど影響が少ないのも一つの特徴です。

強いパワーで超音波を当てても表面の皮膚を傷つけにくいため、ダウンタイムが短く済み、手軽に行える施術として注目されてきました。

脂肪には熱を加えることで溶解を促し、筋膜は熱による収縮で引き締めを狙うのがハイフの役割で、さらには熱のダメージを修復するために肌の奥深くでコラーゲンが生成され、弾力のある肌を目指しやすくなるのです。

ラムールクリニックでは、近年登場した「ウルトラフォーマーMPT」という機械を使い、お客様一人ひとりの理想に合わせたハイフ施術を行っております。

片岡院長

ハイフ施術の詳しい仕組みや料金プランについては、当院の公式サイトをご覧ください。

また、実際にハイフの施術を希望している方は、下記のボタンからお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ハイフによる将来的なデメリットはあるの?

ハイフによる将来的なデメリットはあるの?

ハイフを受けることで将来的に起こると噂されているデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

ハイフによる将来的なデメリット
  • 将来たるむ?
  • 将来老けて見える?
  • 将来癌になる?

これらの内容と真相について、詳しく解説します。

将来たるむ?

ハイフを受けたことが原因で、将来その部位がたるんでしまうといった根拠はありません

そもそもお顔がたるんでしまうのは、乾燥や紫外線により肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸が減少したり、筋肉量が減ることで皮膚を支えきれなくなったりすることが原因です。

ハイフの施術で肌内部の組織が引き締まることはあっても、熱によりコラーゲンやヒアルロン酸が壊れたり、筋肉がなくなったりすることはないため、将来的なたるみを過剰に心配する必要はないでしょう。

もちろん乾燥や紫外線による影響を受け続けるなど、日頃のケアが不足するとたるみを引き起こしかねません。

できてしまったたるみにハイフで対処するとともに、将来的なたるみを防ぐ工夫も続けていきましょう。

将来老けて見える?

ハイフを受けてたるみの改善やリフトアップを叶えると、将来顔のバランスが悪くなり老けて見えるのではないかといった不安を抱えている人も少なくないでしょう。

結論として、ハイフを受けた後に老けて見えてしまうのは、担当する医師の腕が十分に伴っていないためだと考えられます。

そもそもハイフとは、超音波を当てた部位の脂肪を減らして筋膜を収縮させてリフトアップを期待できるものです。

脂肪やたるみが気になる部位に当てた場合は理想の効果を発揮する一方、問題のない部位に当ててしまうとトラブルに発展してしまう恐れがあるでしょう。

お顔の形状は一人ひとり異なり、ハイフを当てる場所や長さも人それぞれ調節しなければなりません。

この個人差を理解していない医師が担当してしまうと、場合によっては頬がこけたり、お顔全体のバランスが悪くなったりしてしまう可能性があります。

ハイフは気軽に受けられるメニューであるとともに、クリニックを選ぶ際は医師の経験や実績も考慮しなければならない施術ですので、公式サイトなどをしっかりとチェックして後悔のないクリニック選びを心掛けましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、お客様一人ひとりの希望や個人差を考慮しながら施術を行っております。

将来癌になる?

現在美容治療として認められているハイフを受けたことにより、癌になった・なりやすくなったなどの症例は報告されていません。

癌との因果関係も認められておらず、将来の癌リスクを高める心配はないといって良いでしょう。

ハイフに限らず、他の美容治療においても「将来癌になるのでは」と不安に思う方が少なくありません。

特にお顔周辺の施術では、舌癌などの疾患リスクを心配する方も多いですが、現在多くのクリニックで使用されている機械はどれも安全性に長けたものばかりですので、安心して臨むと良いでしょう。

ハイフの施術中・ダウンタイムのデメリット

ハイフの施術中・ダウンタイムのデメリット

ハイフの施術中やダウンタイム中には、効果とは別に以下のような点に注意しなくてはなりません。

ハイフの施術中・ダウンタイムのデメリット
  • 痛みを感じることがある
  • やけどの恐れがある
  • 乾燥しやすくなる
  • 紫外線の影響を受けやすくなる
  • むくんだり腫れたりする

起こりうる副作用について知っておくだけで、施術後に落ち着いて対処できるようになります。

それぞれの内容について詳しく解説していきましょう。

痛みを感じることがある

ハイフの施術は、皮下脂肪や筋膜層に超音波を当て、発生した熱により脂肪を溶かしたり筋膜を収縮させたりするものです。

皮膚の奥深くで熱を発生させるため、神経が集まっている部分では痛みを感じたり、骨に近い場所ではズンと響くような衝撃を覚えたりする場合があります。

多くの場合は耐えられる程度の痛みとされていますが、我慢したからといって効果が大きく変わるわけではないため、無理のない程度に調節してもらうことが大切です。

一部のクリニックでは麻酔に対応しているところもあるため、不安な場合はカウンセリング時に相談しておきましょう。

片岡院長

当院で施術する方でご不安な方は、カウンセリング時にお申し付けください。

やけどの恐れがある

ハイフは手軽に受けられる反面、さまざまなリスクに配慮しなければならない施術の一つです。

強すぎる照射量で施術を続けたり、照射する位置が適切でなかったりした場合、やけどや神経を損傷する恐れがあります。そのため、医療ハイフの施術に携わる医師は、いずれも経験豊富でなければなりません。

神経の位置や個人差などを考慮できる医師を見極めることが、安全にハイフを受けるポイントといえるでしょう。

また、近年はエステで受けられる美容ハイフやセルフハイフなども登場しており、ハイフの危険性が軽視されやすい傾向にあります。

数ある美容医療の中でもハイフの施術実績に注目するとともに、症例写真などもチェックしておくと良いでしょう。

乾燥しやすくなる

ハイフによって肌の内部に熱が発生すると、水分量が低下し肌の乾燥に繋がる傾向にあります。

施術後は刺激の少ない化粧水などを使い、入念に保湿ケアを行いましょう

ピーリングやフェイスパックなど、いわゆるスペシャルケアと呼ばれるものは避け、水分をたっぷり補給してあげることが大切です。

紫外線の影響を受けやすくなる

上記でも触れた通り、ハイフの施術後は普段よりも肌が乾燥する傾向があります。

肌が乾燥した状態は、ニキビやシワなどのトラブルが起こりやすいだけでなく、紫外線など外部からの刺激も受けやすいというデメリットもあります。

肌が赤くなったり黒くなったりする「日焼け状態」はもちろん、メラニン色素が増えることでシミが目立つようになったり、角栓が酸化して毛穴が黒ずんだりする可能性があるなど、良いことはありません。

普段使っている日焼け止めにプラスし、日傘や日焼け止めサプリなどを組み合わせて対策を行いましょう。

むくんだり腫れたりする

ハイフの施術後にもっとも起こりやすいのが、むくみや腫れといった副作用です。

問題がなければ1週間程度で目立たなくなっていきますが、何週間経っても症状に変化がなかったり、悪化したりする場合はすぐに医師へ相談しましょう。

施術部位の痛みや熱っぽさが気になる場合は、保冷剤などで冷やすと緩和されやすくなる傾向にあります

施術前のカウンセリングで副作用について相談しておき、むくみや腫れが出た場合の対処法を聞いておくと安心でしょう。

ハイフによるデメリットを避けるポイント

ハイフによるデメリットを避けるポイント

さまざまな点に注意しなくてはならないハイフですが、以下のような利用者側の工夫でこれらのデメリットを最小限に抑えられる可能性もあります。

ハイフによるデメリットを避けるポイント
  • 事前に情報収集をしっかりと行う
  • 信頼できるクリニック・医師を選ぶ
  • アフターケアを入念に行う

上記3つのポイントについて、詳しく解説していきましょう。

事前に情報収集をしっかりと行う

ハイフに限らず、美容医療の施術を受ける際は情報収集をしっかりと行わなければなりません。

ハイフとはどんな施術なのか、どんなデメリットがあるのかといった本記事の内容はもちろんのこと、各クリニックが採用している機械の特徴なども確認しておきましょう。

クリニックによってはできる施術内容に限りがあったり、施術できる部位が限定されていたりする可能性があります。

自分の希望する部位にしっかり対応しており、かつ予算内で受けられるクリニックを選びましょう。

信頼できるクリニック・医師を選ぶ

ハイフをはじめとする美容医療の数々は、医師の腕が伴っていなければ理想の仕上がりを目指せません。

実績があるかどうか、または症例写真が豊富に掲載されているかなど、過去の施術について確認しておきましょう。

そのために、施術前のカウンセリングは予約時間を十分に使って相談しておくことが大切です。

少しでも不安に思ったことがあれば質問しておき、真摯に応えてくれる医師を選ぶと良いでしょう。

アフターケアを入念に行う

ハイフの施術後に利用者ができる対策の一つに、念入りなアフターケアが挙げられます。

保湿をメインにした入念なスキンケアで、乾燥や紫外線によるトラブルを防ぎましょう。

クレンジングは滑りの良いものを、洗顔はしっかりと泡立てることを意識し、肌への摩擦を最小限に抑えることが大切です。

熱すぎるお湯も肌にダメージを与えやすいため、32~35℃に設定するのがベターです。

少なくとも施術後1週間が経過するまでは、肌に優しいスキンケアを心掛けましょう。

ラムールクリニックの医療ハイフの特徴

画像引用元:ウルトラフォーマーMPT公式サイト

ラムールクリニックの医療ハイフは、「ウルトラフォーマーMPT」と呼ばれる機械を採用しています。

以下に挙げるようなメリットを備えた機械であり、お客様一人ひとりに快適な施術をご提供させていただきます。

ラムールクリニックの医療ハイフの特徴
  • 火傷の危険性が抑えられる
  • 施術スピードが速い
  • カートリッジ数が多い
  • 照射モードが複数ある

それぞれの特徴について詳しく解説しましょう。

火傷の危険性が抑えられる

「ウルトラフォーマーMPT」は、従来機器であるウルトラフォーマーⅢに比べて標準出力が0.1Jほど低下しています

効果に大きな違いはないものの、やけどのリスクを最小限に抑え、施術後のトラブルを防げる機器として注目されています。

施術スピードが速い

従来のハイフは皮下組織に対し点状に超音波を当てていくため、均一に当てるためには相応の時間を必要としていました。

「ウルトラフォーマーMPT」は線状に超音波が発生する「MPモード」を搭載しており、短時間での施術が可能です。

施術のムラも少なくなり、より理想の仕上がりを目指しやすくなったといえます。

カートリッジ数が多い

「ウルトラフォーマーMPT」は全10種類のカートリッジを使い分け、より希望に合った施術を目指せます。

お顔の広い面や首元などには、2.0~4.5㎜のカートリッジを使い効率的な施術が可能に。

1.5㎜のペンタイプカートリッジを使えば、目元のたるみや目尻の引き上げなどの細かな部位にも対応できるのが魅力的です。

ペンタイプカートリッジにはシミ改善製剤を導入する機能もついており、たるみやシワだけでなくシミにも対応できるようになりました。

照射モードが複数ある

多彩なカートリッジと点状・線状の照射モードを組み合わせ、一人ひとりに合った施術が可能となった「ウルトラフォーマーMPT」。

点状の照射モードは熱による脂肪溶解・筋膜引き上げを目指し、線状の照射モードはコラーゲンの生成を促してくれます

皮膚の内部にはたらきかけ該当の部位をしっかり引き上げる「ハイフリフト」、顔全体の小ジワや毛穴の開きに対応できる「ハイフシャワー」などにもしっかり対応しています。

片岡院長

ラムールクリニックではお客様一人ひとりの状態に合わせてモードを使い分け、理想の仕上がりを目指すためのお手伝いをさせていただきます。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ハイフのデメリットに関するよくある質問

ハイフのデメリットに関するよくある質問

ハイフのデメリットについて、お客様からいただくことの多い質問は以下の通りです。

ハイフのデメリットに関するよくある質問
  • ハイフの効果はどのくらい続きますか?
  • 最近他の施術を受けたのですが影響はないですか?
  • 20代以下でハイフを受けるのはやめた方がいいですか?

それぞれの質問について回答していきましょう。

ハイフの効果はどのくらい続きますか?

そもそもハイフとは、受けた直後にハッキリと効果が分かる施術ではありません。

多くの方は施術後1~2週間程度経ってから徐々に変化を感じ始め、3~6ヶ月ほど効果が持続する傾向にあります。

お顔全体の施術に比べ、目元やアゴ下などの部分的な施術の方が長続きしやすい傾向にあるのも特徴の一つです。

施術後1年が経過する頃には元の状態に戻っている場合が多いため、完全に戻る前に次の施術を検討すると良いでしょう。

最近他の施術を受けたのですが影響はないですか?

美容医療の中には、ハイフと組み合わせても問題のない施術もあれば、影響のある施術までさまざまなものがあります。

他院で別の施術を受けたばかりの方は、必ず施術前に医師と相談しておきましょう

ラムールクリニックでは、直近1ヶ月以内にヒアルロン酸・ボツリヌストキシンなどの注射を受けた方はハイフの施術をおすすめしていません。

熱によりヒアルロン酸やボツリヌストキシンが溶け、通常よりも早く効果が失われてしまうため、十分な期間を空けてから施術を受けましょう。

20代以下でハイフを受けるのはやめた方がいいですか?

結論からいうと、20代の方でもハイフを受けることは可能です。

とはいえ20代の場合、そもそもたるみが少ない方が多く、ハイフを受けても十分に変化を感じられない可能性が高いでしょう。

肌の水分量も十分でコラーゲンを生成する必要がない場合など、ハイフ以外の施術をおすすめする場合もあります。

お顔周りの脂肪が気になる場合は脂肪吸引をしたり、エラが気になる方はボツリヌストキシンを注射したりと、希望にもっとも合う施術について相談することが大切です。

片岡院長

ラムールクリニックではカウンセリングに力を入れており、多くの施術からお客様に合ったものをご提案します。

【まとめ】ハイフによる将来的なデメリットはあるの?

【まとめ】ハイフによる将来的なデメリットはあるの?

今回は、ハイフを受けると将来的に起こるといわれるデメリットの真相や、デメリットを受けないために注意しておきたいポイントなどをご紹介しました。

将来余計にたるみ・むくみが気になったり、癌のリスクが高まったりすると噂されているハイフですが、これまでにたるみやむくみが悪化した・癌になりやすくなったという事例はなく、安心して受けられる可能性が高い施術といえるでしょう。

理想を叶えるためには信頼できる医師と念入りに相談を行う必要があり、カウンセリングの丁寧さやハイフの実績などがクリニック選びのポイントとなります。

ラムールクリニックでは、お客様一人ひとりと向き合い、納得のいくまで相談できるよう体制を整えております

当院のハイフ施術ページではハイフ施術の詳しい流れや料金プランについても解説しておりますので、是非併せてご覧ください。

片岡院長

ラムールクリニックでの診察をご希望の場合は、LINE・電話のいずれかからお気軽にお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次