顔の脂肪吸引注射は後悔するの?|後悔しないポイントやアフターケアを紹介

顔の脂肪吸引注射は後悔する?|理由・注意点を紹介

傷跡が目立ちにくく即効性が高い魅力的な痩身術の1つである「脂肪吸引注射」。

しかし中には顔への脂肪吸引注射の施術を受けて後悔した人もいると聞き、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、顔の脂肪吸引注射を受けて後悔する原因や後悔を防ぐポイント、アフターケアの方法などについて解説します。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

顔の脂肪吸引注射で後悔する理由

顔の脂肪吸引注射で後悔する理由

脂肪吸引注射を顔にして後悔する理由としては、主に以下が挙げられます。

脂肪吸引注射を顔にして後悔する理由
  • 脂肪を取り過ぎて皮膚がたるんでしまう
  • 輪郭のバランスが悪くなる
  • 思ったより効果が薄い
  • 頬がこけて老けて見えてしまう
  • 感染症が発生してしまう

ここでは、上記それぞれのデメリットについて解説します。

脂肪を取り過ぎて皮膚がたるんでしまう

顔の脂肪吸引注射の施術を受けて後悔する理由としてまず考えられるのが、「皮膚のたるみ」です。脂肪吸引注射では脂肪細胞だけを取り除いて皮膚はそのまま残ることから、部位や吸引量によっては皮膚がたるむ恐れがあります。

特に脂肪量が多めの方や皮膚が薄めの方は、皮膚のたるみが出やすいと考えられるでしょう。皮膚のたるみを避けるためには、医師にしっかりとした計画を立ててもらうことが重要です。

片岡院長

ラムールクリニックでは、患者様のお悩みを丁寧にお伺いしたうえで最適な施術の提案を行っています。

輪郭のバランスが悪くなる

脂肪の吸引量が適切でないと、顔全体の輪郭バランスが悪くなってしまうことも考えられます。脂肪を取り過ぎたり左右の吸引量に差が出たりなど、医師の技術不足によって仕上がりのバランスが悪くなることも考えられるのです。

輪郭バランスの悪化は、施術前にしっかりとデザインし計画を立てたうえでデザイン通りに吸引を行える医師に依頼することで、避けられるでしょう。

思ったより効果が薄い

せっかく思い切って脂肪吸引注射の施術を受けたのに、仕上がりをみて「思ったよりも効果が薄い」と感じてしまう方も一定数いることが実情でしょう。

脂肪吸引注射では、バランス良く脂肪を取り除くことが求められます。そのため「取り過ぎたらいけない」と消極的に施術をしていると、充分な吸引量にならず効果が薄くなってしまうことが考えられるのです。

「即効性がある」と言われて施術を受けたのにあまり脂肪を吸引されていなければ、後悔につながってしまうことでしょう。

頬がこけて老けて見えてしまう

脂肪の吸引量が多すぎると、頬がこけてしまうこともあり得ます。健康的な美しい顔つきには一定量の脂肪が必要であり、吸引しすぎるとこけてしまって老けたり体調が悪そうに見えたりしてしまうのです。

脂肪を取り過ぎると、皮膚と筋肉が癒着してひきつれを起こしてしまう恐れもあります。

片岡院長

当院で施術される方は、実際にお顔の状態を確認したうえで施術方法をご提案いたします。

感染症が発生してしまう

顔への脂肪吸引注射を受けて後悔するケースとしては、「感染症」の発生も挙げられます。脂肪吸引中や施術後などに、施術の際にできた傷跡から細菌が入って感染症が引き起こされる可能性もゼロではないのです。

もちろん、しっかりとした環境下で適切な施術をおこなえば、感染症になる可能性は低い傾向にあります。

また感染症が引き起こされたとしても、早期発見・早期対応によって重症化は防げるでしょう。

顔の脂肪吸引注射で後悔しないためのポイント

肪吸引注射の施術を顔に受けて後悔しないためのポイントとしては、主に以下が挙げられます。

肪吸引注射の施術を顔に受けて後悔しないためのポイント
  • 信頼できる医師を見つける
  • カウンセリングで不安な点をしっかりと相談する
  • 圧迫固定は指示があるまで外さない
  • 医師からの注意事項をしっかりと守る
  • 他の痩身術を受ける

ここでは、上記それぞれについて解説します。

信頼できる医師を見つける

顔への脂肪吸引注射で後悔しないためにまず大切なことは、信頼できる医師を見つけて施術を依頼することです。

皮膚のたるみや頬のこけなどは、しっかりと計画を立ててデザイン通りに施術を行える医師であれば避けられます。

また、一定の施術環境を用意できるクリニックであれば感染症を引き起こす可能性は低く、万が一感染症になったとしても早期に発見できれば適切に対処をして重症化を回避してくれるでしょう。

片岡院長

当院で施術をご希望の方は、カウンセリングの際にご相談ください。

カウンセリングで不安な点をしっかりと相談する

後悔を防ぐためのポイントとしては、カウンセリングをしっかりと受けて不明点や不安点を払拭しておくことも挙げられます。どんなに素敵な仕上がりを求めていても、医師と考えを共有できていなければ実現できないためです。

またどんなに優秀な医師でも、お客様の要望や不安点を把握できていなければ最適な施術計画を立てられません。理想の仕上がりを目指すためには、カウンセリングで考えを医師と共有することが大切なのです。

信頼できる医師なら、カウンセリングをしっかり行ってくれる傾向にもあるでしょう。

片岡院長

当院で施術される方は、カウンセリング時にお悩みや理想をご相談ください。

圧迫固定は指示があるまで外さない

顔の脂肪吸引後に行う圧迫固定は、医師の指示があるまでは外さないことが大切です。圧迫固定には、組織の回復を早める効果を期待できます。

必要な期間圧迫固定をしておかないと、皮膚のたるみが発生する可能性があることから要注意です決して自己判断してしまわず、医師から伝えられた期間をしっかりと守って圧迫固定を外さないようにしましょう。

医師からの注意事項をしっかりと守る

圧迫固定以外にも、医師から説明を受けた注意点についてはしっかりと守ることが大切です。

脂肪吸引注射は本来体内に存在しているはずの脂肪細胞を吸い取る施術方法であり、脂肪細胞がなくなった部位へのダメージは決して小さくありません。

ダウンタイムが比較的小さい施術方法ではありますが、それでも以下のような行動はとらないように医師から注意をを受けることが一般的です。

脂肪吸引注射の施術直後に避けるべき行動の例
  • 激しい運動
  • 長時間の入浴やサウナ、岩盤浴など
  • 熱い食品や辛い食品の飲食

一般的には、血行を促進する行動を取ると出血や腫れなどが悪化しやすいとされています。上記に限らず、医師からの指示はしっかりと聞いて守るようにしましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは分かりやすい説明を大切にしていますが、分からないことがあればカウンセリングでご相談ください。

他の痩身術を受ける

ケースによっては、脂肪吸引注射以外の痩身術を受けることも選択肢として挙げられます。

脂肪吸引注射以外の痩身術とは、たとえば以下のようなものです。

脂肪吸引注射以外の顔への痩身術
  • 脂肪溶解注射
  • ハイフ
  • エラ切り
  • エラボトックス など

たとえば、顔が大きく見えている原因が脂肪ではなく、筋肉の発達にある場合はエラボトックスを受けることで小顔になることも考えられます。

片岡院長

最適な施術方法をご自身で判断することは難しいので、当院で施術したい人はカウンセリング時にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

顔の脂肪吸引注射で後悔しないためのアフターケア

脂肪吸引注射のアフターケア

顔の脂肪吸引注射で後悔しないためには、施術後のアフターケアも重要です。

顔の脂肪吸引注射で後悔しないためのアフターケアは、以下の通りです。

顔の脂肪吸引注射で後悔しないためのアフターケア
  • マッサージを行う
  • 十分に水分を摂る

それぞれについて説明していきます。

マッサージを行う

腫れや痛み・内出血等の症状が落ち着いたタイミングで、施術を行なった部位のマッサージを行いましょう。

脂肪吸引注射では、脂肪を吸引します。それによりできたスペースを埋めようと皮膚が定着を始めると、拘縮(こうしゅく)と呼ばれる、皮膚が一時的に凸凹したり、硬くなったりする症状が現れます。

拘縮は他の症状と比べると落ち着くまでに時間がかかりますが、マッサージを行うことで症状が和らぎ、症状の早期改善が期待できます。

症状の現れ方には個人差があるので、マッサージを開始する時期や詳しい方法は医師に確認した上で行いましょう。

片岡院長

症状の現れ方には個人差があるので、マッサージを開始する時期や詳しい方法はカウンセリング時にご相談ください。

十分に水分を摂る

施術を行った後は、十分に水分を摂取しましょう

脂肪吸引の施術後は、水分代謝が悪くなる可能性が高い傾向にあります。代謝が落ちると、皮膚の内側に残った血液がスムーズに身体へ吸収されず、症状が長引いてしまう恐れもあります。

ただし、水分の摂りすぎも、むくみに繋がる可能性があるため、1日1.5L程度の水を複数回に分けて飲むようにしましょう。

当院の脂肪吸引注射の施術事例

当院の脂肪吸引注射の施術事例を紹介します。

施術をご検討の方は、施術症例を是非ご参考ください。

脂肪吸引注射

脂肪吸引注射の症例①

「カニューレ」と呼ばれる細い注射器で体内の脂肪細胞を吸引して、直接的に脂肪量を減らす施術です。

ダウンタイム筋肉痛のような痛み、内出血、むくみ
持続期間3〜6か月
価格55,000円 / 1部位
脂肪吸引注射

脂肪吸引注射の症例②

「カニューレ」と呼ばれる細い注射器で体内の脂肪細胞を吸引して、直接的に脂肪量を減らす施術です。

ダウンタイム筋肉痛のような痛み、内出血、むくみ
持続期間3〜6か月
価格55,000円 / 1部位

他の患者様の症例写真につきましても、脂肪吸引注射の施術ページにて随時更新していますので、合わせてご覧ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

顔の脂肪吸引注射に関するQ&A

顔の脂肪吸引注射に関するQ&A

脂肪吸引注射に関しては、以下のような質問を多くいただきます。

脂肪吸引注射に関してよくある質問
  • 脂肪吸引注射の施術に痛みはありますか?
  • 脂肪吸引注射の持続性はどの程度ですか?
  • 顔(頬)の脂肪吸引注射をしたら、傷跡が目立ちませんか?

ここでは、上記それぞれの質問について回答を紹介します。

脂肪吸引注射の施術に痛みはありますか?

脂肪吸引注射をする際には、事前に施術部位へ麻酔を使用します。そのため、施術中に痛みが出る心配は基本的に不要でしょう。

しかし、麻酔が切れた後から数日程度は、施術部位に痛みが出ることはあります。日常生活に支障をきたすレベルになることはまれであり、1週間程度で痛みは引くことから、基本的にはご心配いただく必要はないでしょう。

片岡院長

当院で施術後、痛みが我慢できないくらい痛い、または痛みが続くようでしたらお問い合わせください。

脂肪吸引注射の持続性はどの程度ですか?

脂肪吸引注射の効果は、体型をキープできる限りは持続すると言えます。吸引されて減った脂肪細胞の数は、増えて元に戻ることがないためです。

施術部位がリバウンドしにくい点は、脂肪吸引注射の大きな魅力だと言えます。

顔(頬)の脂肪吸引注射をしたら、傷跡が目立ちませんか?

頬に脂肪吸引注射を行う場合、通常は耳の裏側に数ミリ程度ミスを入れることになります。そのため周囲からは見えにくく、傷はとはほとんど目立ちません

傷跡については、ご相談いただいた際にもしっかりと説明してご納得いただいたうえで施術に移ることが通常です。

【まとめ】顔の脂肪吸引注射で後悔する理由

【まとめ】顔の脂肪吸引注射で後悔する理由

今回は、脂肪吸引注射の施術を顔にするときに後悔する原因や、後悔を防ぐポイント、アフターケアの方法などについて解説しました。

脂肪吸引注射は、皮膚の切開がないためダウンタイムが小さく、傷跡も目立ちにくい美容施術の1つです。しかしケースによっては、皮膚がたるんだりバランスが悪くなったりと、後悔につながることも考えられるでしょう。

顔への脂肪吸引注射を受けて後悔しないためには、信頼できる医師に施術してもらい、指示されたことをしっかりと守ることが重要です。

ラムールではお客様のお話を丁寧に伺い、お一人お一人に合った施術プランをご提案しております。

片岡院長

当院で施術を検討している方は、ぜひとも渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお問い合わせください。

また当院のヒアルロン酸注射の詳細や症例写真に関しては、ラムールクリニックの詳細ページに掲載していますので、合わせてご覧ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次