ほうれい線は糸リフトで改善できる?|向いている症例やメリット・デメリット

ほうれい線は糸リフトで改善できる?|治療の仕組みとデメリット解説

年齢が進むと気になり出すのが「ほうれい線」。

糸リフトは、皮膚組織の中に糸と挿入してほうれい線などを治療する切らないフェイスリフトです。

切開手術を行わないため、傷跡が目立たなかったりダウンタイムが短い傾向にあるなどのメリットがあります。

しかしたるみが大きく、くっきりとしたほうれい線には適用できない場合もあるため、注意しなくてはいけません。

そこでこの記事では、糸リフトが向いている症例や治療のメリット・デメリットについて解説します。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ほうれい線の悩みは糸リフトで改善できる?

ほうれい線の悩みは糸リフトで改善できる?

糸リフト治療では、皮下組織の中に糸を挿入してたるんだ皮膚を引き上げます

糸リフトの仕組みイラスト

糸の本数を調節したり、挿入したあとの張りの強さを加減したりすることで、フェイスラインやたるみの改善を行います。

また、皮下脂肪の中に入った糸がコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すため、肌のハリの改善も期待できることが大きなメリットです。

しかし、たるみの状態によっては糸リフトで十分な治療効果を得られない可能性もあるでしょう

ラムールクリニックでは、お客様の肌を診断した上で、最適な治療を行うべく糸リフト以外の治療方法も提案しております。

片岡院長

お悩みがある場合は、当院のカウンセリングでご相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ほうれい線治療で糸リフトを用いるメリット

ほうれい線治療で糸リフトを用いるメリット

糸リフトによるほうれい線治療のメリットは以下の通りです。

糸リフトのメリット
  • たるみ改善が期待できる
  • 小顔効果が期待できる
  • ダウンタイムが短期間で済む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

たるみ改善が期待できる

ほうれい線の原因は、表情筋が衰えたり乾燥から肌のハリが失われたりすることです。

通常、表皮層や真皮層は筋肉や皮膚の柔軟性によって支えられています。

筋力やハリの減少で皮膚が垂れ下がると、頬と口元の境目に線が刻まれることがあり、これがほうれい線です。

糸リフトには、糸が筋肉や皮膚を支える働きをバックアップする効果を期待できるため、たるみの改善に繋がります。

片岡院長

たるみが気になる方や切るのが怖い方のために、ラムールクリニックでは事前にしっかりとカウンセリングを行いお客様に合った治療を行います。

小顔効果が期待できる

糸リフトには、フェイスラインを引き締めることで小顔に見せる効果も期待できます。

使用する治療用の糸には、「コグ」と呼ばれる逆向きのトゲが無数についていて、このコグが皮膚組織に引っかかることで、たるんだ部分を引き上げつつ重力に負けて垂れ下がることを防ぐことが期待できるでしょう。

また、糸を挿入したあとでお客様の頬の状態を見ながら張りを調節することも可能です。

そのためフェイスラインが引き締まり、顔の見た目が小さくなることに繋がるでしょう。

ダウンタイムが短期間で済む

糸リフトは、専用の針を使って糸を顔の中に通していく治療方法です。

切開を行うフェイスリフトに比べて、傷跡が小さくなるためダウンタイムが短期間で終わる傾向にあります。

整形したことが周囲にばれにくかったり、施術後2〜3日で入浴など日常生活を送れるようになることも魅力的な点と言えるでしょう。

ほうれい線治療で糸リフトを用いるデメリット

ほうれい線治療で糸リフトを用いるデメリット

糸リフトを用いたほうれい線治療にはデメリットもあります。

具体的には以下のようなものです。

糸リフトのデメリット
  • 効果が永久的ではない
  • 強いたるみには効果が期待できない
  • 肌に凸凹ができる可能性がある

それぞれ詳しく解説しましょう。

効果が永久的ではない

糸リフトの持続期間は、およそ1年程度の傾向にあります。

使用する糸の種類やほうれい線の状態よって個人差はありますが、一度の治療で永久的な効果は得られないと考えておいた方が良いでしょう。

しかし一度糸が挿入されることで、皮下組織における保湿成分の生成を活性化させる効果を期待できます。

糸で引き上げる力が無くなっても、たるみが悪化するのを防ぐ作用や肌質の改善にも期待ができるでしょう。

強いたるみには効果が期待できない

皮下脂肪が多すぎたり、肌の乾燥によってたるみが強くなったりしている場合には、糸リフトで対処しきれない可能性があります。

元々の皮下脂肪が多いと糸の力だけでは支えきれず、広範囲に渡って組織が緩んでいる場合には糸リフトが最適な治療法とは言えないでしょう。

たるみの程度が強い場合には、ハイフなどの別の治療をする方法もおすすめです。

医療ハイフ」とは、筋肉と皮膚組織の間にあるSMAS筋膜に超音波を当てる治療方法であり、熱の刺激によって筋肉を収縮させることでたるみ改善が期待できるでしょう。

ほうれい線の症状に合わせて出力を変える、照射の範囲を変えるなどが可能でより効果的な治療が期待できます。

片岡院長

糸リフトとハイフのどちらが適しているかは、実際にご相談を受けて判断することも可能です。

当院で施術をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

肌に凹凸ができる可能性がある

糸リフトの施術後に、顔に凸凹ができてしまう場合もあります。

原因は、糸が均一の深さに入らなかったことやアレルギー反応が起こってしまったことなどが可能性として挙げられるでしょう。

また、治療後すぐに患部を擦ったり熱いお風呂につかったりしても、腫れや凸凹の原因になるため注意が必要です。

もし、治療から2週間以上たっても凸凹が改善しない場合は、施術を担当した医師に相談してください。

ほうれい線治療を糸リフトで受ける際のクリニックの選び方

ほうれい線治療を糸リフトで受ける際のクリニックの選び方

ほうれい線の改善のために糸リフトの治療を希望する際に重要なのはクリニックの選び方です。

糸リフトは個人の症状に合わせた調節が可能な反面、治療に不向きであるかどうか慎重に判断する必要があります。

そこで重要なポイントは以下の通りです。

糸リフト治療のクリニックの選び方
  • 知識や経験が豊富な医師が行ってくれるか確認する
  • 施術方法や施術器具を確認する
  • クリニックのスタッフで施術経験者がいるか確認する

それぞれのポイントについて解説していきます。

知識や施術経験が豊富な医師が行ってくれるか確認する

施術を担当する医師の経歴や、施術回数などを確認してみましょう。

クリニックの公式ホームーページなどに、それぞれの経歴や過去に働いたことのある病院などのプロフィールが載っていることが多いです。

美容外科の医師としての勤続年数が多ければ、それだけ高い技術力があることを期待できるでしょう。

糸リフト自体の経験については、事前カウンセリングで質問することもおすすめです。

施術方法や施術器具を確認する

糸リフト治療に用いられる糸には複数の種類があるため、「クリニックでどのような糸を使用しているか」を確認することも重要です。

例えば、体内に吸収される素材、そのまま残ってしまう素材、ビタミンや金の成分が配合されている糸、トゲがついていない糸などがあります。

糸の種類や使用する道具によって、仕上がりや肌への影響が変化する可能性があるため、仕上がりのイメージをしっかり固めたうえで自分に合った施術方法や糸の種類を選びましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは強度の違う3種類の糸を治療によって使い分けています。

クリニックのスタッフで施術経験者がいるか確認する

施術を行う医師や看護スタッフの方が、糸リフトの施術を経験していることもクリニック選びの重要なポイントです。

実際に「糸リフトを行うとどのような結果になるか把握できる」ことや、術後の経過のモデルにもなるからです。

公式サイトには症例写真が掲載されていることもありますが、対面することでリアルな質感を確認できるでしょう。

気になる方は、看護師やスタッフに糸リフトの経験があるか質問してみることをおすすめします。

当院における糸リフト施術の流れ

当院における糸リフト施術の流れ

ラムールクリニックにおける糸リフト施術の流れは以下のようになっています。

糸リフト施術の流れ
  • 予約する
  • カウンセリングをする
  • 施術を受ける
  • アフターケアの説明を受ける

それぞれ順に解説します。

予約をする

LINE、または電話から予約を受け付けています。

予約の際に各種質問や悩み相談にも応じますので、お気軽にお申し付けください。

相談対応は無料で行っています。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

カウンセリングをする

予約日時が決まり、来院・受付が終わったあとでカウンセリングを実施します。

ほうれい線があることでどのようなお悩みをお持ちなのかを聞き取りし、治療の方針を決定します。

治療のデメリットや、痛みがあるかなど、聞いておきたいことがあればこの場で相談してください。

施術を受ける

カウンセリングで決まった治療方法に沿って、糸を挿入しリフトアップの施術を行います

片岡院長

お客様一人ひとりに寄り添った、丁寧な施術を提供させていただいております。

アフターケアの説明を受ける

施術後のダウンタイム中には、入浴や患部の刺激を避けるなどの注意点があります

治療が終わってから、これらのケアについて説明させていただきます。

糸リフトによるほうれい線治療に関するQ&A

糸リフトによるほうれい線治療に関するQ&A

初めて糸リフトを受ける方のために、糸リフトに関してよくある質問をご紹介します。

具体的には以下の内容です。

糸リフトのQ&A
  • ほうれい線の糸リフトは痛みますか?
  • 糸リフトは1本でも効果がありますか?
  • 糸リフトを若いうちから行うとどうなりますか?

それぞれ解説していきます。

ほうれい線の糸リフトは痛みますか?

糸リフトの治療には局部麻酔を使用するため、施術中に痛みを感じることは少ない傾向にあります。

ただし糸を挿入する位置がズレてしまった場合、術後に顔を動かすと痛みが生じることがあります。

ラムールクリニックで使用する糸は時間が立つと溶けて皮下組織に吸収するため、仮に痛みがあっても長く続く可能性は低いでしょう。

不安な方は事前カウンセリングのときにご質問ください。

糸リフトは1本でも効果がありますか?

治療効果を高めるために、左右3本ずつの計6本の挿入を推奨しています。

1本だけではリフトアップの力が弱く、左右のバランスも整えられないため期待するほどの効果を得ることができない可能性があります。

挿入する糸の本数は医師が判断するため、希望の本数と合わないという場合にはカウンセリング時に説明を受けましょう。

ラムールクリニックでは、お客様のほうれい線の状態に合わせて、「ビタミンスレット」というビタミンCが練り込まれた糸を一本だけ施術する方法も実施しています。

ビタミンスレット

ニキビ、シミ改善などにも効果が期待できる治療方法のため、興味のある方はお気軽にお問合せください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

糸リフトを若いうちから行うとどうなりますか?

20代などたるみが目立たない時期から糸リフトを行うことで、小顔や引き締め効果を期待できるでしょう。

糸リフトは筋肉や肌の弾力をサポートしてくれるものです。

30〜40代以降のたるみの予防として、若いうちからの糸リフトの施術を行う場合もあります。

【まとめ】ほうれい線の悩みは糸リフトで改善できる?

【まとめ】ほうれい線の悩みは糸リフトで改善できる?

ほうれい線は糸リフトだけで対処しきれない場合もあります。

しかし、リフトアップや小顔効果など肌を引き締める治療方法として様々なメリットを期待できるでしょう。

糸リフトだけで治療しきれないほうれい線には、ハイフ(HIFU)など他の治療があるため、そちらも併せて検討して見てください。

ラムールクリニックでは、どのような方法が最適なのか丁寧に診断し治療を実施させていただきます。

片岡院長

ラムールクリニックの糸リフトが気になる方は、まずお気軽にLINEの無料相談をご利用ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次