脂肪吸引注射で皮膚のたるみが生じる原因とは?|抑える方法や適する美容医療

脂肪吸引注射で皮膚のたるみが生じる理由とは?|原因や抑えるポイントを紹介

注射器による脂肪の吸引によって直接的に痩身を図り、リバウンドもしにくいことから高い人気を誇る「脂肪吸引注射」。

しかし脂肪吸引注射をご希望される方の中には、「皮膚のたるみ」を心配されている方も少なくありません。

そこで今回の記事では、脂肪吸引で皮膚のたるみが生じてしまう原因や皮膚のたるみを抑えるための方法・ポイント、皮膚がたるむ恐れがある方が合わせて行うと良い施術を紹介します。

脂肪吸引による皮膚のたるみに関して、よく聞かれる質問とその回答も紹介するので、最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることはある?

脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることはある?

脂肪吸引注射によって皮膚のたるみが生じること可能性は低いと言えるでしょう。

脂肪吸引注射によって皮膚にたるみができてしまうことを心配される方は、実際に多い印象があります。

しかし、適切な方法で脂肪吸引注射を行えば、皮膚と組織がしっかりとついて空洞ができず、たるみが発生する可能性は低くなります

通常の皮膚には伸縮性があり、吸引された箇所は自然に引き締まってくれるためです。ただし一定のケースにおいては脂肪吸引注射によって皮膚がたるむ可能性があるので、注意が必要があります。

皮膚のたるみが発生する恐れがあるケースについては、次の項目で紹介しますので、続けて一緒にチェックしてみてください。

片岡院長

ご不安な点があれば、お気軽にラムールクリニックにご相談ください。お客様に分かりやすいように、丁寧な説明をいたします。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

脂肪吸引注射で皮膚のたるみが生じる原因

脂肪吸引注射で皮膚のたるみが生じる原因

脂肪吸引注射において皮膚のたるみが生じてまう主な原因は、以下の2点です。

脂肪吸引注射でたるみが生じる主な原因
  • 一度に大量の皮下脂肪を吸引しすぎた
  • 皮膚の伸縮性が低下していた

ここでは上記の原因について、それぞれ紹介していきます。

一度に大量の皮下脂肪を吸引しすぎた

皮膚にたるみが生じてしまう原因としてまず挙げられるのが、一度に大量の皮下脂肪を吸引しすぎてしまうケースです。

脂肪吸引では、表皮や真皮の下にある脂肪細胞を取り除きます。そこでもし皮下脂肪を吸引しすぎてしまうと、表皮や真皮の体積が変わらないまま皮下脂肪だけ体積が減り、皮膚が余ってたるんでしまうのです。

そのため脂肪吸引注射を実施する医師には、どこまで吸引できるのかを適切に判断する知識や技術が求められます。

片岡院長

お客様の理想をまずお聞かせいただき、どこまで吸引できるのかを専門家の目で判断いたします。

皮膚の伸縮性が低下していた

脂肪吸引注射の結果皮膚がたるんでしまうケースには、皮膚の伸縮性が低下しているケースも挙げられます。

そもそも皮膚に伸縮性をもたらしているのは、皮膚の真皮層の繊維成分であるコラーゲンやエラスチンです。

しかしこれらの繊維成分は主に加齢とともに減少していき、皮膚の伸縮性が低下していってしまいます。

皮膚に伸縮性がない状態で脂肪吸引注射を行うと、脂肪の減少に対して皮膚の伸縮が十分でなく、たるんだ状態になってしまう恐れがあるでしょう。

脂肪吸引注射による皮膚のたるみを抑えるためのポイント

脂肪吸引注射による皮膚のたるみを抑えるためのポイント

脂肪吸引注射による皮膚のたるみを抑えるための主なポイントは、以下の通りです。

脂肪吸引注射によるたるみを抑えるためのポイント
  • 施術経験の豊富な医師に施術してもらう
  • カウンセリングで医師とよく相談する
  • ダウンタイム中は医師から言われた指示をしっかり守る

ここでは上記の原因について、それぞれ紹介していきます。

施術経験の豊富な医師に施術してもらう

脂肪吸引注射による皮膚のたるみを抑えるためには、施術経験を豊富に持つ医師に施術を依頼することが非常に大切です。

極端な言い方ではありますが、美容医療の経験が乏しい医師であっても、美容クリニックを立ち上げることは可能です。

しかし身体全体や施術箇所の周囲の部位とのバランスを確認し、仕上がりを正確にイメージして計画を立てるには、技術力や知識に加えて豊富な施術経験も求められます。

クリニックのホームページやSNSなどをチェックし、医師の経歴や症例実績を確認するようにしましょう。

カウンセリングで医師とよく相談する

カウンセリングで医師とよく相談することも、脂肪吸引注射による皮膚のたるみを抑えるためには重要です。

どんなに腕の良い医師を見つけたとしても、医師の勧めを聞かずに大量の脂肪吸引を強要しようとすると、無理な施術になってしまいかねません。

「どうせならできるだけ吸引してほしい」と思うのは自然なことですが、吸引できる限界のラインを、しっかりと見極めてもらいましょう。

ダウンタイム中は医師から言われた指示をしっかり守る

脂肪吸引注射のダウンタイム中は、医師からの指示をしっかりと守って安静に過ごすことが大切です。

ダウンタイム中の注意点としては、以下が挙げられます。

脂肪吸引注射のダウンタイム中の主な注意点
  • 施術後1週間程度は入浴を控える
  • シャワーもできるだけ短時間で終える
  • 施術後1~2週間は飲酒を控える
  • 施術後1~2週間は激しい運動を控える
  • 喫煙はできる限り控える
  • 栄養バランスを考えた食事をとる

運動や入浴などによって血行が促進されると、ダウンタイムの症状が悪化する恐れがあるため要注意です。

一方で喫煙は血液の循環を悪くし、回復を遅らせる恐れがあります。

また、ダウンタイムからの回復を目指して、タンパク質やビタミン、亜鉛などを積極的に食事に取り入れると良いでしょう。

上記の他にも、医師からの指示があればしっかりと聞いて守るスタンスが大切です。

脂肪吸引注射と合わせて行うと良い施術

脂肪吸引注射と合わせて行うと良い施術

脂肪吸引注射において皮膚がたるむ恐れがある方が合わせて行うと良い施術は、以下の2つです。

脂肪吸引注射で皮膚がたるむ恐れがある方が合わせて行うと良い施術
  • 糸リフト
  • ハイフ

ここでは上記の原因について、それぞれ紹介していきます。

糸リフト

脂肪吸引注射と併用すると良い施術としてまず挙げられるのが、「糸リフト」です。

顔に脂肪吸引注射を実施すると、フェイスラインがたるんで見えてしまうことがあります。脂肪がついてフェイスラインが見えない状態にある方ほど、脂肪吸引注射によってたるみが発生するリスクが高いと言えるでしょう。

そこで、脂肪吸引注射を行った後にたるんだ皮膚を糸リフトによって引き上げ、引き締まってスッキリした印象のフェイスラインを目指すのです。

糸リフトは皮膚の土台からたるみを持ち上げることから、早期に脂肪吸引の効果を実感しやすいと言えます。

ハイフ

脂肪吸引注射と併用すると良い施術としては、「ハイフ」も挙げられます。ハイフは超音波によって皮下の筋肉にアプローチし、肌を引き締められる施術方法です。

「SMAS筋」と呼ばれる、それまで外科手術でしかアプローチできなかった筋肉に働きかけられることから、無理なく皮膚を引き締めてたるみを抑えられます。

皮膚を切開したり針を刺したりすることがないため比較的リスクが低く、無理なくたるみを抑えられるでしょう。

片岡院長

ただし脂肪吸引注射を受けた後のどのタイミングで別の施術を受けるべきかは、医師にまずご相談くださいね。

脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることに関するQ&A

脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることに関するQ&A

施行注射による皮膚のたるみに関しては、以下のご質問をよくいただきます。

脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることに関するQ&A
  • 脂肪吸引注射をすると老けて見えますか?
  • 脂肪吸引注射は何歳までできますか?
  • 脂肪吸引注射の効果はどのくらい続きますか?

ここでは、上記の質問それぞれに対して回答を紹介します。

脂肪吸引注射をすると老けて見えますか?

適切な脂肪吸引注射を行えば、不要な脂肪が取り除かれてむしろ若々しい印象になります。

しかし医師の技術不足によって頬骨周辺や口周りの脂肪を吸引しすぎてしまうと、老けて見えるリスクはあるでしょう。

また、目の下や頬骨の下がへこんでいたり元々こけていたりする方の場合も、脂肪吸引注射によって老けて見える可能性はあります。

いずれにしても医師が適切に判断すれば避けられることではありますので、まずは信頼できる医師を見つけることが大切でしょう。

脂肪吸引注射は何歳までできますか?

脂肪吸引注射には、明確な年齢制限はありません。健康に問題がなく効果が期待できると判断されれば20代、30代の方はもちろん40代、50代、そして場合によっては60代、70代の方でもご利用いただけます。

ただし加齢とともに皮膚は伸縮性を失いたるみやすくなることから、高齢の方の場合は推奨されないケースも考えられるでしょう。

また、あまりに若すぎる方の場合も、手術後に体系が変化する可能性が大きいことから避けた方が良いと判断されることはあります。

いずれにしても、「脂肪吸引注射を受けたい」と感じたらまずは医師に相談してみることが重要です。

脂肪吸引注射の効果はどのくらい続きますか?

脂肪吸引注射の効果は、施術部位に関しては半永久的に続くきます

脂肪吸引注射は脂肪細胞そのものを取り除く施術方法であり、脂肪細胞は一度なくなったものは再生しないためです。

リバウンドの心配が少ないことから、なかなか痩せにくいと感じている方にも人気があると言えるでしょう。

ただし暴飲暴食や運動不足による筋肉量の低下などによって施術部位以外の部分に脂肪がついてしまうことはあるため、体型管理は引き続き大切です。

【まとめ】脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることはある?

【まとめ】脂肪吸引注射で皮膚にたるみが生じることはある?

今回は、脂肪吸引注射によって皮膚のたるみが生じてしまう原因や、たるみを抑えるためのポイントなどを紹介しました。

脂肪吸引注射を適切に行うことで皮膚が弛む可能性は低くなりますが、脂肪を吸引しすぎたり皮膚の伸縮性が失われていたりするとたるみが発生する恐れはあります。

皮膚のたるみを抑えるためには事前に医師としっかり話し合い、施術後の過ごし方についても医師の指示をよく聞くことが大切でしょう。

ラムールクリニックでは、お客様のお話を丁寧にうかがい、ご自身にとって最適だと判断できる施術プランを提案しております。

また、当院の脂肪吸引注射のページでは、脂肪吸引注射の概要や料金、症例写真などを掲載しておりますので、合わせてご覧ください。

片岡院長

ラムールクリニックで施術をご希望の方は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次