脂肪吸引注射でリバウンドする原因|回避方法やダイエットとの違いも解説

脂肪吸引注射でリバウンドする原因|リバウンドをなくす方法も合わせて解説!

注射器で直接体内の脂肪細胞を吸い取って部分痩せができる「脂肪吸引注射」。

しかし、せっかく脂肪を吸引しても、リバウンドしてしまったら元も子もありません。

本記事では、脂肪吸引注射のメリットや脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしない方法について解説しているので、最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドする原因

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドする原因

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドする原因として、具体的には以下が挙げられます。

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドする原因
  • 暴飲暴食をしているから
  • 筋肉量が落ちてしまったから
  • 残った脂肪が膨らんでしまったから

それぞれの要因について詳しく解説していきます。

暴飲暴食をしているから

脂肪吸引注射後に暴飲暴食をすると、返ってリバウンドしてしまう恐れがあります。

脂肪吸引はダイエットよりもリバウンドのリスクが低いと言えますが、乱れた食生活を続けているとリバウンドの危険性は高まってしまいます

脂肪吸引したからと言って安心するのではなく、最低限、暴飲暴食しないように気を付けましょう。

筋肉量が落ちてしまったから

筋肉量が落ちてしまうこともリバウンドにつながります。

筋肉量が少ないと基礎代謝が低くなり、その分カロリー消費がしづらい身体になってしまいます。

脂肪吸引注射後は筋肉量が減らないよう、適度に運動をして筋肉を保つよう心掛けましょう。

もちろん、医師から運動の許可が下りてから運動をするようにしてください。

残った脂肪が膨らんでしまったから

脂肪吸引注射後、残った脂肪が膨らむとリバウンドすることがあります。

脂肪吸引注射で脂肪を吸い出すとき、大抵の場合は脂肪をすべて取り除くのではなく、必要な分の脂肪は残します

理由は、各個人によって吸引できる脂肪量が異なるからで、必要以上に脂肪を吸い取ってしまうと、見た目のバランスが悪くなってしまいます。

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしないようにする方法

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしないようにする方法

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしないようにする方法はいくつかあります。

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしないようにする方法
  • むくみを助長する食事を控える
  • バランスの良い食生活に切り替える
  • 適度な運動をする

上記の方法について、順番に解説していきます。

むくみを助長する食事を控える

施術後にリバウンドしない方法として、「むくみを助長する食事を控える」ということが挙げられます。

塩分には水分を溜め込む性質があり、過剰に摂取するとむくみの原因になってしまいます。

また厚生労働省は『日本人の食事摂取基準(2020 年版)』で、塩分摂取量の目標を公表しました。

その目安とされる塩分摂取量は男性が7.5g未満、女性が6.5g未満です。

特に味噌や醤油には塩分が多く含まれているものもあるため、注意した食事を心がけましょう。

バランスの良い食生活に切り替える

施術後にリバウンドしないようにするためには、「バランスの良い食生活に切り替える」ことも大切です。

間食は最低限にとどめ、タンパク質や炭水化物、ビタミンやミネラル、糖質などを偏りなく摂るように心がけてください。

和食は大豆や魚を使用した料理が多く、良質な栄養素が豊富に含まれています。

また、油の多い料理やジャンクフード、甘いスイーツが好きな方も多いかもしれません。

しかし高カロリーな食事を摂りすぎているとリバウンドにつながるため、できるだけヘルシーでバランスの良い食事を意識するようにしましょう。

適度な運動をする

施術後にリバウンドしないためにも、適度な運動は大事です。

運動習慣を身に着けると、筋肉量の減少を抑えられるだけでなく、基礎代謝が上がり、痩せやすい身体作りができます。

運動にはジョギングなどの有酸素運動を始め、筋トレやヨガなどさまざまな種類があります。

ご自身のその日の体調に合わせた運動を、日々の生活に取り入れるようにしましょう。

また、施術後しばらくは安静のため、基本的には運動ができなくなります。

医師から運動許可が下りたら、少しずつ身体を動かすと良いでしょう。

脂肪吸引注射とダイエットの違い

脂肪吸引注射とダイエットの違い

人間の身体は食事をすることによって体内に栄養を摂り込みます。

摂り込まれた栄養は消化・吸収され、エネルギー源として身体を動かしたり、身体の一部となったりします。

余った栄養の一部が脂肪として細胞内に取り込まれ、細胞が大きくなったり小さくなることで体重が変化する構造です。

ダイエットとは「脂肪そのものを小さくすること」です。

一方、脂肪吸引注射は細胞ごと吸い取って、細胞数そのものを減らします

そのため、ダイエットと脂肪吸引注射とでは痩せる仕組みは異なります。

片岡院長

当院で施術される方で気になることがあれば、カウンセリング時にお声がけください。

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしているように見える理由

<h2 class="text-center mx-auto cDarkGrey h3 mb-3 title_borderB_Gold">

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしているように見える理由には、以下が挙げられます

脂肪吸引注射の施術後にリバウンドしているように見える理由
  • 一時的にむくんでしまっているから
  • 施術部位に水が溜まることがあるから

それぞれについて、解説していきます。

一時的にむくんでしまっているから

施術後にリバウンドしているように見える理由として、一時的にむくんでしまっていることが挙げられます。

脂肪吸引注射で使用する器具は「カニューレ」と呼ばれる細い管です。

カニューレで脂肪を吸引すると、一時的に空間ができ、そこに体液が溜まってむくんでしまいます

このむくみを解消するには、身体を冷やさず、しっかりと温めて血流を良くすることが大切です。

施術部位に水が溜まることがあるから

施術後にリバウンドしているように見える理由として、施術部位に水が溜まることがあるからという点も挙げられます。

先ほども解説した様に、脂肪吸引して空いたスペースに水が溜まると、その分体重が増えてしまいます。

水は脂肪よりも重いため、体重測定で出た数値に驚くことがあるかもしれません。

脂肪を多く吸引すればするほどスペースができるため、そこに血液や麻酔液などが溜まります。

しかし、これらの水分は時間の経過とともに体内に吸収されます。

もし施術後に不安な点がある場合は、医師に相談しましょう。

片岡院長

当院で施術される方はお気軽にご相談ください。

ラムールクリニックの脂肪吸引注射の施術部位

脂肪吸引注射 ラムールクリニック

当院の脂肪吸引注射では、上記のお顔の部位の施術が可能です。

二重あごや頬のたるみで悩んでいる方も、ぜひご相談ください。

ラムールクリニックでは、お客様のお顔を実際に確認したうえで、お客様個人に合わせた施術をご提案しております

脂肪吸引注射の概要や料金等の詳細は、脂肪吸引注射の詳細ページで詳しく掲載していますのでご確認くださいませ。

片岡院長

当院で「脂肪吸引注射の施術を検討している方」は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

些細な質問や心配事にもお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

脂肪吸引注射の施術後のリバウンドに関してよくある質問

脂肪吸引注射の施術後のリバウンドに関してよくある質問

脂肪吸引注射の施術後のリバウンドに関してよく頂く質問は、以下の通りです。

脂肪吸引注射の施術後のリバウンドに関してよくある質問
  • 脂肪吸引注射の施術中の痛みはありますか?
  • 脂肪吸引注射のダウンタイムはどのくらいですか?
  • 脂肪吸引注射の施術後に控えた方がいいことはありますか?

それぞれの質問に回答していきます。

脂肪吸引注射の施術中の痛みはありますか?

脂肪吸引注射は施術前に静脈麻酔を使用するため、個人差はありますが痛みはほとんど感じません

麻酔で眠った状態で脂肪を吸引するため、リラックスした状態で施術します。

治療時間も30分から1時間で、日帰りでの施術が可能です。

もし痛みが不安な場合は、カウンセリングで医師に伝えましょう。

脂肪吸引注射のダウンタイムはどのくらいですか?

脂肪吸引注射のダウンタイムで起こる症状は、むくみや腫れ、筋肉痛のような痛みや内出血などです。

吸引する脂肪の量や部位、個人によってダウンタイム期間が異なりますが、一般的には2週間から2か月です。

また傷口以外は施術当日もメイクが可能で、患部を避ければ洗顔しても問題ありません。

片岡院長

ラムールクリニックでは施術後のアフターケア方法もご教示いたします。

脂肪吸引注射の施術後に控えた方がいいことはありますか?

施術当日は長時間の入浴は避け、できればシャワーで済ませることをおすすめします。

また、腫れが酷くなる恐れがあるため、飲酒は施術後1週間程度は控えた方が安全です。

激しい運動は1か月程度控え、安静に過ごすことが望ましいでしょう。

【まとめ】脂肪吸引注射の施術後にリバウンドする原因

【まとめ】脂肪吸引注射の施術後にリバウンドする原因

今回は、脂肪吸引注射の施術後にリバウンドすることはあるのかということや、施術後に気を付けることなどについて解説しました。

脂肪吸引注射は部分痩せが可能で、可能な範囲内で気になる部分の脂肪を吸引できます。

当院では、お客様の悩みやご希望をお伺いし、お客様お一人おひとりに合わせた最適な施術をご提案します。

ラムールクリニックの脂肪吸引注射の詳細ページでも脂肪吸引注射の概要や料金形態、症例写真などを掲載しておりますので合わせてご覧ください。

片岡院長

当院で施術をご希望の方は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次