脂肪吸引注射をして体重が減らない原因|効果を実感するまでの期間や維持方法 

脂肪吸引注射をして体重が減らない原因|効果を維持するポイントも紹介 

施術部位の皮下脂肪を直接取り除くことから、短期間での部分痩せ効果を期待できる「脂肪吸引注射」。

しかし、脂肪吸引注射を希望する方の中には、「脂肪吸引注射って、体重が減らないって本当?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、脂肪吸引注射が減らない場合の原因や、脂肪吸引注射の効果を維持するためのポイントなどについて解説します。

脂肪吸引注射の効果に関して、良く聞かれる質問とその回答も紹介しているので、チェックしてください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

脂肪吸引注射をして体重が減らないことはあるの?

脂肪吸引注射をして体重が減らないことはあるの?

脂肪吸引注射を受けた後に、「想像していたよりも体重が減らない……」ということは充分に起こり得ます

脂肪組織の密度は0.9007g/㎤と低く、水よりも軽い存在であるためです。

水よりも軽いので、たとえば全身で1リットル(1000cc)の脂肪組織を吸引したとしても、体重が1kg減るわけではありません

確かに脂肪組織は減りますが、施術部位にむくみが発生したり傷ついた組織を修復したりと、同時に体重が増える要素も発生します。

脂肪吸引注射は体重をすぐに減らすことを目的としたものではなく、見た目を変化させることを大きな目的とした美容医療です。

脂肪吸引注射をしたのに体重が減らない原因

脂肪吸引注射をしたのに体重が減らない原因

脂肪吸引注射による体重の変化には、個人差があることが一般的です。

もし脂肪吸引注射をしたのに思ったより体重が減らないと感じるようなら、以下が主な原因として考えられます。

脂肪吸引注射をしたのに体重が減らない主な原因
  • 皮下脂肪が元々少なかったから
  • むくみによって水分量が増えているから
  • 生活習慣が乱れてしまっているから

ここでは、上記のそれぞれの原因について解説します。

皮下脂肪が元々少なかったから

脂肪吸引注射後に体重が減らない理由としては、皮下脂肪が元々少なかったことが理由の1つとして考えられます

脂肪吸引注射は、皮下脂肪を除去する美容医療です。皮下脂肪が少なければ当然取り除く量は少なくなるため、体重も減少しにくいと考えられるでしょう。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあり、減ることで見た目の印象に影響しやすいと言えます。そのため、体重が思うように減っていなくても脂肪吸引注射の効果は期待できるはずです。

むくみによって水分量が増えているから

むくみによって水分量が増えることも、脂肪吸引注射後に体重が減らない原因になると考えられます。

脂肪吸引注射によって皮下脂肪がなくなってできた隙間に体液(血液やリンパ液など)が溜まることで、施術後は一時的にむくむことが一般的です。

脂肪の吸引量が多いほどすき間が大きくなることから、むくみや腫れが大きくなる傾向があると言えます。ただしむくみはあくまでも一時的なものであり、症状が落ち着けば体重も元に戻るでしょう。

施術後のむくみを抑えるには、患部を固定して体液の排出を促し、血液の循環を円滑にすることが大切です。

片岡院長

術後1週間程度で、むくみはピークを迎えます。その後徐々に落ち着いていき、通常は1ヶ月程度で収まるでしょう。

生活習慣が乱れてしまっているから

生活習慣が乱れたままだと、脂肪吸引注射を受けても体重が減るどころか増えてしまうことも充分に考えられます。

脂肪吸引注射によって脂肪細胞は確かに減りますが、運動不足や食生活の乱れなどが慢性的に続けば残った脂肪細胞が肥大化して体重が増えてしまう可能性もあります。

ただしこれは脂肪吸引注射の施術後に限った話ではなく、美しさを追求する上でしっかりと向き合いたい問題だと言えます。

片岡院長

バランスの良い食事と運動を取っていても、不規則な生活をしていれば自律神経が乱れて代謝や血流を妨げる恐れがあります。

脂肪吸引注射の効果を実感するまでにかかる期間

脂肪吸引注射の効果を実感するまでにかかる期間

脂肪吸引注射の効果は、通常2~3ヶ月程度で感じられることが一般的です。脂肪組織を直接的に取り除くことから施術直後からも「細くなった」と感じられるケースは多々あります。

見た目の変化に関して言えば、脂肪吸引注射は即効性が高い美容医療です。

しかし、脂肪組織が取り除かれた箇所に体液が溜まってむくみや腫れなどが一時的に起きます。そしてここから2~3ヶ月程度でダウンタイムの症状がほぼ収まり、術後半年程度で収まっていきます。

脂肪吸引注射の効果を維持するためのポイント

脂肪吸引注射の効果を維持するためのポイント

脂肪吸引注射の効果を維持するためのポイントとしては、主に以下が考えられます。

脂肪吸引注射の効果を維持するためのポイント
  • 適度な運動を行う
  • 栄養バランスの整った食生活を意識する
  • 睡眠不足やストレスをできるだけなくす

ここでは、上記のそれぞれのポイントについて解説します。

適度な運動を行う

脂肪吸引注射の効果を維持するためには、適度な運動の習慣化が大切です

身体を動かさず消費カロリーが少ない状態が続けば、脂肪細胞が大きくなってしまう恐れがあります。

激しい運動をする必要はなく、日常生活の中でできるだけ身体を使うことを意識すると良いでしょう。

エレベータやエスカレーターを使わず階段を使うようにする、ちょっとした移動には車を使わず歩くようにするなど、少しでも運動するように心がけましょう。

栄養バランスの整った食生活を意識する

栄養バランスの整った食生活を意識することも、脂肪吸引注射の効果を持続させるためには重要だと言えます。

「美肌やダウンタイムの回復にはタンパク質を取ると良い」「カリウムや亜鉛が重要」などとよく言われますが、いずれかの栄養素を極端に多く摂るのではなく、バランス良く摂ることが健康・美容には重要です。

片岡院長

できるだけ栄養バランスが良く、多すぎない・少なすぎない量の食事をとることが理想ですね。

睡眠不足やストレスをできるだけ無くす

睡眠不足やストレスは、健康や美容の大敵です。

睡眠不足状態が続くと自律神経が乱れ、内臓機能が低下して血流が悪くなります。血流が悪化すると水分や老廃物が溜まりやすくなり、結果としてむくみが出やすい身体になってしまうのです。

またストレスを感じ続けていると、ストレスホルモンである「コルチゾール」が分泌されると言われています。コルチゾールが増えると血管やリンパ管の結びつきが弱まり、お互いを行き来する体液が漏れ出してむくみやすくなってしまうのです。

脂肪吸引注射の施術を受けた後はもちろん、普段から睡眠不足やストレスには充分な注意が必要でしょう。

片岡院長

睡眠不足もストレスもなかなか簡単に解消できるものではないかもしれませんが、まずは運動や気分転換などからでも始めてみましょう。

脂肪吸引注射をして体重が減らないことに関するQ&A

脂肪吸引注射をして体重が減らないことに関するQ&A

脂肪吸引注射をして体重が減らないことに関しては、以下のご質問をよくいただきます。

脂肪吸引注射の効果を維持するためのポイント
  • 脂肪吸引注射をしたら体脂肪率も減りますか?
  • 脂肪吸引注射とダイエットのどちらの方がいいですか?
  • 脂肪吸引注射をして体重が減らないときはどうしたらいいですか?

ここでは、上記のそれぞれの質問に対して回答を紹介します。

脂肪吸引注射をしたら体脂肪率も減りますか?

脂肪吸引注射によって脂肪細胞は確かに減りますが、体脂肪率に対する大きな効果はあまり期待できないと考えた方が良いでしょう。

体脂肪率には、脂肪吸引注射によって取り除く皮下脂肪以外にも様々な脂肪が含まれているためです。

もちろん厳密には少し下がっている可能性がありますが、「この施術内容なら〇%程度下がる」と具体的に提示することは、難しいでしょう。

片岡院長

体重や体脂肪ではなく、あくまでも見た目を変化させるための美容医療考えてください。

脂肪吸引注射とダイエットのどちらの方がいいですか?

脂肪吸引注射とダイエットはそれぞれ効果が異なるものであり、「どんな場合でも〇〇の方が良い」と言い切れるものではありません

脂肪吸引注射は体重や体脂肪率に大きな変化を及ぼしませんが、施術箇所の見た目を短期間で変える効果が期待できます。

そのため、細くしたい部位が明確に決まっていて、なかなか細くならないような場合は、脂肪吸引注射が大きな効果をもたらしてくれる可能性があるでしょう。

ただし脂肪吸引注射は施術箇所を細くすることはできても、ダイエットのように筋肉を増やしたり内臓脂肪も含めた体全体の脂肪を落としたりすることはできません。

身体を内側から変えて健康的な美を手に入れるためには、ダイエットも取り入れることが大切だと言えます。

片岡院長

「バストをそのままに腰周りを細くしたい」「二の腕だけ気になる」などと言った場合は、脂肪吸引注射も一つの選択肢です。

脂肪吸引注射をして体重が減らないときはどうしたらいいですか?

脂肪吸引注射をしても体重が減らない場合、ご自身の希望が何なのか整理して考えることが大切です。

もし身体の特定の部位をスッキリさせて見た目を変えたいのであれば、体重が減らない自体は大きな問題にならないとも考えられます。

また、脂肪吸引注射後に体重が減るどころか増えるようであれば、運動習慣や食生活などの見直しをする必要があるかもしれません。

そして、そもそも体重を減らしたいとお考えであれば、医療ダイエットや脂肪溶解注射など他の方法を検討してみることも必要でしょう。

【まとめ】脂肪吸引注射をして体重が減らないことはあるの?

【まとめ】脂肪吸引注射をして体重が減らないことはあるの?

今回は、脂肪吸引注射による体重への影響や脂肪吸引注射の効果を持続させるためのポイントなどについてお話しいたしました。

脂肪吸引注射は脂肪を吸い取ることで施術部位の「見た目」を変えることを主な目的としており、施術後に体重が思うように減らないことは充分にありえます。

二の腕や腰など特定の部位を部分痩せさせたい場合、脂肪吸引注射は部分痩せ効果を期待できるでしょう。ご自身の希望や理想が何なのかを整理してみて、適切な美容医療を受けていただければ幸いです。

ラムールクリニックでは、お客様のお話を丁寧にうかがいお身体の状態を確認した上で、適切な施術計画をご提案しております。

脂肪吸引注射についても施術部位や吸引量、施術回数などをしっかりと検討してご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

片岡院長

ラムールクリニックで施術をご希望の方は、渋谷のラムールクリニックのLINE公式アカウントからお気軽に無料相談をご利用ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次