ハイフは痛いって本当?|痛みを感じる原因や軽減するための対策をご紹介

ハイフは痛いって本当?|痛みを感じる原因や軽減するための対策をご紹介

手軽に受けられる一方、痛みが伴うことから受けるのを躊躇している方も多い「ハイフ」。

メスを入れずにリフトアップや小顔効果が期待できる施術として人気ですが、痛みの度合いによっては施術に苦痛を感じる方も少なくありません。

今回はそんなハイフの痛みについて、どんなレベルの痛みを伴うのか、また最小限に抑えるためにはどんな対策をとるべきなのかご紹介します

なぜ痛みを生じるのかを知っておくだけでも、施術への負担が少なくなり、より手軽に受けられるようになるでしょう。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

ハイフの施術は痛い?

ハイフの施術は痛い?

そもそもハイフとは、機械から出る超音波を肌に当てることで、リフトアップや小顔効果を狙う施術です。

超音波は皮膚の内部で熱を発生させ、脂肪を溶解して排出されやすくしたり、SMAS筋膜を収縮させたりとさまざまな効果を狙えるのが特徴です。

ハイフの仕組み

ハイフの施術では誰しもが少なからず違和感や痛みを感じることでしょう

「熱を発生させる」ということは、すなわち熱さや痛みを感じるということです。

施術中はもちろん、施術後は数時間ピリピリとした痛みが続く可能性があります。

耐えられないほど痛みが強い場合や、帰宅後何日も痛みが続く場合は、なるべく早く医師に相談することが大切です。

一方、扇形に超音波を照射することで、肌の内部で密集した超音波が効率的に熱を発生させるのに加え、浅い部分にはほとんどダメージを及ぼさないのもメリットの一つです。

痛みは感じるものの、表皮へのダメージが少ないのがハイフならではの魅力といえるでしょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは、施術後のアフターフォローも万全な体制を整えております。何かトラブルがあった場合はお気軽にご連絡ください。

ハイフの施術時に感じる痛みの種類

ハイフの施術時に感じる痛みの種類

ハイフの施術時は少なからず痛みを感じる方が多いですが、痛みの種類や程度は人によってさまざまです。

ハイフの施術時に感じる痛みの種類
  • 骨に響くような痛み
  • 皮膚の奥がチクチクするような痛み

事前に痛みの種類を把握し、施術へのイメージを膨らませておくと良いでしょう。

骨に響くような痛み

顔の皮膚はそれほど脂肪が多くなく、骨との距離が近い部分も多々存在します。

こういった部分にハイフを受けると、超音波が骨に当たってズンと重い痛みを感じる場合があります

特にSMAS筋膜にアプローチしリフトアップを目指す場合、骨との距離が近くなり痛みが発生しやすくなります。

ゴツゴツと骨ばった部分への施術は避け、あまりに痛みが強い場合はハイフ以外の施術も検討すると良いでしょう。

皮膚の奥がチクチクするような痛み

骨に近い場所ではなくても、皮膚の下で熱が発生することでチクチクとした痛みを感じる場合があります。

針の先端でチクチクと突いたような痛みであったり、ジワジワと熱くなったりと人によって感じ方はさまざまですが、いずれも我慢できる程度であることがほとんどです。

一方で耐えきれないような痛み・熱さを感じた場合は、ただちに医師へ相談し出力の調整や場所の移動を行わなければなりません。

我慢を続けることでやけどを引き起こしたり、神経を損傷したりする危険性もあるため、気になったことがある場合は必ず申し出ましょう。

片岡院長

ラムールクリニックでは痛みなどのリスクについてもしっかりと説明させていただきます。まずは下記のボタンからカウンセリングへお申し込みください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ハイフの施術時に痛みを感じる原因・要素

ハイフの施術時に痛みを感じる原因・要素

さまざまな場合で痛みを感じるハイフですが、一体どういう仕組みで痛みを生じているのでしょうか。

ハイフの施術時に痛みを感じる原因・要素
  • 照射の深さ
  • 照射出力の大きさ
  • 照射部位の皮膚や脂肪の厚さ

原因となる3つの要素をチェックし、施術への理解を深めましょう。

照射の深さ

ハイフにはさまざまなカートリッジがあり、超音波を照射する深さを変更できます。

これにより脂肪層にアプローチしたいのか、SMAS筋膜を引き締めたいのかなど、悩みに合わせた施術が可能となります。

適切な部位に適切なカートリッジを選ぶことで、より効率的に理想の状態を目指せるでしょう。

一方、未熟な医師による施術を受けた場合など、照射の深さを誤ると痛みが生じる場合があります

超音波が骨や神経に当たっている場合などは照射が深すぎる場合があるため、痛みを報告することで深さを調整してもらわなければなりません。

照射出力の大きさ

適切な部位に適切な深さで照射ができていても、出力が大きすぎるとその分痛みが強くなります

脂肪の多い部分では出力を上げ、そうでない部分は下げるなど、細かな調整が必要となるでしょう。

一人ひとり筋肉や脂肪のつき方・骨格などが異なるため、個人差を理解し適切な施術を行えるクリニックを選ぶ必要があります

痛みが強すぎる場合は出力を下げて対応しなければならないため、我慢せずに申し出ることが大切です。

照射部位の皮膚や脂肪の厚さ

皮膚や脂肪が厚ければその分痛みを感じにくく、出力を上げた施術が可能となります。

一方、皮膚が薄く脂肪がほとんどない部分にハイフを当てると、骨へダイレクトに熱が伝わり、痛みを感じやすくなるでしょう。

本来脂肪がない部分ではハイフの効果を実感しにくく、さらに脂肪が減ることで頬がコケる可能性があります

当てるべき部分とそうでない部分の差を理解した医師が在籍し、場合によってはハイフ以外の施術も組み合わせられるようにメニューが豊富なクリニックを選ぶのがおすすめです。

片岡院長

当院では一人ひとりの患者様にあわせて適切な照射を徹底しております。

ハイフ施術時の痛みを軽減するための対策

ハイフ施術時の痛みを軽減するための対策

ハイフには痛みが付き物だとはいえ、痛みを我慢しながらでは施術を継続しにくくなってしまいます

自分でできる痛みの軽減対策を試しながら、できるだけリラックスして受けられるように工夫しましょう。

ハイフ施術時の痛みを軽減するための対策
  • 医療ハイフの実績が豊富で痛みに配慮したクリニックを選ぶ
  • 痛みの軽減が期待できるハイフ機器を選ぶ
  • ハイフ機器の出力を調整してもらう
  • 施術時に麻酔をつけてもらう
  • 痛み止めを処方してもらう

それぞれの対策について詳しくご紹介します。

医療ハイフの実績が豊富で痛みに配慮したクリニックを選ぶ

先ほども触れたように、ハイフの施術は一人ひとり異なる顔の形状を理解して行わなければなりません。

出力やカートリッジの種類はもちろん、筋肉や脂肪のつき方を考慮し、適切な状態で施術を行う必要があります。

そのため、これまでに多くのハイフ施術を担当し、さまざまなケースに臨機応変に対応してきた医師を選ぶことが大切です

公式サイトでハイフの施術件数を公開していたり、写真つきで症例を紹介していたりするクリニックであれば、実績が分かりやすく選ぶ際のポイントとなるでしょう。

痛みの軽減が期待できるハイフ機器を選ぶ

一言で「ハイフ」といってもその種類はさまざまであり、クリニックによって導入している機械が異なります。

代表的な機械と特徴を確認し、自分に合ったものを導入しているクリニックを探しましょう。

スクロールできます
ハイフの種類痛みの度合い特徴
ウルセラ強めアメリカFDAの認証済みで高い温度での照射が可能
ウルトラフォーマーⅢ強め7種の専用カートリッジで希望に合わせて対応可能
ウルトラフォーマーMPT弱めやけどのリスクを下げスピーディな施術が可能
ウルトラセルQ+弱め3種のレーザーを使い分けられる
ソノクイーン弱め痛みが少なくダウンタイムも短め
ダブロゴールド弱め線状照射で刺激を抑えられる
※痛みの度合いは人によって異なります。

照射温度が高く効率的に引き締め効果を狙えるウルセラやウルトラフォーマーⅢは、比較的痛みが強めであることが多いといえます。

これに対し刺激を最小限に抑える目的で作られたウルトラフォーマーMPT・ウルトラセルQ+・ソノクイーン・ダブロゴールドなどは、麻酔なしでも受けやすいでしょう。

痛みが強めに出やすいクリニックを選ぶ際は、麻酔の有無などを確認し、痛みへの配慮があるかどうか確かめておくことが大切です。

ハイフ機器の出力を調整してもらう

我慢できないほどの痛みに耐えながら施術を受けても、ハイフの効果が劇的に変わるわけではありません。

それどころかやけどなどのリスクが高まるため、痛みが強いと感じたときは医師に相談しましょう

出力を下げてもらい、無理なく受けられるレベルで施術を行ってもらうことが大切です。

また、痛みが不安で施術に耐えられるか分からないと感じる場合、施術前に申し出ておくのがおすすめです。

不安を伝え出力を抑えた状態からスタートしてもらい、徐々に上げていくことで適切なレベルが分かりやすくなるでしょう

施術時に麻酔をつけてもらう

ハイフの施術を受ける前に麻酔を使うと、熱さや痛みを感じにくくなります。

施術部位に塗って使うタイプのクリーム麻酔を導入しているところもあれば、ガスを吸入して不安を和らげる笑気麻酔を使っているところもあるため、自分に合ったクリニックを選びましょう。

麻酔を使う場合は効果が出るまでに時間がかかるため、その分も加味して予約を入れなければなりません。

麻酔を使う可能性がある場合は、予約を入れる前に相談するのがおすすめです。

痛み止めを処方してもらう

クリニックの中には、痛み止めを服用することでハイフの刺激を抑えられるところもあります。

一般的な鎮痛剤と同じく痛みを和らげる効果が期待できますが、対応しているクリニックが少ないため、事前に確認しておきましょう。

また、クリニックで痛み止めを処方してもらえるからといって、市販のものや他の病気を治療する目的で処方されたものを服用して施術を受けてはいけません

自己判断で服用した痛み止めによって刺激を感じなくなり、肌の許容量を超えた出力が照射された場合、重度の火傷が起こる可能性があります。

美容医療を受ける際は、飲んでいる医薬品を正しく申告し、問題がないことを確認してもらうのも大切です。

片岡院長

ラムールクリニックでは、施術前に患者様と入念に話し合い、痛みへの不安や不明点を解消するお手伝いをさせていただきます。

L’amour clinic Tokyoでは痛みの軽減が期待できるハイフ機器を使用

L’amour clinic Tokyoでは痛みの軽減が期待できるハイフ機器を使用

ラムールクリニックでは、ウルトラフォーマーⅢの進化版として登場した機器「ウルトラフォーマーMPT」を採用しています。

ウルトラフォーマーⅢは7種類のカートリッジがあったのに対し、ウルトラフォーマーMPTは合計10種類に増え、より細かな要望に応えやすくなっています。

点状照射・線状照射を使い分けることで、従来の機能はそのままに、痛みを最小限に抑えられるようになりました。

また、出力を0.1J下げたことで肌表面のやけどリスクを減少させ、より安心して受けられるようになったのも魅力的なポイントです。

デリケートな目の周りから頑固なほうれい線・フェイスラインのたるみなど、さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

片岡院長

ラムールクリニックのハイフが気になる方は、無料で受けられるカウンセリングからお気軽にチャレンジしてみてください。お申込みは下記のボタンから受け付けております。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

ハイフの痛みに関するQ&A

ハイフの痛みに関するQ&A

最後に、ハイフについていただくことの多い質問をご紹介します。

ハイフの痛みに関するQ&A
  • ハイフの痛みはいつまで続きますか?
  • 施術時の痛みが強い方が効果がありますか?
  • ハイフの痛みは我慢した方がいいですか?

それぞれの質問と回答を確認し、ハイフについての理解を深めましょう。

ハイフの痛みはいつまで続きますか?

施術中に感じたハイフの痛みは、照射が終われば自然と治まっていきます。

施術後にヒリヒリとした痛みを感じる場合もありますが、多くの場合は当日中、長くても2~3日程度でなくなるでしょう。

また、中には施術後に筋肉痛のような鈍い痛みを感じ、1週間~1ヶ月ほど続く方も見られます。

これらの他に耐え切れないような強い痛みがあったり、1ヶ月を過ぎても痛みが続いたりする場合は、施術を受けたクリニックに相談することをおすすめします。

施術時の痛みが強い方が効果がありますか?

ハイフに関するイメージの一つに、「痛みが強ければ強いほど効果が高い」というものがあります。

しかし現実はというと、痛みを耐えたからといって効果が大きく異なるわけではありません

もちろん弱すぎる出力では変化を感じにくくなるものの、適正な出力の範囲で著しく効果が減少することはないでしょう。

痛みが強すぎると感じた場合は我慢せずに相談し、出力やカートリッジを変更してもらうことが大切です。

ハイフの痛みは我慢した方がいいですか?

上記の質問と重複する部分もありますが、ハイフの痛みは必ずしも我慢しなければならないわけではありません

チクチクとした耐えられる程度の痛みであれば良いですが、顔をしかめるほどの強い痛みは出力や超音波の深さに問題があることがほとんどです。

医師が正しく出力を判断するためにも、痛みの申告は正直に行うことをおすすめします。

【まとめ】ハイフの施術時に痛みを感じる原因と対策

【まとめ】ハイフの施術時に痛みを感じる原因と対策

今回はハイフの施術で感じる痛みについて、原因や対策を交えてご紹介しました

チクチクとした痛みや骨に当たる重い痛みなど、ハイフではさまざまな種類の痛みが生じる場合があります。

過度に我慢することなく、リラックスして受けられるよう麻酔の使用や出力の調整を行ってもらいましょう。

ラムールクリニックでは、効果や理想の仕上がりだけでなく、痛みなどの不安にも寄り添いながら安心して施術を受けていただけるよう努めています。

片岡院長

不安なことや分からないことがある場合は、無料のカウンセリングでお気軽にご相談ください。お申込みはWEBやお電話から受け付けております。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次