鼻の横にほうれい線ができる原因|4つの美容医療の施術・貴族フィラーについて解説

鼻の横にほうれい線ができる原因|4つの美容医療の施術を紹介

鼻の横から下にスッと1本シワが入るほうれい線

たったそれだけのことでありながら、実年齢よりも上に見られたり、疲れた表情に見えたりと良いことがありません。

シワに良いとされる化粧品やマッサージなどで、毎日ケアしている方も多いのではないでしょうか。

今回は鼻の横にできたほうれい線の原因を知りながら、美容医療でできるおすすめの治療方法をご紹介します

ラムールクリニックで受けられる治療方法「貴族フィラー」についても詳しく解説しますので、ほうれい線でお悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく、人生に寄り添い、皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo

この記事の執筆者

片岡 紘士(kataoka hiroshi)

L’amour clinic Tokyoの院長として、お客様の笑顔のために
最高の施術を提供しています。

当院では、その場限りではなく人生に寄り添って、
皆様から愛されるクリニックを目指しております。

経歴
  • 昭和大学
  • 昭和大学江東豊洲病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 某美容クリニック
  • L’amour clinic Tokyo
目次

鼻の横にほうれい線ができる原因

鼻の横にほうれい線ができる原因

鼻の横にほうれい線ができてしまう原因には、主に以下のようなものがあります。

鼻の横にほうれい線ができる原因
  • 皮膚の老化
  • 頬の脂肪が厚い
  • 表情筋の使いすぎ
  • 骨格(鼻の横の窪みが深い)
  • 体重の減少や頬の脂肪を減らす治療を行った

人によってできる原因が異なるため、自分に当てはまるものがどれなのか詳しく見ていきましょう。

皮膚の老化

多くの方が当てはまる原因の一つに、皮膚の老化が挙げられます。

加齢によって皮膚が老化すると、コラーゲンやエラスチンといった成分も減少し始めます

コラーゲンやエラスチンは皮膚の奥深くで水分を保持する役割を担っているため、これらが減るということは水分を失い乾燥するのと同じことです。

肌の奥深くにも水分不足が影響し、土台が崩れてシワができやすくなってしまうでしょう

土台の支えを失った皮膚が陥没して表皮がたるむことによってできたシワは、単に乾燥でできた小ジワに比べて目立ちやすい深いシワであるのが特徴的で、セルフケアでの改善は難しく、美容医療で適切な施術を受けなければなりません

頬の脂肪が厚い

頬に多くの脂肪がついている場合、口周りとの差が激しくなるため、ほうれい線が目立つ原因になります。

ふっくらとして盛り上がった頬と脂肪の少ない口元の間に段差ができ、影のように見えることもあるでしょう。

この場合、単にシワができているよりもほうれい線が目立ちやすく、表情が暗くなったり顔色が悪く見えたりすることも

こちらもマッサージなどで悩みを解消するのが難しいため、医師に相談するのがおすすめです。

表情筋の使いすぎ

ほうれい線部分にシワができるのは、悪いことが原因となるだけではありません。

毎日笑ったり話したりするたびに表情筋が刺激され、癖がついてしまうとほうれい線の目立ちへつながる恐れもあります。

これは注意して防げる原因ではないため、できてしまったほうれい線へ対処するしかありません。

一度施術を受けた後も、定期的に通って綺麗な状態を保つ必要があるでしょう

骨格(鼻の横の窪みが深い)

生まれつきの骨格が原因でほうれい線が目立ってしまうケースも珍しくありません。

この場合は加齢が原因のケースとは異なり、10代や20代などの若いうちからほうれい線が目立ってしまうことがあります。

学生時代からほうれい線に悩み、マスクで隠したり笑えなくなったりとさまざまな弊害が出るケースもあるでしょう。

骨格が原因のほうれい線は、鼻の横にある窪み「鼻翼基部(びよくきぶ)」が深いのが特徴です

美容医療ではこの窪みを目立たなくさせるために、さまざまな施術が用意されています。

体重の減少や頬の脂肪を減らす治療を行った

過度なダイエットで急激に体重が減ったり、頬の脂肪吸引を受けたりした場合、減った脂肪に対して皮膚が余ってたるむことがあります

たるんだ皮膚は口周りに溜まり、結果としてほうれい線が目立つ原因になる恐れがあります。

引き締め効果を謳うスキンケアアイテムやマッサージを続けても、たるんだ皮膚を持ち上げる効果は期待できないでしょう

長い時間をかけて徐々に脂肪が減った場合は、それに伴い皮膚も縮んでいくため自然な仕上がりになります。

ダイエットをする場合は時間をかけてリバウンドしにくい体を目指したり、脂肪吸引に糸リフトや切開リフトを組み合わせたりと、美しい仕上がりを目指すための工夫が必要です。

片岡院長

ラムールクリニックでは、患者様一人ひとりの状態をくまなくチェックし、ほうれい線のできた原因を探っていきます。

鼻の横のほうれい線のタイプによって対策を選択しよう

鼻の横のほうれい線には下記の4つのタイプがあります。

鼻の横のほうれい線の治療方法
  • たるみ型
  • 窪み型
  • 筋肉型
  • 混合型

それぞれの特徴を理解することで対策も変わってきます。

ただし、どのタイプなのか判断しにくい場合もあるので経験豊富な医師への相談をおすすめします。

片岡院長

自分のほうれい線がどのタイプなのか知りたい方は、カウンセリング時に分かりやすく説明させていただきます。

たるみ型

ほうれい線 たるみ型 

頬皮膚のたるみによる、ほうれい線が目立つタイプになります。

年齢を重ねることにより皮膚の弾力低下や頬の皮下脂肪が減り皮膚がたるむことでほうれい線が目立つようになります。

特徴
  • 加齢の方に多い
  • ダイエットなど急激に体重が減った方に多い
  • 頬のボリュームが減ったと感じる
  • 仰向けの状態でほうれい線があまり目立たない

皮膚の弾力低下を予防することが重要で、毎日のスキンケアをはじめ、コラーゲンやエラスチンを含む食品やサプリメントの摂取など毎日のケアが大切になります。

年齢に関係なく紫外線をなるべく避けて、UVケアをしっかり行いましょう。

肌のスキンケア(特に保湿)も日頃からしっかり行うことも大切です。

また過度なダイエットにも注意が必要です。

適した医療美容
  • ハイフ(HIFU)
  • 糸リフト

窪み型

小鼻まわりの骨が原因になっているタイプになります。

加齢により顔全体の骨格の骨密度の低下を招くことで骨格全体の萎縮(骨吸収)が起こることにより、ほうれい線が目立つようになります。

特徴
  • アジア人に多い
  • 頬の上(特に小鼻まわり)にほうれい線が目立つ
  • 仰向けになってもあまり変化がない

窪み型はセルフケアでは対応が難しいですが骨が衰えるのを予防するためにもカルシウムなどのミネラルを多く摂取することを意識しましょう。

また表情筋を鍛える運動も効果が期待できます。

適した医療美容
  • ヒアルロン注射
  • 貴族フィラー

筋肉型

ほうれい線 たるみ型 

鼻と頬の境目付近の表情筋が発達しすぎることでほうれい線が目立つタイプです。

ほうれい線の近くの皮膚に付着している筋肉の緊張が強く、長い筋のようなほうれい線が目立つようになることです。

特徴
  • ガミースマイル(笑うと歯茎が見える)方に多い
  • 笑うとよりほうれい線が深くなる
  • 仰向けになっても変化がない

筋肉型は頬の皮膚の衰えで、よりほうれい線が目立つようになるので肌のスキンケアをしっかり行いましょう。顔の筋肉を鍛える運動は逆効果になるので注意が必要です。

また筋肉をほぐすことで改善することもあるので、小鼻まわりなどマッサージすることもおすすめです。

適した医療美容
  • ヒアルロン注射
  • 貴族フィラー

混合型

ほうれい線 混合型

たるみ型や窪み型など複数のタイプを併発しているタイプになります。

加齢による、たるみとの併発が多いので30代後半から増えてくると言われており、それぞれのタイプが併発することでほうれい線がより目立つようになります。

特徴
  • 30代後半より年齢が高いの方に多い
  • 無表情でもほうれい線が目立つ

対策としてこのタイプはまずどのタイプと併発しているのかを把握することが重要です。なかなか分かりにくく、対策が難しい場合もあるのでクリニックへの相談をおすすめします。

適した医療美容
  • ヒアルロン酸注射・貴族フィラー・ハイフ・糸リフトなど組み合わせての施術が必要なので経験豊富な医師に予算も含めて相談しましょう。

鼻の横のほうれい線に行う美容医療

鼻の横のほうれい線の治療方法

鼻の横にほうれい線ができてしまった場合、美容医療でできる治療方法は以下の通りです。

鼻の横のほうれい線の治療方法
  • 貴族フィラー
  • ヒアルロン酸注射
  • 糸リフト
  • ハイフ(HIFU)

それぞれの治療内容を詳しくご紹介しましょう。

貴族フィラー

貴族フィラーとは、小鼻の横にある窪み(尾翼基部)にヒアルロン酸を注入し、ほうれい線を目立たなくさせるための施術です。

数あるほうれい線の中でも、生まれつきの骨格や鼻横の窪み、表情筋によるものなどに向いた施術といえるでしょう。

狙ったところに適切な量のヒアルロン酸を注射しなければならないため、知識と経験を兼ね備えた医師を選ぶ必要があります

メスを使用する美容医療と比べて低コスト・短時間で施術が終わるため、若い世代やなかなか時間がとれない方などにもおすすめの施術です。

ヒアルロン酸注射

貴族フィラーは尾翼基部にヒアルロン酸を注入する施術ですが、時としてほうれい線を目立たなくさせるためにさまざまな部位へ注入することもあります。

皮膚の奥深くにある真皮層を狙って針を入れ、土台ごと持ち上げることでシワやくぼみが目立たなくなるのがヒアルロン酸の魅力です。

注入したヒアルロン酸は次第に肌へ馴染んで、注入した部位は元の状態へと戻っていきますが、完全に戻る前に継続して注入することで綺麗な状態をキープすることが期待できます

ヒアルロン酸は入れる量だけでなく、硬さの種類が豊富なのも特徴の一つです。

患者一人ひとりに合った種類を選び、適切な施術ができるクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

糸リフト

糸リフトとは、たるんだ部位に糸を通して引っ張り上げることでリフトアップを目指す施術です。

皮膚にメスを入れて持ちあげるリフトとは異なり、注射痕だけが残るため施術した部位が目立たちにくいことも特徴の一つです。

糸は次第に吸収されて無くなっていきますが、糸が入ることで皮膚の下が刺激されてコラーゲンなどの成分が生成されやすくなります。

生成されたコラーゲンは水分を保持しハリのある肌を作ってくれるため、糸が無くなった後もほうれい線への効果の継続が期待できるでしょう。

ハイフ(HIFU)

ハイフ(HIFU)は、肌の奥深くにある脂肪やSMAS筋膜に対し超音波を当て、引き締めを目指す施術です。

皮下脂肪は超音波による熱で溶けて排出されやすくなり、SMAS筋膜は熱が加わると収縮し肌全体を引き締めます

皮膚の老化によるほうれい線の目立ちや、頬の脂肪が厚く口周りと差ができてしまう場合などに効果が期待できる施術といえるでしょう。

片岡院長

ラムールクリニックでほうれい線治療を受けてみたい方は、電話やお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

当院の貴族フィラーとは?

ラムールクリニックの貴族フィラーとは?

ラムールクリニックでほうれい線治療を行うならば、貴族フィラーをご検討ください。

先ほどもご紹介したように、貴族フィラーはヒアルロン酸を注入するのみで終了するため、低コストかつ短時間での施術が可能です。

予算が限られている方はもちろん、ダウンタイムが気になる場合や周りに知られたくない場合などにも効果が期待できる施術といえます。

さらに、ほうれい線だけでなく小鼻の縮小や口元の突出を目立たなくさせるためにも使われる施術の一つです。

さまざまな悩みを一気に解決できる施術として、近年多数の患者様からご依頼をいただいています。

片岡院長

当院では、貴族フィラーの詳細ページにて様々な症例をご紹介しています。

貴族フィラーを検討している場合は、ぜひ症例を参考にイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

ほうれい線治療を受ける際は、症例を見て治療の流れや仕上がりを確認しておくことが大切です。

当院の貴族フィラーの症例写真

ラムールクリニックの貴族フィラーの症例写真

ラムールクリニックで行った貴族フィラーの症例をご紹介します

当院でほうれい線治療を考えている方の多くが貴族フィラーを受けて、理想のお顔を手に入れています。

貴族フィラー

貴族フィラーの症例①

ヒアルロン酸を小鼻の付け根部分に注入することによって、ほうれい線を目立たなくする施術方法です。

ダウンタイム内出血、赤み
持続期間9~12ヶ月
価格40,000円
貴族フィラー

貴族フィラーの症例②

ヒアルロン酸を小鼻の付け根部分に注入することによって、ほうれい線を目立たなくする施術方法です。

ダウンタイム内出血、赤み
持続期間9~12ヶ月
価格40,000円
貴族フィラー

貴族フィラーの症例③

ヒアルロン酸を小鼻の付け根部分に注入することによって、ほうれい線を目立たなくする施術方法です。

ダウンタイム内出血、赤み
持続期間9~12ヶ月
価格40,000円

その他の症例については、貴族フィラーの詳細ページにて詳しくご紹介しています。

ラムールクリニックで貴族フィラーの施術をご希望の方・ご検討されている方は、下記のお問い合わせフォームかお電話にてお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

貴族フィラーの期待できる効果

貴族フィラーの期待できる効果

貴族フィラーを受けることで期待できる効果は以下の通りです。

貴族フィラーの期待できる効果
  • ほうれい線の改善
  • 鼻横の凹みの改善
  • 口元の突出を抑える
  • 小鼻を小さく見せる

それぞれの期待できる効果について詳しくご紹介しましょう。

ほうれい線の改善

先ほどもご紹介したように、鼻横の窪み(尾翼基部)へヒアルロン酸を注入することで、ほうれい線の改善が期待できます

若いうちからほうれい線が気になる場合や、表情にかかわらずほうれい線が見えている場合などは貴族フィラーの施術を検討してみましょう。

鼻横の凹みの改善

鼻横に凹みがあることで、実年齢よりも上のイメージがついたり、常に疲れて見えたりといった弊害が生まれます。

ここにヒアルロン酸を注入することで、ふっくらと若々しい印象を与えられるでしょう

口元の突出を抑える

鼻横が窪んでいると、相対的に口元が突出して見えるケースがあります。

口元が前に出ていると顔のバランスが崩れて、全体の印象を変えてしまいかねません。

ヒアルロン酸の注入で鼻横の窪みを埋めることで、バランスが整い、口周りの印象が引き締まる効果を期待できるでしょう。

小鼻を小さく見せる

鼻横にヒアルロン酸を入れることで、小鼻が横に広がるのを抑えて鼻がスッと通って見えるのもメリットの一つです。

小鼻縮小などの施術を受けなくても、注射一つで印象を変えられるのがポイントです。

鼻の穴の形も変わり、笑ったり話したりする際にも鼻が広がりにくくなるでしょう。

片岡院長

ほうれい線以外のお悩みでも貴族フィラーが対応できる可能性があるため、お悩みのある方はぜひ一度当院までお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

貴族フィラーの施術をおすすめする人

貴族フィラーの施術をおすすめする人

数ある施術の中から貴族フィラーをおすすめするのは以下のような場合です。

貴族フィラーの施術をおすすめする人
  • 短時間の施術で済ませたい方
  • あまりお金をかけずに施術をしたい方
  • 皮膚を切らない美容医療の施術を受けたい方

自分がどれに当てはまるのか、イメージしながら確認していきましょう。

短時間の施術で済ませたい方

貴族フィラーの施術は、実際にお顔を見て「どこの部位に」「どの程度の量のヒアルロン酸を入れるのか」を確認してから始まります。

施術時間は数分であり、カウンセリングやアフターケアの時間を加味してもスピーディに終わるのが特徴です

空き時間でサッと施術を受けたい方や、長い時間を確保するのが難しい方も、貴族フィラーならば手軽に受けやすいでしょう。

あまりお金をかけずに施術をしたい方

貴族フィラーは、ほとんどのクリニックでリーズナブルな料金が設定されています。

ラムールクリニックでは一律50,000円(税込)で対応させていただき、その中で患者様に合わせた施術を行います。

初診料や麻酔代などを含めても、大掛かりな施術と比べて費用がかかりにくいのが特徴の一つです。

あらかじめ予算が決まっている場合や、若いうちに施術を受けたい場合などにもおすすめです。

皮膚を切らない美容医療の施術を受けたい方

貴族フィラーは皮膚を切らないため、メスに不安がある方でも受けやすい施術です。

施術後は注射痕が残りますが、内出血や赤みなども皮膚を切開する他の美容医療と比べて少なく、ダウンタイムを気にする方にも向いています。

ダウンタイムが長く続くと美容医療を受けたことが周囲に分かってしまいますが、貴族フィラーならば家族や知人にも知られにくいでしょう

片岡院長

施術に不安がある場合は、カウンセリング時にご相談ください。納得のいくまでご説明させていただきます。

貴族フィラーで効果を得るための注意点

貴族フィラーで効果を得るための注意点

貴族フィラーの効果を最大限得るために注意したいポイントは以下の通りです。

貴族フィラーで効果を得るための注意点
  • 知識や施術経験を持つ医師を探す
  • ダウンタイム中の過ごし方に気をつける
  • 効果を継続させるため定期的に施術を受ける

医師が力を尽くすのはもちろん、ホームケアや施術後の過ごし方に気をつけることで、綺麗な状態を長く保たせることが期待できるでしょう。

上記で挙げた注意点を一つずつ解説していきます。

知識や施術経験を持つ医師を探す

貴族フィラーはヒアルロン酸だけでほうれい線をケアする施術のため、「量」「場所」「角度」「ヒアルロン酸の種類」など様々な点に気を配らなくてはなりません。

そのため、ほうれい線治療の知識や経験が豊富な医師を選び、自分に合った内容で施術を行ってもらうことが重要です。

公式サイトに症例がたくさん掲載されていたり、自身の経歴を公開していたりする医師を探すのもおすすめです。

ダウンタイム中の過ごし方に気をつける

貴族フィラーで入れたヒアルロン酸は、過ごし方によっては肌に速く馴染んでしまう可能性があります。

施術後のダウンタイムでは、特に以下の点を避けて過ごしましょう。

ダウンタイム中に避けるべきこと
  • 湯舟での入浴
  • 長いシャワー
  • 激しい運動
  • 飲酒

上記の行動は貴族フィラーのダウンタイム中には避けて過ごして、できるだけ長くヒアルロン酸を定着させましょう。

ほうれい線をケアするためのマッサージなども同様に、ヒアルロン酸の吸収を速めてしまうため避けるのがおすすめです。

片岡院長

ラムールクリニックでは、施術後のアフターケアまでしっかりと指導させていただきます。

効果を継続させるため定期的に施術を受ける

ヒアルロン酸の施術は1回で完了するものではなく、完全に馴染む前に次の施術を受ける必要があります

何度も繰り返し受けているうちに、ヒアルロン酸が肌に留まりやすくなり、施術の効果を感じられる期間を伸ばすことが期待できるでしょう。

施術間隔については医師と相談の上、ベストなタイミングを探っていくのがおすすめです。

鼻の横のほうれい線に関するQ&A

鼻の横のほうれい線に関するQ&A

当院でほうれい線施術を受けた患者様から寄せられることの多いご質問をご紹介します。

鼻の横のほうれい線に関するQ&A
  • 鼻の横のほうれい線の予防法はありますか?
  • 貴族フィラーにデメリットやリスクはありますか?
  • 貴族フィラー後は当日にメイクができますか?

それぞれに詳しく回答していきましょう。

鼻の横のほうれい線の予防法はありますか?

生まれつきの骨格や尾翼基部の陥没が原因の場合、ほうれい線を防ぐ方法はほとんどありません

美容医療が受けられるクリニックにて、自分に合った施術を提案してもらいましょう。

これに対して加齢によるたるみが原因のほうれい線は、乾燥や紫外線のダメージから肌を守ることで、たるみを防ぐことが大切です

間違ったマッサージなどで摩擦が加わることでもほうれい線が目立ちやすくなる可能性もあるため、肌には極力触れず徹底した保湿を行いましょう

貴族フィラーにデメリットやリスクはありますか?

知識や経験が伴わない医師が担当した場合、貴族フィラーでほうれい線が悪目立ちしたり、デコボコとした見た目になったりするケースもあります。

また、鼻横にある血管をヒアルロン酸が傷つけ、血管塞栓となるリスクもゼロではありません。

これらのリスクについて術前にしっかりと説明があり、トラブルがあった場合に即対応してもらえるクリニックを選ぶことが大切です。

貴族フィラー後は当日にメイクができますか?

貴族フィラーを行った後もメイクは可能ですが、尾翼基部周辺はなるべく触らないようにすると良いでしょう

化粧下地やファンデーションは避け、目元のメイクに留めておくのもおすすめです。

【まとめ】鼻の横にほうれい線ができる原因と治療方法

【まとめ】鼻の横にほうれい線ができる原因と治療方法

今回は鼻横にできるほうれい線の原因や、おすすめの治療方法についてご紹介しました

ほうれい線が目立つ原因は人によってさまざまであり、原因に合った治療方法を選ぶことが大切です。

医師と入念なカウンセリングを行い、不安な点やリスクについてしっかりと確認しておきましょう。

ラムールクリニックでは、患者様一人ひとりのほうれい線を実際に確認し、適切な施術をご提案させていただきます

片岡院長

カウンセリングをご希望の方は、下記のボタンからお気軽にお問い合わせください。

L’amour clinic Tokyo 
カウンセリングのお問い合わせは
こちら

相談はこちら

※営業時間内に順次返信させていただきます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次